過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

母の日を敬老の日にチェンジ「悪気はない」が最強と思い込んでいた、私

9月17日は敬老の日でした。母の日にプレゼントを贈るのをやめ、子ども達の名前でお花と手紙を敬老の日に贈りました。
もうお義母さんに母の日のプレゼントを贈る事はありません。

我が家は死別の母子家庭です。
お義母さんにとっては、息子を40代の若さで亡くし、孫たちにもほとんど会えなくなったという辛い現状です。

自分の身に置き換えると、配偶者を亡くした妻も辛いけど、我が子を失った母親の方が辛い・・・そう思ってずっと友好な関係を保とうと思っていましたが、友人からのアドバイスでお義母さんとの友好関係は二の次になりました。

誰よりも優先する人を再確認し「母親が心穏やかでいられる方が子ども達にとっては幸せ」と感じたエピソードを書きます。

「悪気がない」のが最強と思い込んでいた、私

広告
 

主人と死別する前の嫁姑関係

旦那さんと結婚する時「お袋、いろいろ言うけど、悪気ないから気にしなくていいからね」と言われました。
この時点で私の味方であると推測できます。

実家との距離もあり、年間で会うのは2回くらいなので、そんなに苦痛はなく、母の日に旦那さんの名前でプレゼントを贈ったり、子ども達の写真をメールや手紙で送ったり、地震や災害で心配だと思う時は連絡しあったりと、まあまあな関係だったと思います。

お義母さんとの関係で一番困るのは、一緒にいるとご近所の方の悪口?が多くて、聞くに堪えない・・・世間話のつもりでしょうけど、私そのご近所さん知らないし。

たぶん私も何か言われているんだろうなー、悪気ないだろうけど。
腹に持つタイプよりはいいよね・・・?旦那さんのお母さんだし・・・と思って接してきました。

「悪気がないって最強だな」と常々感じていました。

主人の存在の大きさに涙が止まらない

旦那さんの生前は、お義母さんからのアクションで、違和感や疑問に思う事は旦那さんに伝えて、対応してもらっていました。
死別後は、旦那さんの存在がいかに大きく、クッションにになってくれていたんだと思い知らされました。

葬儀、お墓、納骨など、できるだけお義母さんと主人の兄弟にお伺いを立てて行いました。
でもどれも終わった後にあれこれ言われます。

耐えかねて、主人の兄弟に相談すると、「すみません、母に悪気はないのです」と返ってきました。
悪気がないって最強だ・・・その一言で、こちらは何も言えない・・・

若くして息子を亡くされているのです。責められても文句は言えないと思っています。
でも責められるような事はありませんでした。

かわりに
「死んでほしくなかったでしょ」
どういう意図なのかわかりません。

「引っ越しなんてしなかったらよかったのに」
長女出産にあたり、私の実家の近くに引っ越しをしました。

「家なんて大きな物をもらうからこんな事になったんだわ」
引っ越し先は、私の親がやむなく相続する事になってしまった親戚の空き家で、朽ちていく一方なので、旦那さんがこの家に住もうかと言ってくれました。

主人の兄弟のお嫁さんも実家に寄り付かない事は知っているし、子ども達にとっては大好きなおばあちゃんだし、旦那さんのお母さんだし、亡くなった旦那さんも、私とお義母さんがケンカ別れしたら悲しむ、何よりお義母さんに悪気はない!!

お義母さんは私が憎くて言っているような雰囲気ではなく、思った事をそのまま発言しているだけです。
子ども達の誕生日に、お祝いをいただいた時の手紙には、私の体を気遣うような内容も書いてくれます。
さらりとかわせない不器用な私にも非はある。

でも直接お義母さんとやり取りするようになって、私はどんどんふさぎ込むようになり、電話が怖くなり、電話で話した日は眠れなくなりました。
子ども達に「おばあちゃんの家に行きたい」と言われると嫌悪感で子どもにも優しくできなくなり、心がすさんでいくのがわかりました。

