オリックス銀行の定期預金が高金利でうれしい!5年で定期預金作成しました

オリックス銀行の定期預金が高金利でうれしい!5年で定期預金作成しました

オリックス銀行のeダイレクト預金を利用している卯野ハンナです。

「定期預金に入れてもたいして増えないよー」

「しばらく使わない100万円、投資はまだ自信ない・・・定期預金で高金利のところってない?」

「まわりでオリックス銀行を使っている人の話きかないよー、実際どうなの?」

そうなんですよ、定期預金って意外と増えない!

オリックス銀行では2020年2月現在、定期預金がおどろきの高金利です。

すぐさま利息をシミュレーションして5年の定期預金を作りました。金利はなんと0.35%です!

この記事でお伝えする内容↓

  • オリックス銀行eダイレクト預金ってなに?
  • 定額預金が高金利なのはなぜ?
  • オリックス銀行を実際に使っておすすめのポイント

先に結論を申し上げると、オリックス銀行eダイレクト預金は

しばらく動かす予定のない、100万円以上のお金を、元本保証で少しでも高金利であずけたい、なおかつインターネットで取引したいと思う方におすすめの銀行です。

追記:【2020年3月】定期預金の金利が5年0.25%になりました(涙)0.25%でも定期預金の中では高い金利にですが、残念ですね



オリックス銀行の定期預金が高金利でうれしい!

5年間の定期預金は0.35% 100万円を5年間預ければ17,638円の利息となり、税金を引いて14,054円を受け取れます。

ネット銀行は高金利と言われていますが、多くはキャンペーンで0.2%~0.25%ほどが多いため、この0.35%は魅力的です。

条件が預金期間の他に、預金金額が100万円ですから、ここが1つのハードルです。

↓オリックス銀行の100万円を定期預金にした場合の金利↓

預入期間100万円以上
6カ月0.15%
1年0.20%
2年0.25%
3年0.30%
5年0.35%

大口の1,000万円以上を預けた場合も金利は変わりません!

私がオリックス銀行eダイレクト預金を始めたころは、大口の1000万円以上と100万円以上では金利が違いました。

今回100万円から0.35%は驚きです。

5年間で定期預金を作っても、どうしてもお金が必要な時は解約もできるので、とりあえず100万円まで貯めたけれどただ普通預金で持っているのはもったいないと思うならとてもおすすめですね。

定期預金が満期になった場合は以下の3つの選択肢があります。

  • 元金に税引後の利息を加え、前回と同一の預入期間で自動継続(元利自動継続)
  • 元金は前回と同一の預入期間、預入金額で自動継続され、利息(税引後)はeダイレクト普通預金へ入金(元金自動継続)
  • 元金及び税引後の利息はeダイレクト普通預金へ入金(自動解約)


eダイレクト預金とは?

オリックス銀行のインターネット取引専用の預金のことです。

オリックス銀行にはダイレクト預金もあり、これは通販型(郵送)で取引する事が出来ます。

オリックス銀行では、定期預金をするにしても、投資信託をするにしても、まずはオリックス銀行のeダイレクト普通預金の口座を作る必要があります。

おすすめするなら断然eダイレクト預金です。理由はダイレクト預金よりも金利が良いから!

オリックス銀行|公式サイト

基本情報

オリックス銀行は東京都に本店がありますが、窓口での直接的な取引はなく、インターネットあるいは郵送にて取引のできる無店舗型の銀行です。

キャッシュカードや通帳を発行せず、ATMももたず、口座の決算機能(光熱費の支払いなどには指定できない)もなく、インターネットの取引が中心のため、高金利を実現しています。

 オリックス銀行 基本情報
商号オリックス銀行株式会社(ORIX Bank Corporation)
本店所在地東京都港区芝3-22-8 オリックス乾ビル
設立1993年8月23日
資本金450億円
株主オリックス株式会社(100%)


信用度は?

銀行の信用度を考えるときの1つの目安として格付けがありますね。

あくまで1つの目安ですが、オリックス銀行の格付けから見た印象は悪いものではありません。

オリックス銀行のサイトから公開している信用格付けは

格付投資情報センター(R&I):長期格付け(発行体格付け)がA+

日本格付研究所【JCR】(日本国内における主要な格付会社の一社)を調べたところ

長期発行体格付がAA- / 安定的

ちなみに私が利用しているネットバンキングも日本格付研究所【JCR】で調べたところ

  • 住信SBIネット銀行:長期発行体格付がA / 安定的
  • 楽天銀行:長期発行体格付がA / ネガティブ
  • ソニー銀行:長期発行体格付がAA- / 安定的

このAやAAについてですが、これが評価となっています。

最高評価でAAA、最低評価でCCです。

何段階で評価されているかは、格付け機関によって異なりますが、AAAに近づくほど「信用性が高い」と評価されています。

AAAは「債務履行の確実性が最も高い」、Aは「債務履行の確実性は高い」という評価ですので、オリックス銀行の評価は良いのです。

AA-ということは、A+よりは高く、AAと比べると若干たりない・・・ということになりますね。

格付けだけがすべてではありませんが、利用から2年以上たち、ネットサービスも無駄がなくてとても便利に使っています。



ノンバンクなの?

銀行ですよ!

