過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

楽天カードよりも楽天ゴールドカードを選んだ理由 1年間使用した感想

2017年10月より、メインのクレジットカード(以下、クレカ)を楽天ゴールドカードに変えました。

それまではJCBの年会費無料のカードを15年近く大事に使ってきましたが、我が家もいろいろありまして、ポイント還元率の高さと、楽天銀行楽天証券を利用するようになった事で、楽天ゴールドカードにしました。

楽天ゴールドカードよりもCMでおなじみの楽天カードの方が有名ですよね。
楽天カードは年会費が無料、楽天ゴールドカードは年間2,160円の年会費がかかります。

でもあえて楽天ゴールドカードにした理由やおすすめのポイントを、1年以上利用している立場から書いてみました。

 

楽天ゴールドカードの公式サイトはこちら🔻

 

広告
 

楽天ゴールドカードとの出会い

一番初めは楽天銀行になる前のイーバンク銀行に口座を持っていました。
旧姓で作ってあったので、ずいぶん昔です。

楽天市場をよく利用するようになったので、クレカ機能付きの楽天銀行カードに変えたのですが、もちろん楽天銀行からしか利用料の引き落としができず、使い勝手が悪い・・・楽天カードに変えようか?と検討していたところ、楽天ゴールドカードの存在を知りました。

当初の予定は、nanacoカードにJCB付の楽天ゴールドカードでクレジットチャージし、ポイントをゲットしながら自動車税や、固定資産税を支払いたいという事をしたかったのです。

これはJCB付の楽天カードでも一緒ですが、2017年11月にポイント付与が対象外となってしまい、もう・・・ホントにね・・・膝をついて凹みました(苦笑)

でもせっかく審査を通った楽天ゴールドカードなので、使い倒そうと思って、どうやったらポイントが増えるかさがしながら、現在も快適に使っています。

最近ではポイント集めに固執すると、時間が取られると思うようになったので、覚えていられる範囲で使っています。

クレジットカードのイラスト

楽天カード楽天ゴールドカードのポイントの付き方

通常ポイントが1倍、楽天カードポイントが1倍、楽天カードご利用特典ポイントが最大1倍・・・・はっきり言ってわかりにくい(汗)

でも楽天ゴールドカードの方が楽天市場でのお買い物はポイント率が高いです。

現在は楽天カードが3倍、楽天ゴールドカードが5倍

でもこれは、楽天アプリを利用したり、楽天ブックスを利用したり、楽天モバイルを利用する事で、ポイントがさらに数倍に増えるので、使い方次第です。

結局は毎月いくら楽天市場で購入すると楽天ゴールドカードの年会費2,160円(税込み)分のポイントを超えるかが気になるところ・・・

やり方次第ですが、3倍か5倍かで計算すると、

月々の楽天市場購入額 12,000 × 5% = 600p 
600p × 12ヵ月 = 7,200p

月々の楽天市場購入額 12,000 × 3% = 360p
360p × 12ヵ月 = 4,320p

5倍と3倍との差が
7,200p - 4,320p = 2880p

5倍と3倍の単純な計算だけで見たら、月々楽天市場で12000円くらいお買い物をする方は楽天ゴールドカードの方がポイントはたくさんたまります。

楽天ゴールドカードはETCカードを無料で作れます。ここを考慮したらもっと低い金額のお買い物でもゴールドカードの方が溜まる計算ですね。

でも楽天のクレカは、知れば知るほどポイントを貯められるので、ここにこだわりすぎなくても良いと感じているのが本音です。

広告
 

楽天カード楽天ゴールドカードの共通のメリット

ざっくりとした共通メリットをあげるならこちら🔻

楽天ポイントがためやすい

楽天銀行楽天証券などの連携が便利
楽天ポイントで投資ができたり、楽天のクレカで積み立て投資信託を設定できたり、お得度満載です)

楽天ポイントカードとしても使えるので、ポイントが使える場所が多様

・ウェブ明細が使える

・海外旅行傷害保険がついている

私の楽天ポイントの貯め方・使い方

ポイント集めに固執すると、時間が取られるので、最近はほどほどにしています。
それでも2017年12月~2018年12月までの獲得ポイントは約50000ポイントです。

内訳は、楽天市場楽天ブックスでのお買い物、楽天銀行の利用、普段の生活でのお買い物です。

貯める時は、楽天スーパーセールの時や、0と5が付く日はポイントが7倍になるので、極力キャンペーンを利用してお買い物するようにしています。

一番貯められるのは楽天市場での買い物なので、ここでポイントを使う事はしません。
ポイントを使うなら、10000ポイント以上なら、楽天ペイにポイントをチャージして普段の買い物で使います。
この方が使い道の選択肢が広がります。

しかし最近はポイントをチャージするのも面倒になってきて、楽天ポイントがそのまま使えるお店で利用しています。
よく利用するのは、マクドナルド、くら寿司コスモ石油、出光あたりです。

 

最近、楽天のクレカで積み立て投資信託の支払いができる(上限あり)事を知ったので、近々設定してみます!。NISAにも対応とはすごいです!!

