ギザギ算で楽しく足し算と引き算をマスター 百マス計算が苦手なお子さんにおすすめ

「百ます計算に拒否反応のお子さんにはギザギ算を・・・」って我が子の話です(苦笑)

徹底反復と言ったら陰山英男さんの百マス計算はとても有名ですよね。

我が家でも娘が小学校1年生のころからマスの数を減らして取り組んできました。
※百マス計算を有名にしたのは陰山英男さんですが、生みの親は岸本 裕史さんです

1日1枚で進めていたのですが、最終的には娘に百マス計算はあわない気がする・・・と感じ諦めました。

そこで出会ったのが「ギザギ算(ぎざぎざん)」です。足し算と引き算だけですが、今も週に2~3回取り組んでいます。

今日は娘には百マス計算は合わない気がすると判断した理由と、お気に入りのギザギ算ドリルをご紹介します。

娘に百マス計算があわないと感じた理由

小学校でインプットしてきたら、定着させるためには家庭で繰り返しアウトプットが必要です。

集中力を高めるためにも、百マス計算自体は本当に素晴らしいものだと思います。

私も忙しさを理由に宿題や家庭学習に付き合ってあげる事もできないので、百マス計算のプリントを渡して、娘が自分で計算を進めてくれたら、これ以上ありがたいものはありません。

何が問題か? 娘の性格ですね・・・地味な作業が大嫌いな娘。

娘からしたら、百マス計算は地味なのです。地味な計算の作業を100回もしないといけない・・・と思うだけで半べそです。

これでは計算が嫌いになってしまいます。百マス計算!!君は悪くない!本当にごめんなさい。

百マス計算と同様に漢字練習も大嫌いです。漢字練習の宿題が出た時は私も泣きそうです。

娘いわく「覚えている漢字を何回も書かなきゃいけないなんて嫌・・・」だそうです。

全部覚えているわけではなかろうに(怒)半べそをかきながら宿題をします。

ちなみにそこまで嫌ならやらなくてもいいと伝えますが、学校ではしっかり者でいたいそうで、宿題を拒否するという選択肢は本人にはないそうです。私はため息しか出ません。

問題を解くのは好きなようです。

たくさん丸をもらえるのが嬉しいので、いろんな計算や文章問題が並んだプリントは嫌がりません。

こういった地味な作業が嫌いで、つねに新しい問題にチャレンジしたいような性格なので、百マス計算のように日々こつこつと取り組むといった事は次第に拒否反応(泣く)をしめすようになりました。

日々娘との激突を書いた記事はこちら🔻

家庭学習で楽しくできる足し算や引き算のドリルを探した

こんな感じの娘なので、なにか楽しんで取り組める家庭用のドリルや問題集がないかを探したところ、足し算と引き算だけのタイプですが、ギザギ算に出会いました。
このドリルは足し算と引き算を繰り返しながら進んでいきます。
計算方法を間違えると、その後はすべての答えがあわないようになっています(汗)
説明だとわかりにくいので、表紙の画像をいれます。

このように三角が下に向いた時(▼)は真ん中と左右の3つの足し算で、三角が上を向いた時(▲)は左右を引き算をしながら進んでいきます。
計算の回数は簡単なものは数回だけど、後半のレベルアップしたものは50回近いです。
計算の方法を間違えたらアウトなので、丸つけも最後の答えをみればすぐにわかるようになっています。
だからこそ達成感はとても強く残ります。

ギザギ算ドリルを使った感想

まずドリルが可愛いです。青い恐竜のキャラクター、ギザギザウルスがあちらこちらに出てきます。

問題もただ三角形が並んでいるだけではなく、いろんなイラストの中に書いてあるので「今日はキャンディのギザギ算にしよー」「今日はチョコレート」など、選べるのが楽しいようです。

全問正解すると気持ちよく花丸がつけられるので、大喜びします。

百マス計算に限らず、ドリルは順番に答えと照らし合わせて1問ずつ丸をつける事になりますよね。

丸つけをする側からしても、最後の答えだけみれば一発で全問正解かどうかわかるので助かるんですよ。

間違えていれば最後の答えからスタートの方に向かって答え合わせをしていけば、どこから間違えたかがわかります。

ギザギ算のドリルは3種類あって、娘は2年生の時から始めたので「足し算引き算編」を使っています。他に「足し算スタート偏」と「足し算編」があり、少しずつキャラクターの恐竜たちが赤ちゃん恐竜から大きくなっているのも愛着がわきますね。

アマゾンや楽天の評価も良いので、ぜひ詳細も見てください。でもアマゾンだとなぜかびっくりする金額なので、私が購入するとしたら楽天かな(苦笑)


🔻ギザギ算たし算ひき算編 計算が速く・正しく・好きになるドリル
【楽天ブックスで詳細を見る】


🔻ギザギ算たし算編 計算が速く・正しく・好きになるドリル
【楽天ブックスで詳細をみる】


🔻ギザギ算たし算スタート編 計算が速く・正しく・好きになるドリル
【楽天ブックスで詳細をみる】

最後に

私はドリルを購入すると、はじめに切り離してばらばらにし、コピーします。

我が子に限らず、子ども達の記憶力ってすごいなーと思う場面は、今までにたくさんありました。それでも反復はとても重要です。

記憶力の良い子ども達と言えど、使わなければ忘れます。コピーの問題を繰り返し取り組む事はとても有効だと感じています。

ギザギ算のドリルで唯一不満に思うのは、もとの印刷が薄いのでコピーすると三角のフチの線が見にくい事です(苦笑)

小学校中学年の今でもギザギ算の足し算・引き算を週に2~3回取り組んでいますが、ミスなく花丸も増えて、本人も嫌がらないので、今後も続けていきたいです。

※許可なく転載・複製は本来禁止されていますが、コピーを家庭内だけでつかう場合は「私的使用を目的とした複製」で合法と私は解釈しています。

自分の子どもだけを見ていると、正確さは答え合わせで確認できますが、計算が早いのか遅いのかはわからないんですよね(苦笑)

学校の先生に尋ねてみました。

先生「特別早いわけではないけど、早いか遅いかで判断したら早いですよ」
と言ってもらえました。先生の気遣いじゃない事を願います(汗)


全問正解だと気持ちよく大きな丸を付けてあげられて、本人も大喜び🔻

ギザギ算やってみた写真
ギザギ算たし算ひき算編 計算が速く・正しく・好きになるドリルの 51ページロケット 計算回数40回、時間の目安は12分です。


私は勉強が苦手で赤点だらけだったので、学校にいい思い出がないですが、本来は勉強できる事は幸せだし、新しい事を知って楽しいものだと思います。

子ども達に勉強の内容は教えてあげられませんが、勉強できる喜びだけは伝えていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ふりがなつきで、勉強とニュースに強くなる
毎朝発行 朝日小学生新聞

\公式サイトで購読のお申し込み/

朝日小学生新聞