アドセンスのポリシー違反体験 まさかのアダルトコンテンツ!?

デッサン人形が違反を指摘する写真

無料写真素材なら【写真AC】

昨年の6月下旬からアドセンス広告を貼っています。

念願かなって関連コンテンツも使えるようになった矢先、はじめてポリシー違反メールをもらいました(汗)
浮足立った気持ちも一気にさめました・・・

「ああ、たしかにアダルトコンテンツだね」ってところですが、改めて考えさせられたので記事として書きます。

本日はまさかのポリシー違反警告で、しかもアダルトコンテンツを指摘されてから、解除されるまでの経緯です。

関連コンテンツ解放で浮足立った記事はこちら🔻

Googleからポリシー違反を指摘するメールがとどく

3月11日の月曜日に、Googleから「AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート」という件名でメールが来ました。

件名からしてポリシー違反な事はよくわかる(汗)

最近、Markdown記法に編集モードを変えたため、過去記事を見たままモードから、Markdownモードへ差し替えているので、差し替えた分の過去記事を消さずに重複コンテンツで警告が来たのかと思ったら、アダルトコンテンツ違反でした

違反を指摘された記事がこちら🔻

この記事はすでに修正済みで広告も表示されています。

「子どもへの性教育の重要性」をテーマにしている記事です。

このテーマ、すでに何本か記事に書いているんですけど???

過去このテーマで書いた記事

🔸小学生の娘に避妊具について聞かれた。性教育におすすめの本【小学生の女の子向け】

🔸子どもに性教育が必要だと思う保護者向けのおすすめ本【メグさんの女の子・男の子からだBooK】

🔸幼児向けの性教育のおすすめ絵本をご紹介、子どもへの性教育は防犯にもつながる!

今までに親向け、幼児向け、思春期の女の子向けに、性に関する知識の絵本や児童書の紹介をしている記事ですが、内容的に今回指摘を受けた記事と大幅に変わっている点はありません。

しかも記事の方向的には「子ども達が性の対象になるのは絶対に嫌だ!」といった内容なんですが(汗)

アダルトコンテンツとは逆の目的なんですけど。

やってしまった違反箇所

グーグル先生どうしたの?誤作動起こしてない?? と自分ではなくまずグーグル側を疑っておりました(苦笑)

でも、気づきました(涙)
いままでと違う点は画像です。

このテーマで書いた記事の中に「プライベートゾーン」という言葉をたびたび使っています。

これは他人に見せたり、他人のを見ない自分だけの大切な場所という表現で使われており、水着で隠れる場所とされています。

最近ではここに「口」も含まれます。

今回指摘をうけた記事にはこのプライベートゾーンをわかりやすく見せるため、イラストACから可愛いイラストをダウンロードして入れておきました。

デフォルメされたとても可愛いイラストで、絵本や児童書で使いたくなるような感じのほのぼのとしたものです。

このイラストがダメだというなら、私のギャラリーに入っているイラストの方はほとんどNGなのでは・・・?と心配になる(大汗)

デコルテとかスカートの丈とかね🔻

女の子イラスト

だから、このダウンロードして使用した可愛い系のイラストのどこに興奮する要素があるのかは本気で謎!!!

でもプライベートゾーンを説明するという事は「水着」が登場します。
たぶんこれ(汗)

たしかに、アダルトコンテンツとしてイラストも違反対象です。

さらに私はSEOの対策になればとか、ユーザーさんが見やすいかな?という思いから、画像のalt属性とtitle属性も毎回手作業で入れています。
一番あだとなったのはこれでしょう(涙)

イラストの説明を入れた際に、水着である事と、それにもう一つの単語が入り、記事の内容的には逆のはずが、アダルトコンテンツのポリシー違反につながったのだと感じています。
※水着という言葉は散々使っているので、これ単体では違反ではないと思います

明確な違反箇所は教えてもらえませんから推測ですが。

※画像のalt属性とtitle属性を簡単にお伝えすると、alt属性は画像の代替えテキストです。title属性はその画像の補足で、画像の上にカーソルを合わせると吹き出し表示されます。

無事に解除され、広告表示

指摘を受けた記事を公開したのが3月9日の土曜日、警告メールは11日に来ています。
ハイスピードで指摘をもらったのは画像に属性などを入れていたからじゃないかと思います。