楽天カードクレジット決済で投信積立 | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

 

もう一つ、楽天Rebates(リーベイツ)を経由し、ベルメゾンディノスファンケルなどの有名ストアでお買い物をしてポイントを貯めるのもやってみたいです。

Rebates(リーベイツ)|有名通販サイトやブランド公式ストアでのお買い物でも、楽天スーパーポイントが貯まるポイントサイト

楽天ゴールドカードを選んだ理由はこちら

ETCカードが無料で作れる
楽天カードETCカードを発行するのに540円かかりますが、楽天ゴールドカードは申し込めば無料で発行できます。

・国内の主要空港のラウンジが年2回無料で使える
これは飛行機を利用する方にはきっと嬉しいサービスなのではないでしょうか?
私は子ども達が生まれてから、1度も飛行機に乗っておらず、このサービスを受けた感想が言えないのが残念です(苦笑)

・紙の明細書がもらえる
楽天カードで紙の明細書を発行するには、月に82円の手数料がかかり、年間984円が必要になりますが、楽天ゴールドカードは無料で送ってくれます。
利用件数が少ないとハガキで届きました。

私が楽天ゴールドカードを選ぶ理由はここかもしれない!
ブログを書いておりますが、元々パソコンやスマホの画面で文字を読むよりも、紙の文字の方が好きです。

紙の明細書の方が確実に利用履歴を細かくチェックします。
ウェブ明細を利用した時期もありますが、結局は自宅のプリンターで印刷していました。

私は自営業なので、青色申告や確定申告の際にもいちいちネットやスマホのウェブ明細を見るよりも、紙の明細で1年分まとめて管理した方が早いです。
ですから、手数料を払ってでも紙の明細書が欲しかった!

・デザインの好み
パンダの楽天カードもかわいいので迷うところですが、なんだかんだ淡いゴールドのカードがちょっとリッチな気持ちになります(私だけかな:汗)
はじめてのゴールドカードですからね。

楽天銀行カードの実績があるので審査が通りそうな気がした

楽天ゴールドカードの審査は厳しいのか?

ゴールドカードですから、年会費無料のカードよりは審査が厳しくなります。

私の履歴書をみたら、正直信用がない人に見えます・・・

学歴なし、正社員として働いていた期間も長くて5年ほど、あとは派遣社員だったり、パートだったり、妊娠出産で専業主婦、数年前に夫と死別し、現在はシングルマザー、
今の仕事は自営業・・・しかも家族を養う程の稼ぎはない・・・(涙)

安定した収入のある、20歳以上の方が対象ですから、自営業で収入低い私はだから楽天ゴールドカードに申し込んだ時はドキドキです。

学歴は関係ないですね(苦笑)

申し込んだ際に気を付けたのはこちら🔻

・キャッシングは「希望しない」を選ぶ
・収入には総売り上げの金額を入力
・世帯収入に遺族年金でもらっている金額を含めて入力する

私の今までのクレカ利用経歴だけは正常な範囲・・・いえ、良い方だと思います。

20年ほど前に初めてクレカを作った時に、1回だけ銀行の残高が足りずに引き落としができず、翌月に2ヵ月分引き落としてもらった事があります。

それ以降は引き落としができなかったことはありません。
あたり前の事ですが(汗)

すぐに返すことができましたが、キャッシングは今までに1回だけ、財布にお金を入れるのを忘れて困った時に、1万円だけ借りました。

この状態で申請から1時間ほどで審査通過のメールが来ました。

小銭と貯金ブタの写真

私が楽天ゴールドカードをおすすめする方はこちら

楽天市場で月に12000円以上買い物をする方
ETCカードを利用する方
・紙の明細書が欲しい方
・ゴールドカードを使って見たい方

楽天ゴールドカードで注意が必要なのは、家族カードです。
楽天カードなら5枚まで無料で発行できますが、楽天ゴールドカードは1枚発行するだけでも540円かかります。

最後に

知れば知るほど使い方がたくさんある楽天のクレカ。
でもクレカは後払いなので使い方には注意が必要ですね。
クレカ歴の長い私が気を付けているポイントを、こちらの記事に書きました。

www.hobowarai.com

これからもクレカに振り回されることなく、上手に使っていきたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

 

広告