広告
 

友達からのアドバイスに号泣

旦那さんからの死別から数年たち、たまりにたまって友人に愚痴りました。

いきなり友人が激怒。
友人「ハンちゃん(私の事です)は、旦那さんのお母さんだからとか、アンズとハルちゃん(うちの子ども達)のおばあちゃんだからとか言って、言い返さないんだろうけど、それ一般的に言ったら嫌な女だよ。ハンちゃんが逆の立場で、友達から義母の話を聞いたら、ハンちゃんはどうするの?」
と言われ

私「あ・・・ブチ切れる」即答

逆に置き換えたら激怒だよー、いくら義理のお母さんでも怒るわー・・・

友人「ハンちゃんの今一番大切に思っている人は誰なの?遠く離れたお義母さんに気を使って、アンズやハルちゃんに優しくできないなら、お義母さんとの友好関係なんてどうでもいいんじゃないの?」

もうね、霧が晴れたような気持ちになりました。
結局は「悪気がないのが最強」と足かせをつけていたのは私です。

私の気持ちもはっきりしました。
今一番大切なのは子ども達です。
お義母さんと電話で話して気持ちが不安定になって、子ども達に優しくできないなんて本末転倒。

いくら相手に悪気がないからと言って、すべて我慢する必要はない

「こんな嫁を選ぶなんて息子は見る目が悪い」って、私の評価が旦那さんの評価にも繋がるような感覚でいましたけど、バカ嫁と思われようが薄情女だと思われようがどうでもよくなりました。

結婚は本人同士の問題だけではなく、家と家とのつながりです。だから、友好な関係を築ける方がいいのはわかっています。
でも、子ども達を優先に考えたら、
「私が心穏やかでいる方がいい」という結論に達し、お義母さんとは距離を置くと決意しました。

これからは「子ども達のおばあちゃん」といったスタイルを貫きます。嫁は捨てました。

ついに実行、母の日を敬老の日にチェンジ

旦那さんが亡くなってから、何度かは母の日にお花を贈りました。お礼の連絡まで鳥肌が立ってしまうという、未熟な精神の私です(泣)

連絡は緊急時以外はメールでします。
何か送っていただいた時は、子ども達にお礼の電話をしてもらいます。

子ども達には
「母さんは、おばあちゃんと上手くお話ができなくなっちゃったの。でもおばあちゃんは、あなた達にとって大切なおばあちゃんだから、大好きのままでいいんだからね。母さんはおばあちゃんに会いに行けないけど、あなた達が大きくなったら電車で会いに行ってきていいからね」と正直に伝えています。

子どもはよく見ています。私がお義母さんの事を避けているのもわかっています。
子どもにそんな事言ったら可哀そうかもしれませんが、曖昧にするよりはっきり伝えた方が、子どもも仕方がないと思って受け入れてくれます。

そしてついに、今年はさんざん悩んだ挙句、母の日にお花は贈りませんでした。
敬老の日に子ども達の名前で、お花と最近の子ども達の写真と手紙を送りました。

私がお義母さんと距離を置きたくても、子ども達にとっては大好きなおばあちゃん、お義母さんにも、息子が亡くなって孫との関係も無くなったら申し訳ないので、子ども達との関係は壊さないように今後も気を付けます。

最後に

嫁姑の関係について悩んでいる方に、同じように悩んだ立場から思うのは、そりゃ仲良くできた方がいいけど、一番大切な人にやさしくできなくなるほど辛いなら、無理しなくていいんじゃないの?
これにつきます。

こういった行動にでて、どんな反応がお義母さんからくるのか不安でしたが、意外と子ども達から電話させれば喜んでくれるし、電話口で「お母さん(私)に変わってちょうだい」なんて言う事もないです。

自分にとって誰が一番大切かをはっきりさせれば、意外と近くに住んでいてたとしてもバッサリ切り落とせるのではないでしょうか。
我が家は実家と距離がありますけどね。

本日も暗い内容でしたね(苦笑)
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広告