THE THORのタグ管理機能がすてき!アフィリエイト広告を一括管理【初心者さん向け】

THE THOR タグ管理機能

3月にはてなブログからWordPressに引っ越してきた、卯野ハンナです。

このブログはサーバーをConoHa WING(コノハウイング)、WordPressのテーマを有料のTHE THOR(ザ・トール)で運営しています。

はてなブログのころとは比べ物にならないくらい高速で表示されるようになり大変満足しています。

WordPress初心者なりに感じたTHE THORのこの機能すてき!と思ったところを書きます。

本日はTHE THORのプラグインなしの標準装備されている「タグ管理」機能について書きます。

↓表示速度の速さを書いた記事はこちら

ConoHa WING+ THE THORをおすすめする理由 wordpress初心者こそ高速サーバー+有料テーマ

THE THORの「タグ」と「タグ管理機能」の違い

ブログを運営していて「タグ」と言えば、記事を探しやすくするために設定しますよね。

THE THORの「タグ管理」機能は「タグ」とついていますが記事に設定する「タグ」とは別の機能で、ASPのアフィリエイト広告を登録して、一括管理できる機能です。

広告表示だけでも使えますし、広告商品に★(星)の評価をつけて表示する事もでき、さらに「タグランキング」機能を使えば、登録した「タグ管理」を並べてランキング表示もできるという優れものです。

THE THORでは、読者さんが記事を探しやすくするためにつけるタグも簡単に設定できます。

投稿記事一覧のクイック編集から追加や削除ができ、その都度記事編集ボタンを押して全文を表示させなくても変更できるので本当に便利です

THE THOR  タグのクイック編集

THE THORは検索機能もすてき!

THE THOR 絞り込み検索画面

キーワード検索、カテゴリー表示、タグでの表示が一画面で出来ます!

ASPの広告をはるのに「タグ管理」機能がすてき!

同じ広告の中でも種類が複数ある場合、期間を決めて広告をはり変えたい時がありませんか?どの記事に広告をはったか記事の数が増えると忘れてしまい、探すのが一苦労・・・

ここでおすすめしたいのがTHE THORのタグ管理機能です。

タグ管理をアフィリエイト広告だけで新規に作ります。

THE THOR タグ管理新規追加

本文にはここで作ったコードをはれば広告が表示されるようになり、広告を変えたい場合はタグ管理だけを変更すれば反映されます!!

急ぎで広告を外したい場合も、広告がはってあった痕跡は残りますが、タグ管理で広告コードを削除してしまえば表示されなくなります。

「タグ管理」機能は、はてなブログで記事の本文にアフィリエイト広告をはっていた経験があるから、本当に便利だと感じました。

はてなブログでアフィリエイト広告をはる場合は、ASPから広告コードをコピーしてから、見たままモードの場合は記事本文をHTMLモードに切り替えて、任意の場所に貼り付けます。

一度貼り付ければ、場所の移動は見たままモードからでもできます。

念のためお伝えしますが、この部分はてなブログや他のブログサービスを批判したいんじゃないですよ(汗)

WordPressはやはり初心者には設定が多すぎて継続が難しいと感じました。

なにより継続する事が第一目標なら、はじめはブログサービスを利用するのはメリットが多く感じます。

初めてのブログ運営で、はてなブログに出会えたことは本当に感謝しています。

WordPressへの引っ越しは、羽田空港サーバーさまの移行代行サービス(なんと無料!)を利用しました!

移行代行サービスを使ってブログのお引っ越し【はてな→WP】羽田空港サーバー様に感謝!

グレーの枠が残る 「タグ管理」機能のここがデメリット

デメリットというか、私が気になるところですが、グレーの枠が一緒に表示されます。

↓タグ管理で表示された広告

THE THOR タグ管理機能 グレーの枠が残る

広告のまわりにグレーの線が入っているのがわかるでしょうか?

