PTAのメリットは?すてきなママ友できたし自分のスキルも上がったよ

PTAのメリット

小学生2人の母でPTA活動もほどほどにこなしている、卯野ハンナです。

PTA活動のデメリットばかりをみるので「メリットもあったよ!」と言いたくて今回は記事にしました。

PTA以外にも保育園の保護者会、子供会の役員、習い事の父母会などをあわせると、毎年2つくらいはかけもって活動しています。

子供が少ない地域のため、PTAの役員も1回だけというわけにはいきません。

こういう活動をするようになって7年くらい経ちますが、メリットも多いですよ。

大きなメリットは人を見る目が養われたことと、子育てにおいての戦友(信頼できる友達)ができたこと、子供が喜ぶことです。

↓この記事でお伝えする内容

  • PTA活動はボランティア、だからこそ人間性が丸出しになる
  • ボランティア活動で助け合ったママ友は子育てにおいての戦友である
  • 免除やできない理由をさがすより、引き受けた方がはるかに楽なことも多い
  • 積極的にパパを参加させよう
  • ワーキングママ、ワンオペ、シングルマザーでも活動ができる委員会はきっとある

私が思うことは本当に1つだけ、PTAや保護者会活動を少しでも楽しいと思ってくれるママがふえますように。



私が感じるPTA活動のデメリット

PTAのメリット

毎年いろいろ引き受けている私ですが、デメリットも存在するのは確かです。

私が感じるPTAのデメリットは「年に1度の役員決めがゆううつ。」

我が子が通う小学校は子供の減少に伴い、作業の効率化を進めているので、本部役員以外はどこの委員会でもそこまで活動量が多くはないのです。

ですから、私が感じるデメリットのはこの1つだけ。

司会進行をしている保護者が、次年度の役員が決まらずに困っている姿を見るのが辛い。

辛いから、極力手があがらない時は挙げてきましたよ。たいがい学級委員長ですね(笑)

PTA活動の内容がある程度、スリム化されている小学校でもやっぱり役員決めは時間がかかってしんどい・・・

活動量が多く、非効率な作業ばかりのところは本当に嫌になりますよね(涙)

子供2人がお世話になっているので、できるだけ活動には参加していますが、私はあまり人づきあいが上手ではありません。

本当は人前に出るのは苦手です。

そんな私の保護者会活動は保護者会の代表になっちゃった!PTAや保護者会を楽しく乗り切る方法ってあるの?にまとめています。



PTA活動はボランティア、だからこそ人間性が丸出し

PTAのメリット

人を見る目が養われるよ、ボランティア活動は。

ボランティア活動の中でかかわると、相手の人間性が見えてきます。わかると自然と程よい距離をとるようになるので、個人的なトラブルの回避につながります。

  • とりあえず何でも否定的、あるいは変更を嫌がる人
  • 口では「なんでも言って」と言いながら、頼めば速攻で断る人
  • 提出物は出さないかあるいは無くす
  • 怖そうで、あまりよくない噂しか聞かなかったのに、期日はしっかり守り、労いの言葉までかけてくれる人
  • めちゃくちゃ口も出すけど、一番一緒に動いてくれる人
  • あまり表情には出さないけど、お願いしても嫌な顔をせず淡々と作業をしてくれる人

とくに代表、取りまとめ役といったポジションをやると、よーーーくわかります。

保育園の保護者の会から毎年何かしら役員活動をしているので、だんだんと肌で感じるようにもなってきます。

私はこういった中で、人は口よりも行動。行動する人を信じるという決断に至りました。

口当たりのいい言葉を並べていても、行動しない人が意外と多い。

多少痛い思いもしましたが、衝突は好まないので子供を通しての保護者の立場でお付き合いします。

おかげで保育園からの長いお付き合いの人もたくさんいますが、大きなトラブルはありません。

子供の小さいトラブルはありますよ(苦笑)

あわせて読みたい関連記事

保育園や幼稚園の年長さんでのお友達トラブル!子どもの世界も大変だ

活動を共にする中で、子育てにおいての戦友(ママ友)と出会える

私の子育てにおいての戦友と呼べるママ友は、子供が巣立ってもお友達でいたい人たちのことです。

こういったママという立場をぬきにしてもお付き合いしたい友達は、いないよりいたほうがいいのは言うまでもありません。

とくに私はシングルマザーなので、子育ての悩みを気兼ねなく言える存在は貴重です。相手の悩みを聞くことも大事です。

子育ての悩みって聞いてもらうことで落ち着く場合もたくさんあるので、同じ立場のママ友は大切ですよ。

旦那さんよりもママ友に共感的に聞いてもらえる方がいいという人もいます。

友達が欲しくてPTAをしましょうということは言いませんが、ポジティブに、こういったすてきな友達ができるチャンスかもしませんよ。



子供の学年以外の保護者とも仲良くなれる

PTA活動の良いところは、別の学年の保護者とも仲良くなれます。

主婦の情報網は本当に助かります。

  • 眼科は○○眼科の○○先生がやさしくていい
  • ○○スーパーはいつも混んでいるイメージだけど、〇時~〇時は空いているよ
  • 中学校の制服は○○よりも△△の方が丁寧に採寸してくれたよ
  • ○○ストア、マスク入荷したってよ

