過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

子育てあるある 子どものビックリ発言3連発

よくしゃべるお子さんをお持ちのあなた。
子どもの衝撃発言に痛い目を見ていないでしょうか?
我が家の長女アンズはそれはそれはいらない事までよくしゃべります。

今日はその中でも固まったエピソード3選です。
「子育てあるある」であってほしい・・・

子どものビックリ発言のイラスト

広告
 

子どもに年齢を言うものじゃなかった

アンズは保育園が大好きな子でした。
迎えに行くと「帰りたくない」と泣くくらいです。

ハルミチがお腹にできた時は、多少不安定になりましたが、それも数日。
1歳で保育園に入園してから年長まで、結局1度も保育園に行きたがらない日はありませんでした。

車での送迎をしていましたが、駐車場へ着くと自分で車をおり、自分のクラスにルンルンで走っていくのが日課で、私は後から歩いてついていくのですが、この日はすれ違うお母さんに呼び止められます。

ママ友「ハンちゃん、今日お誕生日なんだー、33歳おめでとー」

私「・・・あ・・・ありがとー。あれ話したっけ??」

ママ友「アンズちゃんみんなに言っているよ」

私「!」

な・・・なんだとー!!!

遠くの方からアンズの声が聞こえました

子どものビックリ発言のイラスト

アンズ「今日母さんの誕生日なのー、33歳になったのー」

おーーーい!!!
私、普段の生活で年齢は隠しません。
話題になれば正直に答えます。
でもだからといって大音量で言いまくる事ないよねーーー!!!

昨日から何度も「明日、母さんお誕生日なの?何歳になるの??」と聞かれていました。
その都度正直に答えていたら、こんな事になってしまいました・・・

ママ友「ハンちゃんが教えたのかと思った」

私「お・・・教えたけどさ・・・言いまわるとは思わないよね・・・」

ママ友「あたしは永遠の20歳って言ってあるよ」

私「・・・」

これ以来アンズに年齢をこたえるのはやめました。
当然翌年も、その翌年も聞いてきますが、

私「アンズはみんなに言いまわるから教えない」

アンズ「えー、アンズそんな事しないよー」テヘ!みたいな(怒)

親子参加の行事では、先に釘を打っておくべし

子どもが生まれると避けては通れないのが親子で参加する行事・・・
運動会や親子レク・・・私は正直苦手なんですよ。

運動音痴だし、人が多い事も好きではないのですが、何といってもアンズのむちゃぶりが腹立たしい(怒)

 

あぁ、やっと親子レクの時間が終わった・・・ちょっとは楽しかったな・・・うんうん、子どももかわいいし・・・たまにはいいかな・・・なーんて胸いっぱいみたいにぼんやりしていたら、担任の先生が、

先生「今日はお集りいただいてありがとうございましたー。せっかくなので、保護者の方の感想をお聞かせ願えますかー?」
といった内容でしたが、ぼーっとしていたので正確には覚えていません。

でもその瞬間にアンズがキラ!!という感じで私の方を見て、

アンズ「母さん、なんか言って!!!」

と、これまた腹立たしいくらいの大音量でご指名・・・
子どもも大人もみんなで私を見るからね、そんな大きな声で言っちゃうとさ・・・

アンズー、母さんはあなたと違って目立ちたがり屋じゃないのよ・・・どちらかと言うとまぎれていたいのよ・・・

子どもが保育園や学校など団体生活が始まると、嫌でも保護者の集まりがあるのです。
PTA・保護者会・父母会・父兄の会・母の会・地域子ども会・・・・などなど。

子どもがお世話になっているんだから・・・と思って感謝の気持ちで引き受けると、否が応でも人前で発言しないといけない機会がくるの・・・だからってアドリブでペラペラしゃべれるような器用な人間じゃないんだよ、母さんは。

過去何度も人前で話してきた司会や○○の言葉といったものは、あなたがいないところで練習してきたんだよ!!!

