日常生活での子供の読書好きによる効果 小学生の読書習慣はメリット大

約2900文字:この記事は5分で読めます

子供が読書好きによる効果とメリット

我が子2人を「本好きな子供にさせる」ことに成功した卯野ハンナです。

子供の読書好き、あるいは読書習慣は学力向上だけではなく、日常生活においても読書好きな子供はメリットが大きいことを実体験をふまえてお伝えします。

今は面白いものがたくさんありますが、負けないくらい本の世界は楽しいし、身近に本のある生活は気持ちも豊かにしてくれます。

この記事でお伝えする内容↓

  • 子供が読書好きであることで得られた実生活での効果
  • 本が友達でもいいじゃない【小学校生活をマイペースに乗り切ろう】
  • 子供の読書好きでデメリットに思うことはなにもない

について書きます。

読書習慣での学力向上について、具体的な調査内容を文部科学省の資料で見つけました。静岡大学が調査・研究しまとめています。

読書活動と学力・学習状況調査の関係に関する調査研究(静岡大学)

個人、学校への細かい調査の結果、読書をする子とそうでない子の学力に差があることをグラフも使って提示してくれています。
※すべての結果が、継続的な読書=学力向上ではないことも一部みとめられたと資料にはあります。

子供が読書好きであることで得られた実生活での効果

子供が読書好きによる学力向上は子供が小学校高学年にならないと目に見えた効果はわかりませんよね。しかし日常生活の中で読書好きにした方が親も子供もハッピーだと言えることがたくさんあります。

理由は、読書好きだと子供は大人から褒めてもらえることが多い!そうすると子供はますます気をよくして『読書=楽しい・面白い』や『読書=自分にとって得』と思うようになり、さらに本を読みます。

そして『気づいたら学力も力がついていた』なんていったら、こんなに素晴らしいハッピーアイテムはありません。

日常生活において子供が読書好きだとメリットに感じる部分

日常生活において子供が読書好きだとメリットに感じる部分

  • 空き時間は本を渡しておけば静かにしていられる
  • 公共機関で静かに本を読んでいると褒められる
  • 学校でも読んだ本が多いと褒められる
  • わからないことも辞書、図鑑などを渡せば自分で調べてくれる
  • 自分の説明した事が本に書いてあると納得してくれやすい
  • 図書館がおでかけスポット
  • 子供が図書館で本に集中している間に他の事ができる(小学生限定)

空き時間は本を渡しておけば静かにしていられる

他にも、我が家は子供が2人いますが、本を読んでいればお互い干渉しないので喧嘩がおこりにくい!これもメリットです。

ただここまではゲームやスマホなどでも同じ効果だと言えますが、ここからは読書である事が重要です。

公共機関で静かに本を読んでいると褒められる

電車など移動中も本を読んで静かにしていると、優しそうなご年配の方が褒めて下さることが多いです。

私自身もよそのお子さんが熱心に読書していたら感心します。

学校でも読んだ本の数が多いと褒められる

学校でも読書をすすめられますからね。読書量が多いだけで、先生方から褒めてもらえたり、校内新聞で紹介してもらえたりします。

我が子が通う小学校では読んだ本の数で、図書委員からしおりをプレゼントしてもらえるので、これも喜んでいます。

わからないことも辞書、図鑑などを渡せば自分で調べてくれる

辞典、地図、図鑑は本当に便利です。たいがいのことはこれで調べてくれるので、私が頭を悩ますことはありません。

子供本人で調べたり、逆に調べて教えてくれたりして助かります。

「自分で辞書で調べて」というよりは「母さんもうまく説明できないから、辞書で調べて教えて」というとすんなり調べ始めます。

自分の説明した事が本に書いてあると納得してくれやすい

なぜか親の言うことを素直に受け取ってくれないのが子供・・・

そんな時、私の説明が本や新聞に書いてあるものを探してきて見せると、すんなり納得してくれます。

例えば、お片づけの仕方、ルールとマナー、防犯、性の話、お金の使い方・・・など

図書館がおでかけスポット

本が好きだと、もちろん図書館も大好きです。休日のお財布にやさしいお出かけ先と言ったら図書館!!

週替わりで図書館を回ると子供も大喜びしてくれるので助かります。

子供が図書館で本に集中している間に他の事ができる(小学生限定)

子供が2人とも小学生になってから気づきました。

本を読んでいるときは、本当に静かで集中しているので、携帯電話とGPSを持たせて私はちょっとした用事を済ませることができるようになりました。

注意)小学生でも1人で図書館に置いていくのは怖いです。我が家の場合は姉弟で必ず一緒にいることを約束し、時間も1時間程度にしています。

もう本様様ですよ、本当に。

子供を本好きにする環境やちょっとしたコツは子供を読書好きにするポイント5つ 親が読書家じゃなくても大丈夫!で書いています。

本が友達でもいいじゃない【小学校生活をマイペースに乗り切ろう】

本とクローバー

学校でちょっとうまくいかなかったとき、一人でいたいときやお友達と一緒にいたくないとき、本を読むと気分転換できます。

子供ころ学校は家以外のすべてではありませんでしたか?私はそうでした。

特に女の子特有の同調圧力になじめずに辛い時期もありました。

私が我が子に本を好きになってもらいたいと思ったきっかけは実はこの辺です。学校で読書を楽しむ時間があれば気がまぎれていいなって。

何か集中できて気がまぎれるものなら、なんでもいいのですが、ゲームもスマホも小学校には持ち込めませんからね。本ならだれかに注意されることもなく、逆に褒められてベストアイテムです。

娘は小学校に入学し、図書室のはじめて出会う本に大喜びをして、学校でのすべての休み時間で本を読み漁っている時期があり、逆に友達ができないんじゃないかと心配しましたが(苦笑)

子供の読書好きでデメリットはなにもない

ゲームもスマホ動画もやりすぎてしまったり、姿勢が悪くなったりとデメリットはありますよね。でも読書はデメリットに思うことはありません。

本を読んでいて褒められることはあっても、怒られることはほとんどありません。(限度はありますよ)

読書で褒められて、しかも学力アップにもつながっていると思えば、メリットばかりだと言えるでしょう。

あえて上げるとすれば、電子書籍を利用した場合は目に負担がかかることぐらいではないでしょうか。

ここは電子書籍の良い点と、紙の本の良い点をよく理解し、どちらかに限定するよりは、2つの良い点を効率よく使った方がいですね。

  • 書籍:家庭での読書、出先の長い待ち時間
  • 電子書籍:ちょっとした空き時間

最後に

本日は実生活において、子供が本好きだと得られる効果をまとめました。

自分が子供のころに『本が身近にある生活は楽しい』ということに気づきたかったです(苦笑)

子供たちにはこれからも本の世界を楽しんでほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

朝小新聞公式サイトでは只今「秋から読もうキャンペーン」を実施中!
2019年11月25日までに申し込むと特典があります。

ふりがなつきで、勉強とニュースに強くなる
毎朝発行 朝日小学生新聞

\公式サイトで購読のお申し込み/

朝日小学生新聞