友達からのネットワークビジネスの勧誘を断った体験談

友達からのネットワークビジネスの勧誘を断った体験談

約4000文字:この記事は8分で読めます

タイトル通りですが、友人からネットワークビジネスを勧められて断りました。

はじめに申し上げますが、私はネットワークビジネスを否定する気持ちはありません。

ねずみ講とちがいネットワークビジネスは合法で、詐欺ではありませんから大きな利益を手にする可能性があります。

※違いが気になる方は「ネットワークビジネス ねずみ講 違い」などで検索するとたくさん出てきますので探してみてください

でも実際に勧められて、いい気分にはなれませんでした。

↓この記事でお伝えする内容↓

  • 友達からのネットワークビジネスに勧誘されたやりとり
  • 友達や知人からのネットワークビジネスの断り方
  • 断った後も友達でいられるのか?

について書きました。

一例としてみていただけたら幸いです。

私とネットワークビジネスを勧めてきたKちゃんとの関係性

今回私にネットワークビジネスを勧めてきたのはKちゃんです。

↓Kちゃんとの関係性はこちら↓

  • 学生時代のクラスメイト
  • 学生のころに何度か遊んだことがある
  • お互いの家族構成や住んでいる家は知っている
  • 社会に出てからは地元のイベントやお祭りで顔をあわせて立ち話をする程度

連絡をとって会うことはなく、偶然会った時に子ども達が大きくなったり増えていたりと、笑いあっていました。

私の気持ちとしては、彼女は地元の友人の1人といった感じです。

ネットワークビジネス勧誘のやり取り

友達からのネットワークビジネスの勧誘を断った体験談

ここから実際の勧誘までのやり取りです。


Kちゃんからメールで『久しぶりに会って話そう』と連絡をもらいました。

しかし私の予定もあわなかったり、何となく嫌な予感がして断りました。

でも今度は電話がかかってきたんですよ。何かしらどうしても話したいんだな・・・と思って電話しました。

久しぶりに声を聞くので、少し現状報告をしあった後・・・

【Kちゃん】

「ハンちゃん、シングルマザーになって何かと大変じゃない?

先々に不安はないの?ネットワークビジネスに興味ないかな?

怖いイメージあるかもしれないけど、全然怪しいものではないし、今すごく楽しくて、ハンちゃんもどうかなって思ったの」

ハンちゃんとは私のことです。

まさかネットワークビジネスを勧められるとは思いませんでしたが、嫌な予感は的中しました。(苦笑)

【私】

「うーん、考えてないなー」

ネットワークビジネス事態は否定しないけど、なんで私に勧めるんだろう・・・

【Kちゃん】

「今はじめたネットワークビジネスは学習教材で、学校でも教えてくれないような事をいっぱい教えてもらえて、ほとんどが動画だからわかりやすいんだよ。

友達に教材を勧めて、入会してもらえたら自分に権利収入が入るの。

Sちゃん(おなじくクラスメイトだった子)にも話したんだけど、私の方が心配されちゃって、ホントに大丈夫って話したんだけどね」

おちつけハンナ。きっとKちゃんは、この教材が本当にいいと思っているから私に勧めているんだよね。

うーん、でもSちゃんの大丈夫?って言いたくなる気持ちの方がわかる(汗)

心の中で3人ぐらいの私が、みんな困り顔で会議を始めます。

Kちゃんはもともとそんなにおしゃべりが得意な方じゃありません。
でも一生懸命たどたどしくも話してくれました。

【Kちゃん】

「勧めるって言ってもやり方わからないから心配でしょ。

でもチームで助け合いながら学べるから何にも心配ないんだよ。

私が入っているチームのリーダーさんがすごい人で、もとはやり手の営業ウーマンだったけど、今はこの教材が気に入ってこっちのビジネスにきたんだって。

私が入っているチームはこの人のおかげで、他のチームの中でも常に上位にいるんだよ!」

まずは元クラスメイトですからね、やんわりお断り。

【私】

「そ・・・そうなんだ。いい人に巡り合えてよかったね。でも私は私で自分の今後の事は考えてるから心配しなくて大丈夫だよ」

【Kちゃん】

「でもこうやって自分がお勧めして教材に申し込んでくれれば、権利収入が発生して、さらに申し込んだ人が友達に進めて申し込んでもまた権利収入が発生するの。

こうやって一生権利収入が発生していくのってすごいと思わない?

数年後には海外進出もする予定だから、今始めておいた方が絶対お得だよ」

【私】

「先のことなんて何があるかわからないじゃない。

一生続くものなんてあるのかなー?

そうやってその教材をお勧めする人がいなくなったらどうするの?」

なんだろう・・・私、想像もしていなかった死別シングルマザーという立場になったので、人生って何が起こるかわからないと常に思っています。

一生続くとか無性に悲しくなってしまいました。

【Kちゃん】

「一生っていったらオーバーかもしれないけど、リーダーさんはどんどん申込数増やしてとてもいい暮らしをしてるよ。

もしおすすめする人がいなくなってもVチューバー(VTuber)っていって、インターネットさえあれば顔を出さなくても教材をおすすめできるの。

そこから申し込んでもらえれば権利収入が発生するんだよ」

!!!

私は今ブログでアフィリエイトをはじめたせいか、余計に気になったしまいました。

自分の周りの興味のない人に進めるくらいなら、はじめからインターネット越しの興味のある人に向けてVチューバーとして発信した方がいいんじゃないの???

