過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

息子が「大人になりたくない」と言い出した!やってしまった失敗談

どこの家の子育てにも、成功体験、失敗体験ってありますよね。
そう、これはしくじった体験です。

子どもを、子ども扱いしすぎて、ついに「大人になりたくない」と言わせてしまいました。

私の子育ては、基本的に子ども扱いしない子育てです。
『毎日笑顔で元気いっぱい!』なんてキラキラ輝いた、すてきな子育てではありません。

「まだ子どもなんだからいいじゃない」
苦手な言葉です。
具体的なテーマとしたら、公共機関を使う時のマナー、お金の話、性の話、いじめ・・・
だったら親や大人が、子ども達に伝えていくべき内容を、いくつになったら話していいの?
はぐらかしたり、ごまかしたりする方が、子どもは傷付くんじゃないの?
私は、自分の育った中で、はぐらかされたりごまかされたり、ずっと不満に思っていましたよ。

なーんて、日頃から思っていたのに、すっかり息子を赤ちゃん扱いしてしまいました。

本日はその失敗体験を書きます。

息子が「大人になりたくない」と言い出したイラスト

広告
 

男の子って、母親にとっては特別な存在

私は死別のシングルマザーです。
私、娘(姉)、息子(弟)の3人で生活しています。

娘とは、もとからの性格があわず、ぶつかってばかりです。
ですからなおの事、息子は特別な存在!

もうこれにつきます。
男の子ってとにかくかわいい!
末っ子で男の子なんて言ったら、きっと「孫」ほどにかわいい!
母親にとっては小さな恋人のようにかわいい!!

みんないつかは、おじさんになって、おじいいさんになるのはわかっているんだけど、やっぱりかわいい!!
かわいらしいおじ様やおじい様もいますけどね。

ここで心配される方もいると思うので、言い訳します。
息子がかわいくて仕方がない、親バカな私ですが、もちろん娘の事も愛していますよ。

悪気もなく「性格があわない」と、話してしまいますけど、私、実の母とも性格があうと思った事がありません。
でも、ケンカもしないし、母の事も大好きです。

母と娘があうんですよ、波長が一緒というか、私からしたら2人ともにぎやかすぎ。

ここまで息子をかわいがってしまいますが、生活のほとんどは娘が中心です。
毎月ギリギリの家計の中、ここは自分で自分をほめるぐらい、手間もお金も娘の方がよほどかけています。
もとの収入が少ないですからね、かけていると言っても、たかが知れておりますが(汗)

息子をかわいがりすぎた

あちこちに写真は飾ってありますが、たぶん息子は父親の事をぼんやりしか覚えてないと思います。
父親がいないせいなのか、それはそれは甘えん坊です。

息子「母しゃん、だいすき」
と抱きついてきます、いまだに。

もう、それはそれは「かわいい、かわいい」と育ててまいりました。

おまけに「いつまで可愛いんだろう?」と、ポロっと言ってしまった事もありました。

人見知りもなく、多少社交的な性格なので、見た目は普通ですけど、意外とどこへ行ってもいじられて、可愛がられるんですよね。
我が子ながら得した性格だな・・・と思います。

誰に似たのやら(汗)

もう、それはそれは可愛がってくれる、周りの大人からも

「かわいい、そのままでいて」

「いつか声変わっちゃったりするなんて、考えたくない」

「もう、大きくならないで」

「○歳になっちゃったの、信じられない」

なんて言われてしまって、

私「本人、大きくなったらいけないと思ったら困るから、やめて!」

と笑って話していましたが、さすがの私も、この傾向はまずいのでは??と考えだしました。

広告
 

ついに「大人になりたくない」と言い出した

もう子どもって、本当に大人の事を、よく見ていますよね。
全くまわりを気にしない、ぶっ飛んだ娘とは反対に、よく人の話を聞き、弟ながら気遣いもある息子が、ついに言い出しましたよ。

息子「母しゃん、僕、大きくなりたくないの」

私の心の声『えーーーー!ついにきたーー???』

私「あれー、なんで??いつも大きくなったら○○○になりたいって、言っていたじゃない!?」

息子「だって大きくなったら、みんな『かわいい』って言ってくれなくなっちゃうんでしょ!?だから僕は大きくなりたくないの」

私の心の声『うわー、やっぱりその理由できたかー、やっちゃったなー』

可愛がりすぎて、息子は大人になったら、かわいがってもらえないと察してしまいました。

なんて返答したらいいか、迷いましたが、珍しく発言してきたので、正直に話すしかないですね。

私「ハルミチ(息子)は『かわいい』って、言ってもらえるのが、嬉しいんだね。

でも、もう少しお兄さんになったら、いろいろ変わるから、いつまでも『かわいい』で嬉しい気持ちばかりじゃないんだよ。

あとね、母さんにとっては、ハルミチがお兄さんになっても、お父さんになっても、おじさんになっても、かわいい子どもなのは変わらないんだよ」

と、伝えてみました。

いくつになってもかわいい息子かどうかなんて、還暦過ぎないと、わからないと思うんですが、言ってしまいました。

それ以上は聞き返してこなかったので、ここは一先ず話は終わりますが、納得してくれたのか、どうなのか、今後に期待ですね(苦笑)

最後に

以上が息子を赤ちゃん扱いして、かわいがりすぎた結果、大人になる事に不安を与えてしまった失敗談です

言葉とは重いものですね。
「どうか、ジグザグでいいから、前向きに生きていけますように」
母の願いです。

本日も読んでいただきありがとうございました。

広告