こうやって違反箇所に見当が付いたので、画像を消して、文章は数文字削除し、すぐに再申請しました。

再申請の審査は1週間ほどかかると書かれていましたが、9日に再申請して、その次の日には広告停止が解除されました。

メールでは11日の深夜に「新たな違反は検出されませんでした」という内容のメールがきました。

ホッと一安心です(苦笑)

ポリシー違反が見つかると、メールのリンクをたどって、このように違反している記事のURLが表示されます。

アドセンス ホーム
 ↓
アカウント
 ↓
ポリシーセンター

違反記事が表示されている場合🔻

グーグルアドセンス

記事を修正し、左下の「審査をリクエスト」をクリックし、再申請を行いました。

審査されクリアできると「ポリシー違反は見つかりませんでした」という画面に変わり、再び広告が表示されます。

違反のない通常の場合🔻

アドセンス ポリシー違反なし

最後に

アドセンス広告を利用する場合は改めて画像に注意が必要だと痛感しました。

関連コンテンツ解放に喜び、ポリシー違反メールに凹み、ここにきてグーグルのアルゴリズムが変わったようで、アクセス半減・・・

Googleに振り回されている感が隠せません(苦笑)

やっぱり収入があれば嬉しいのですが、一番は「子育ての事を書き残したい」と思って始めたブログながので、細く長く続けていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

過去記事にポリシー違反通知が来た!【追記:2019.7.16】

2019年7月14日に2度目のポリシー違反メールがきました(涙)またもやアダルトコンテンツ違反です(大汗)

※すでに内容を修正してGoogleに再リクエストを入れ、無事にポリシー違反をクリアし、広告も表示されています。

いままでに書いた、子どもへの性教育でのおすすめ本レビューの記事で、2018年9月21日に投稿しました。

なぜ今更???

この1度目のポリシー違反メールを受け取った時には違反を指摘されていないので、それこそ今回の2度目の違反通知で、今ごろ何を直せと???

しかしいろいろアップデートされていくのがGoogleさんで、何かしらポリシー違反の決めてが変更されたのか、単純に投稿してから今までの間気づかれなかっただけなのか・・・

内容的に他の性教育に関する記事とあまり変わらなくて悩みましたが、たぶん文章の中でNGワードが入っているならば、もっと早く指摘を受けたと思います。

1度目の違反通知が画像の属性だと予想してますから。

今更指摘を受けるという事は画像の内容かな・・・?

という事で自作のイラストで削除する事にためらいはありましたが削除し、イラストACから人間の成長過程のかわいいイラストと差し替えました。

私が自作したイラストは、避妊具の種類を単語でイラストに入れてしまったので、これがアダルトコンテンツ該当したのか・・・?

推測するしかないですが、画像を差し替え、文章は少し手直しして、14日のうちに再リクエストしました。

7月13日 早朝:ポリシー違反通知のメールが届く
 
同日の昼頃:画像を差し替え文章を手直しし、再リクエストを申請
 
7月14日 夜:違反を指摘された記事に広告が表示され、アドセンスのポリシーセンターも「ポリシー違反はみつかりませんでした」に変更
 
7月15日 早朝:審査結果で「ポリシー違反の該当なし」の通知が届く

無事に広告が再開されてよかったです(苦笑)

2度目のポリシー違反の指摘を受けて

子育てブログを初めて1年が過ぎ、2回もアドセンスからアダルトコンテンツでポリシー違反を受けてしまいました(涙)

今回指摘を受けた記事の内容は以下 ↓

  • 情報あふれる今の世の中で、子供たちに正しい性の知識をつけてほしい
  • 小学校の高学年だと性の話は親子の方がより話しづらいから、読みやすい小学生向けの性の本をお子さんに渡してみたらいかが?

内容的には子供が被害にあわないために書いているので、アダルトコンテンツとして指摘を受けたのは悲しいです。

私としては小学生のお子さんにこの本を知ってもらいたい気持ちですから、どうぞファミリーセーフの目線で見ていただきたい!!

しかし多少なりともアドセンス広告で収入を得ていますので、今後もGoogle先生にはお世話になります(苦笑)

再リクエストしてクリアできなければ、この記事だけ広告を非表示しようか検討するところでした。

無事に広告が表示されるまで今回もひやひやしました。どなたかのお役に立てれば嬉しいです。

WordPress初心者だからこそ
高機能レシポンシブ有料テーマ
THE THOR(ザ・トール)

\公式サイトで詳細をみる/

THE・THOR│公式サイト