過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

子どもの前歯(永久歯)が生えてこない<前編> 前歯なしで過ごした娘の半年間

 子どもが乳歯から永久歯に生え変わる間って、何とも言えない可愛さがありますよね。

ちょっと間の抜けた感じが可愛いなーと思っていたのですが、あら大変!いつまで経っても生えてこないんですけど・・・

今日は半年近く前歯が生えてこなかった娘のエピソードを前編後編の2記事にわけて書きました。

子どもの永久歯がなかなか生えてこなくて、心配な方に見ていただけたら嬉しいです。

子どもの前歯が抜けた時のイラスト

広告
 

子どもの歯の生え変わり

多くの赤ちゃんは生後6か月くらいから、下あごの真ん中2本から乳歯が生えはじめます。
※生えるタイミングは個人差が大きいです。

そしてだいたい2歳半ごろ、20本の乳歯がそろいます。

次に永久歯は、だいたい6歳~7歳ごろから、同じく下あごの真ん中から生え変わります。
乳歯が20本なのに対して、永久歯は第3臼歯(親知らず)をあわせると+12本で、32本生えてくることになります。

今回娘のアンズが歯の生え変わりで苦労したのは、上あごの真ん中2本、だいたいのお子さんが7歳~8歳ぐらいで生え変わる前歯が、半年近く生えてこなかったのです。

前歯が1本ぬけた時は、楽しく笑って写真撮影もして、成長を喜んでおりましたが、1カ月後もう1本も抜け、前歯2本がありません。

この状態も珍しい事ではないのですが、だんだん心配になりました。

この頃、我が子は2人とも虫歯はなく、近所の歯科医院に月に1回フッ素を塗ってもらう為に通院していました。

子ども達も歯医者さんになついていたので、嫌がる事も一度もなかったです。

子どもの前歯が生えてこない

待っても待っても前歯が生えてこない!!

はい、前歯がないまま2ヵ月が過ぎました。
かかりつけの歯医者さんで

私「先生、娘の前歯が抜けて2か月くらい経ちますが、生えてこないんですが・・・」

歯医者さん「2ヵ月生えないなんてよくあるから心配しなくて大丈夫ですよ、お母さん」

私「2ヵ月は珍しくないんですねー」

 

はい、前歯がないまま3ヵ月が過ぎました。

私「先生、娘の前歯が抜けて3か月くらい経ちますが、生えてこないんですが・・・」

歯医者さん「たまに欠損歯って言って、歯の数が足りない事もあるけど、長く歯医者やっているけど前歯がない人は見た事ないから、大丈夫だよお母さん」

私「へー、欠損歯っていうのがあるんですねー・・・」

欠損歯(けっそんし)は歯が足りないという事です。
欠損歯については日本臨床矯正歯科医会のページがわかりやすかったのでリンクをはらせていただきました。
日本臨床矯正歯科医会の欠損歯についてのページはこちら🔻

www.jpao.jp

 
はい、ついに前歯がないまま4ヵ月が過ぎました。

私「先生、やっぱり生えてこないんですけど」

歯医者さん「うーん、生えないねー。でも前歯のところ硬くなっているから歯はあるんだよ。だから大丈夫だよお母さん」

私「あー、確かに歯茎が硬いですねー・・・・」

本当に前歯の歯茎を触ると硬くて、出てきそうな感じもあります。

 

前歯がない事で一番困るのは食事です・・・

あたり前と言えば当たり前ですが、前歯がないから噛み切れず、真ん中の前歯の隣、乳歯の側切歯(そくせっし)で食べ物をかみ切る事になります。

家庭では食べ物を一口大に切って出すようにしますが、外出先ではいつも食事ばさみを持っているわけではないので、食べ方がひどいです・・・
本人はわかっていないけど、正直気の毒な食べ方になっていました。

これ学校の給食でもやっているの・・・・よね(哀)

例えるなら、犬が食べ物が大きすぎて首を斜めにしてかじっている感じです↓

犬がおやつをかじっている写真


こちらの写真は写真ACからいただきました。

これが何ヵ月も続いているので、隣で見ている私の方が凹む・・・

 

こうしているうちに、さらに前歯がないまま5ヵ月が過ぎました。

私「先生!ホントに生えません!!生える兆しもありません!!」

歯医者さん「うーーーん、たぶん生えてくると思うけどねー、レントゲンとってみよっか」

私「お願いします!!」

広告
 

やっと歯のレントゲンを撮ってもらった

レントゲン自体はあっという間なのですぐに終わり、歯医者さんが画像をもって説明してくれました。

歯医者さん「はい、ここが中心で右に7本ありますね・・・省略・・・下の歯も数があるね・・・それでね、ここに何かあるんですよ・・・」

私「は?」

歯医者さん「うん、たぶん歯。これにひっかかって前歯が出てこないようです」

このやり取りダジャレ???

先生の予想では過剰歯(かじょうし)というものだそうです。

レントゲン画像では確かに前歯2本のところに、何か小さい物体があるのがわかります。
イメージだとこんな感じです。

写真ACからダウンロードした写真に過剰歯を追加加工したイメージ画🔻

子どもの歯のレントゲン画像

 

おおおぉぉぉぉーーー 私のバカー、なんでもっと早く自分から「レントゲンを撮って」と言わなかったんだー、ここ何カ月も何やってんだハンナーー😭

原因発覚!過剰歯って何?

前歯がある事はレントゲンの画像でわかりました。
では歯医者さんが言う過剰歯(かじょうし)とは何でしょうか?

欠損歯の逆で歯が多いのです。
そして私たちが一般的に知っている乳歯や永久歯の形をしておりません。

アンズの場合は、抜歯するしか選択肢はなく、出てきた過剰歯は「なんだこれ??」といった白い塊です。

どうして過剰歯があるのかも諸説あり、いまだ原因ははっきりしておりません。

発生頻度はそれほど珍しくはなく、1%~3%くらいと言われています。
でも過剰歯が歯茎から出てくる事は少なく、多くは今回のようなレントゲン撮影で発見されます。

最後に

なかなか前歯が生えてこないと思っていたら、過剰歯が原因という事がわかりました。

抜くにしろ様子を見るにしろ、レントゲン撮影だけでは判断できないそうで、CTと口腔外科がある総合病院に紹介状を書いてもらいました。

さあ大変です。
抜歯の話が浮上した瞬間からアンズの顔色がみるみるうちに青ざめていきます(汗)

口から生まれたとしか思えないアンズが静かになりました。

次回は総合病院への受診の内容と、処置、費用について書きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

後編の記事はこちらです🔻

www.hobowarai.com

 

 

関連記事

 

広告