ネットワークビジネスで友達が減る理由 興味のない人に売るのが一番大変

友達からのネットワークビジネスの勧誘を断った体験談

そもそも全く興味のない人に商品の良さを分かってもらって、申し込んでもらうというのはハードルが高いと私は思います。

私がブログアフィリでメリットに思うのはこのあたりです。

自分が使っていてすごくおすすめしたいけど、周りにこの商品に興味がある人がいない・・・でもネットの世界だとこの商品に興味のある人に繋がる事ができる。

私が使ってここがよかった、ここはもうちょっと・・・といったことを書いた記事を読んでもらって、商品購入の判断材料に加えてもらえたら嬉しくないですか?

さらにそこから少しでも収入が発生したら私なら飛び上がります(小声)

だからこそ余計にネットワークビジネスの勧誘の仕方にため息が出ました。

商品は学習教材ですからね。

勉強したいっていう人にはいいですけど、勉強に興味がない人にとって迷惑だし、ただお金儲けの話をされているようにしか受け取れません。

この教材、Kちゃんは教材名も教えてくれたのでネットで調べました。

内容は悪くなさそうな気がします。費用もざっくり計算して15万円ほどでした。

勉強したいと思っている人にとってはとても良い教材なのかもしれない・・・とも思います。

本当にKちゃん自身が申し込んで、教材の内容がいいと思ったから進めてくれたと思いたいです。

しかしこのままKちゃんが友人知人に勧めていく中で、収入を得るまでに何人の友達が彼女から離れていくのだろう・・・

学生時代のクラスメイトだった私。私と連絡がとれなくなっても困らなから私を選んだのかな・・・?

シングルマザーになった私を本当に心配しての行動って思えないのはどうしてだろう・・・

Kちゃんの話の内容で改めて気づいた事があります。

Kちゃんは私にチームリーダーさんの話を力説してくれますが、Kちゃん自身がその教材で成功しているわけではありません。

そのせいもあってか全然魅力を感じません。

そしてひっかかるのは、チームリーダーさんはもとからやり手の営業職だという事です。

たぶんこの教材じゃなくても、そのような方は何でも販売できるのでは???

Kちゃんの成功体験は1つもありません。

私のような商品に興味がない人を相手にした場合、相手が心を動かされるとしたらKちゃん本人がその教材でどういうふうに学んで何を感じ、どうやって収入を得ているかという体験ではないでしょうか?

このネットワークビジネスの仕組み、私はやっぱり怖いと感じました。

Kちゃんは私に勧めたけど、私がクラスメイトの友人達に「Kちゃんが教材商品の勧誘やっているから気を付けた方がいいよ!」とかいいふらすかもしれないって考えないのかな?

友達や知人からのネットワークビジネスの断り方

友達からのネットワークビジネスの勧誘を断った体験談

曖昧にするのは次回のお誘いに繋がります。今後もその商品はいらないと思うならはっきりお断りしましょう。

話の途中で何度もKちゃんが資料のURLを送りたいと言われました。

【Kちゃん】

「他のネットワークビジネスって在庫抱えちゃって大変じゃない?興味があったら資料のURLをLINEで送るよ」

在庫抱えなくてもなりたつネットビジネスあるのにな・・・

自分がいいと思っている商品を売り込んできているわけですから、こういう時ははっきり言わないとわからないんですよね。

言いたくないなーと思いつつもはっきりとお断りしました。

【私】

「Kちゃんがいいと思ってやっている事ならば応援するけど、私はその教材には興味がないからいらない」

断り方としては70点でしたね、私。

「興味がない」ということは興味がわけば資料をみてもいい・・・ということになるので、もっとやり手の方ならそこをついて、2度目につなげてくるはずです。

Kちゃんはこれ以上勧めてくることはありませんでしたが、もっとしつこく言われたときは「私はその商材は見たいと思わないし、もうその話は私にしないでほしい」とまで言ったかもしれません。

ネットワークビジネスの勧誘を断ったあとも友達でいられるか?

友人・知人にネットワークビジネスを勧めたことで、疎遠になってしまう場合もあるでしょう。

しかし私は子供のころからのKちゃんのやさしいところも知っています。

ですから、彼女と一緒にネットワークビジネスをすることはありませんが、彼女の行動は応援したいと思います。

あ、友達をさらに紹介することはしませんよ。行動を認めるだけです。

ネットワークビジネスは詐欺でも違法でもない合法的な販売方法なので、悪い事をしているわけじゃないですからね。

周りの人を勧誘するより、ネット上の教材に興味のある人向けに発信した方がいいんじゃないの?・・・とか言いたくなりますが、Kちゃんはこれが本当によい教材だと思っているのだろうから、下手に刺激しない方がいいです。

頑張って説得しようとしても、たぶんチームリーダーさんに励まされて、元気になってまた活動すると思います。

数年後にKちゃんが大金持ちになって高笑いしているかもしれないし、私が説得しようなんておこがましいですね(苦笑)

最後に

ネットワークビジネの勧誘にあってからしばらく経ちます。

Kちゃんとネットワークビジネスの話はしませんが、今でもあいさつや世間話はする程度の仲です。

ネットワークビジネスは高収入の可能性も秘めていますが、リスクも高いと感じました。

このリスクは金銭面だけではなく交友関係も含めます。

本日は暗ーい記事で大変失礼しました(苦笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。