ママ友がいなくても学校生活は送れます。ストレスになるママ友なら離れた方がいいです。

しかし私は何度も助けられています。

さらにここ数年、子供服を買った覚えがありません。

女の子用も男の子用もたくさんおさがりをいただきます。

おさがりでも質の良いおさがりばかりだし、いただくときに「好みにあわなかったら遠慮なく処分していいからね」と言ってくれるので、気兼ねしません。

PTA以外にも習い事の父母会や、子供会でもいろんな年齢のママさんと親しくしてもらえるのは心強いです。

PTA活動をしていると子供が喜ぶ

PTAのメリット

子供の性格にもよりますが、私が小学校や保育園で作業していると、我が家の子供たちは大喜びします。

子供たちが楽しんで学校に登校してくれれば私はうれしいので、メリットと言えばメリット。

さらに子供の様子も見れますし、すきをついて担任の先生ともお話しできるのでここもメリット。

保育園にお世話になっていたころは毎日のように保育士さんとあいさつして一言二言とお話ができました。

これがすごく安心材料だったことは小学校に入学してわかりました。

先生はもちろん、今まで登園であいさつをかわしていた保護者とのかかわりもないのは、やっぱり少しさみしい。



できない理由を探すより引き受けた方が楽かも、ピンチヒッターはパパ

全部自分でやらないといけないと思わずに、出られない時はパパが出る。あるいははじめからPTA活動はパパにお願いしてみたらどうでしょう。

「PTA活動も女性ばかりだからギスギスするのかな」というのは以前から思っていました。

パパさんの参加を強く望みますね。本部役員はパパさんが頑張っているお家が多いです。

思い切って引き受けた方が楽ですよ。

↓引き受けることのメリット

  • 「役員やってよ」という圧力を回避できる
  • 役員決めで「別の人をさしてよ」と思わなくて済む
  • やってみたら意外と楽しかった

そもそも任意の活動ですから、こんなに苦痛を感じるくらいなら退会してしまおうと考える人もいるでしょう。

でも自分だけ退会するのも勇気がいると思います。

仕事の都合がつけられない場合は仕方がないし、何が何でもママじゃなくてもいい活動の方が多いはずです。

実際活動の中では、一部だけパパが参加する場面も見ます。

人前で話すのは絶対いや!でもじゃんけん負けちゃった(涙)

PTAのメリット

役員が決まらなくてじゃんけんやくじ引きで当たった人もきっといる。

それが多少でも人前で発言しないといけない委員だと気が重いですよね。

私も長くやっていますけど、人前に出るのは大嫌いだし、上手く話せたためしがありません。

でもいいんですよ、上手く話せなくても。

人前でちょっとミスすることができる人も貴重なんです。完璧な人が前にいたら、次の人は発言しづらい。

やっとこう思えるようになりました。

私もさんざんつっかかえたり、間違えたりしています。

だからといって責められたことはないし、こうやって経験をつんでスキルアップもします。できるようになればうれしいです。

人前で話すことを仕事としている人以外、みんな苦手ですよ。

自分からは絶対選ばない委員、ひょっとしたらチャンスです。

それから保護者会会長をやってみて一番の教訓は、スルーする力を鍛えましょう。

全員が満足する企画なんて無理です。しかも無償でやっているのです。

一生懸命考えても平気で批判する人は一定数います。

泣きたくなることもあります。それでも頑張った努力を認めてくれる人も必ずいます。

どうかその人の方を向いてください。

無責任に口出しだけして何の行動もしてくれない人の話は、スルーしましょう。



PTA活動で参考になる書籍をご紹介

ワーママ、ワンオペ、シンママでも活動ができる委員会はきっとある

「シングルマザーだからPTA活動はできない」

「ワンオペだからPTA活動はできない」

「共働きで仕事が忙しいからPTA活動はできない」

言っていることはごもっともですが、言わない方がいいです。

専業主婦も忙しいし、シングルマザーも家庭環境はさまざま。共働きやワンオペのご家庭は結構多い。

まわりに敵を作るだけなので、言わないで(汗)

目のあたりにしたこっちがひやひやする。

ずっと書いてきたように、やってみたら意外とできた、楽しかったという人もいます。

断り続けるより、1年だけと思ってやった方が気が楽ではないですか?

  • 集まるのは授業参観がある日の夕方1時間だけで資料作りは各自の家で行う
  • 学級懇談会の司会だけ
  • 活動は運動会と草刈りのみ

など、仕事との調整が少ない委員会はきっとあります。

そういった情報は先輩ママさんに聞くのが一番ですが、知り合いの心当たりがなければ直接学校に聞いてもいいし、要望として各委員活動の内容を公表してもらうようにお願いするのもいいと思います。

実際に我が子の通う小学校は、PTAの活動内容が不透明で全くわからなかったので、要望を出しました。

先生の仕事を増やしてしまいましたが、次年度からPTA資料に入れてくれました。



最後に

1円にもならないPTA活動もお金に換えられないメリットもあるし、一生懸命やればその努力を評価してくれる人もいる。

無理のない範囲でやるというのはきれいごとだけど、できる範囲で精いっぱいやってみると生きていく中でのいろんなスキルが身につきましたよ、私は。

苦手なことも受け取り方ひとつで、楽しみに変えられるかもしれません。

これから本部役員もやります。また違った何かが見えるかも。

PTA活動を通して、なにかしら楽しいと思える会員さんが増えたらいいな。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

保護者会の代表になっちゃった!PTAや保護者会を楽しく乗り切る方法ってあるの?

保育園や幼稚園の年長さんでのお友達トラブル!子どもの世界も大変だ