本来のランキングの表示には枠があった方が見栄えがよいのですが、私のように広告だけを入れたい場合、枠は邪魔です(涙)

このグレーの枠はタグ管理を削除した場合も本文のコードを消さない限り残ります。

タグ管理を削除した場合、残ったコードの後がこちら🔻

THE THOR タグがあった跡

私が使っている方法のような、★などの評価はつけずにアフィリエイト広告のみを表示させたい場合は、タグ管理作成時に画面下の「タグ管理オリジナルフィールド」の「フォーマットを利用しない」を選択するとグレーの枠だけの表示です。

グレーの枠を非表示にする方法を書いた記事を発見【追記】

追加CSSにコードをコピペするだけで、グレーの枠を非表示にできる設定を公開してくださっている方がいました!

本当にありがたい✨

↓はらちゃんさんの枠を非表示にする記事

【THE THOR】タグ挿入時に表示される白い枠線(ボーダー)を消す方法!

ダッシュボード
 ↓
外観
 ↓
カスタマイズ
 ↓
追加CSS (カスタマイズ一覧の一番下)

ここにコードを追加するだけです。

※このブログはサーバーをConoHa WING(コノハウイング)で運営しています。追加CSSにコードを追加するときは、コノハの管理画面でWAFの機能をOFFにしてから変更をしないとうまく更新できません。OFFにしてコードを追加したら、再びONにするのをお忘れなく。

アドセンスの広告もタグ管理機能を使う?

アドセンスの広告コードは専用に入れる場所があります。

ダッシュボード
 ↓
外観
 ↓
カスタマイズ
 ↓
広告設定
 ↓
個別ページ用広告設定
 ↓
記事内広告の設定

ここにコードを入れれば[adcode]と入れるだけでタグ管理機能のようなグレーの枠が入らない広告が表示できます。

ここにはアドセンスは「記事内広告」のコードを入れています。

はじめは「テキスト広告とディスプレイ広告」のコードを入れてみましたが、広告の端が切れてきれいに表示できなかったので「記事内広告」に変えました。

記事本文1つ目の見出しの上(目次を表示する場合は目次の上)は自動で表示できる設定にする事ができます。

しかし記事本文の「何番目の見出しの前にいれる」という機能がないのが残念です。記事の途中は手動で[adcode]と入れています。

記事の一番下はウィジットの記事下でHTMLコードを追加して関連コンテンツのコードを入れています。

THE THORでグーグルアドセンスの自動広告を表示するには?

はてなブログでは<head>~</head>がわかりやすかったので、簡単に自動広告のコードを入れる事ができましたが、THE THORの<head>~</head>はどこ???

PHPはまだ怖くていじれません(汗)

ダッシュボード
 ↓
外観
 ↓
カスタマイズ
 ↓
基本設定
 ↓
高度な設定
 ↓
</head>直上の自由入力エリア

ここにアドセンスの自動広告のコードを入れたら表示されるようになりました。

自動広告はブログの表示速度が遅くなるように感じたので、現在は使っていませんが、3月に移行してきた当初は利用していました。

「タグ管理」機能を応用して記事下に任意の関連記事のリンクを設定

この機能で「あわせて読みたい」とか「おすすめ記事」とか「関連記事」といった項目で記事別に任意の記事を並べてコードを作り、表示させています。

はてなブログの時も、記事下におすすめしたい記事を任意で並べてきましたが、記事を削除したり、タイトルを変えたりすると、編集が面倒でした。

リンク切れが続出です(汗)

タグ管理のみ編集すればすべて反映されるので本当に便利です!

最後に

以上、私が感動したTHE THORの「ちょっとこの機能すてきだから聞いて!」の「タグ管理」機能の説明でした。

他にも「聞いて!」と思う機能について改めて記事にしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

WordPress初心者だからこそ
高機能レシポンシブ有料テーマ
THE THOR(ザ・トール)

\公式サイトで詳細をみる/

THE・THOR│公式サイト