銀行は預金業務がありますよね。

ノンバンクは預金の受け入れ業務はなく、融資を専門にしている金融機関で、消費者金融、信販会社、クレジット会社などがこれにあたります。

銀行とノンバンクでは適応される法律も違います。

オリックス銀行はカードローンが低金利で人気があるため、イメージが混ざってしまったのでしょうか?

これは質問系のサイトで見かけたので加えました。

定期預金を作成するには

オリックス銀行の定期預金が高金利でうれしい!5年で定期預金作成しました

オリックス銀行eダイレクト預金の普通口座開設が第一歩です。

ATMもキャッシュカードもありませんが、口座番号が書かれたお客様カードが発行されます。

確認番号も記載されているためこのカードがないと定期預金の作成も、他の銀行への振り込みもできません。

※振り込みに関してはセキュリティ強化のため、2019年12月下旬からスマートフォン認証サービスが導入されました。

まずは普通口座を開設し、ここに他の銀行から入金し、入金されたお金で定期預金を作成します。

5年にしようか、ちょっと金利が低くても3年にしようか迷うなーーと思うときは、とりあえず「2週間定期預金」だけは設定しましょう。

50万円以上という条件がありますが、金利が0.1%で普通預金に比べて10倍も違うので、検討中の間だけ入れておくのに便利です。

ここでも100万円を2週間あずけると38円が利息で受け取れます。



預入する方法

オリックス銀行はキャッシュカードもATMもありません。直接口座に振り込むことができないのです。

ですから他の銀行からオリックス銀行に入金する必要があります。

オリックス銀行に無料で預け入れるためには、入金するための銀行に無料で取引できるかどうかが重要です。

私の実例です

私はオリックス銀行eダイレクト預金普通口座に入金するために、住信SBIネット銀行を利用しました。

  1. 100万円を住信SBIネット銀行の普通口座にATMとキャッシュカードを使って入金
  2. 住信SBIネット銀行にログインし、月に7回まで他の銀行に無料で振り込みができるため、オリックス銀行eダイレクト預金普通口座に無料で100万円を入金
  3. オリックス銀行にログインし、eダイレクト預金の普通口座で100万円が振り込まれたのを確認
  4. eダイレクト定期預金を預入期間5年で作成

これが定期預金を作るまでの流れです。

5年か3年で迷いますが、どうしても必要になれば解約もできますので、5年で預けました。

それに預けたのは教育資金として必死で貯めたお金です。簡単に使うわけにはいかないという覚悟もあります(苦笑)

手数料(eダイレクト預金)

月に2回まで無料で他の金融機関に振り込みができるのはうれしい!

3回目からは1回につき440円の手数料が発生します。

オリックス銀行内の資金の移動に関しては無料です。

基本的にほとんど動かないお金を預けると思えば月に2回分の取引無料は好条件と言えますね。

気を付けるべきは、オリックス銀行に入金する場合に手数料が発生しないかというところです。

実際に使って感じたメリットとデメリット

オリックス銀行の定期預金が高金利でうれしい!5年で定期預金作成しました

オリックス銀行を利用しておすすめのポイント

ネット銀行の中でも高金利

金利は言うまでもありません。ネット銀行の中でも高金利です。

サイトに余分なものがなくとても見やすく使いやすい

サイトが見やすいところもとても気に入っています。

現在、住信SBIネット銀行や楽天銀行、ソニー銀行を利用していますが、オリックス銀行のサイトが一番シンプルです。

広告がなく、文字も見やすいサイズで余白のバランスが良いので迷うことがほとんどありません。

ログイン後の取引履歴や定期預金を作成する画面も非常にシンプルです。

各種の格付けサイトでも評価が高くて安心感がある

格付けの信用度は上記で書きましたが、公式サイトの「総資産・預金残高の推移」では2004年から右肩上がりに伸びています。

セキュリティ強化に力を入れている

スマホ認証やバーチャルキーボード、一定時間後の自動ログアウト、複数回数の間違いでパスワード失効など、複数のセキュリティ対策をしています。

フリーダイヤルのお客様サポートデスクがある

そして店舗を持たない銀行ですが、サポートには電話対応のフリーダイヤルが用意されています。

デメリットに感じるところ

最低預金金額が設定されている。

超低金利時代に0.35%の金利は本当に魅力的です。

しかし最低100万円は貯めてからじゃないと定期預金は作れません。

入金の為にほかの銀行口座が必要

何度も申し上げていますが、キャッシュカードもATMもないため、オリックス銀行eダイレクト預金の普通口座に入金するための銀行口座が必要になります。

ここは振込手数料の無料の銀行をキープしていると便利ですね。

私が利用している、住信SBIネット銀行は7回、楽天銀行は3回、ソニー銀行は1回、振り込みが無料です。

利用状況によりこの回数は変わりますが、ネット銀行は最低でも月に1回は無料で他の銀行に振り込みできるところが多いです。



最後に

私はアラフォーで小学生の子供が2人います。やはり気になるのは教育資金です。

少額ですが、iDeCo、NISAで投資信託、自動ロボのウェルスナビなどで運用しています。どれもリターンはプラスになっていますが、いつ何かあるかは誰にもわかりませんよね。

そう思うと全額投資に回すわけにはいきません。

正確には定期預金も資産運用になりますが、元本が保証されている高金利の定期預金はとても魅力的な商品です。

ぜひオリックス銀行の定期預金をチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

オリックス銀行|公式サイト

あわせて読みたい関連記事

住信SBIネット銀行にデメリットはないの?6年間利用の評価