母さんにそんなむちゃぶりするんじゃない(怒)


みんな見てるしね、先生もニッコニコで「お願いします」的に電波飛ばしているので言ったけどね、いきなり言われるから膝震えちゃいましたよ(泣)

はい、この夜は親子レクの楽しい話で盛り上がる事はなく、みんなの前で「なんか言って」と言わないようにアンズに雷を落としてしまいました。

こんな事ではへこたれないよアンズ・・・といった内容の記事はこちら🔻

www.hobowarai.com

広告
 

「パパ」って呼ばないで!これは予想できません

ママ友から連絡が入ります。

ハンナ、○○先生と知り合いなの?
アンズちゃんがパパって呼んでるよ(笑)

はーーーー?????
先生と会った事すらないから顔も知らないよ!!!

どうやら、周りが面白がるから調子に乗って先生を「パパ」と呼んで遊んだようです。
自分の父親の事も「パパ」って呼んだことないでしょ(怒)

このママ友は最後に「かっこわらい」をつけるくらいなので、アンズの発言がウソなのを理解してくれています。
そして放っておいたら間違った噂に発展するかもしれないと思って連絡をしてくれた大変貴重でありがたい存在です。

アンズー、母さんが先生と不倫していると思われたらどうすんだーーー(怒)

もうなんだろう・・・この、周りにおだてられて調子に乗ってバカやっちゃう感じ・・・
血筋にこんな人いたっけ??

私の偏見ですけど、これが男の子ならまだ「男の子っておバカね・・・」くらいに思えただろうけど、女の子がこんな事するか???

この件については担任の先生からもアンズに注意をしてくれました。
先生からは
「今回は面白がってやってしまった事ですよ。これを言ったらこうなる・・・という想像ができるようになるのは、まだまだ先なので、その都度言葉にして注意しますね」
と言ってもらいました。

先生すみません。本当にありがとうございます。

アンズは帰宅後にこれを問い詰められて「なんで知っているの??」といった感じで固まりました。

私「母さんは家にいても見えるの!」
と言った事をしばらく信じていました(笑)

パパと呼んだ男性の先生に謝り、担任の先生に謝り・・・
もう、本当に恥ずかしかったです。

まさか先生を「パパ」と言って遊ぶとは想像もしませんでした。

犬の写真

最後に

黙っていれば結構かわいいと思うのですけどね・・・(親バカフィルター発動中)

最近やっと減ってきました。小学校低学年までは本当に辛かった。
本人は楽しくてやっているので、どれも困らせようとしているわけではないんですけど、ぐったりです。

毎回親子で集まる時は、何を発言するかヒヤヒヤしっぱなしで、親子で参加のイベントなど「何が楽しいんだ!」って思っていたのですが、弟ハルミチが生まれて変わりました。

ハルミチもよくしゃべりますけど、余計な発言は少ないので、ヒヤヒヤする事がありません。
運動会の親子競技も、親子参加のイベントも楽しく過ごせます。

しつけ云々もありますが、親子それぞれの個性というか、やっぱり親子の組み合わせの問題かなーと最近では思います。

アンズのぶっ飛んだ個性も、親によっては「あー、なんかまた言っているなー」ぐらいにしか聞こえない穏やかな父母なら、私のようにキーーーとはならないかも。

でも組み合わせが悪いと思っても、子育てを放棄するわけにはいかないから、知恵を絞って少しでも楽しく過ごす努力をしよう・・・よく怒ってしまうけど、やっぱり気になるし、可愛いとも思うし(苦笑)

こういう時「自分は親」というより「一緒に生きている家族」と感じます。

「親だから人として常にしっかりしないといけない」というプレッシャーは減りました。

親が・・・私がしっかりしていないと、子ども達はしっかりしてきます。
我が家の場合は特に、母親と姉のバトルを見て、弟がしっかり者になっております(苦笑)

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

 

広告