リビングでの勉強道具を1ヵ所に収納 ランドセルラックを選ぶポイント6つ

リビングでの勉強道具を1ヵ所に収納 格安ランドセルラックが超便利!

小学生2人のリビング学習を見守っている、卯野ハンナです。

リビングで学習するためには勉強道具をリビングに置く必要があります。そこでおすすめなのがランドセルラックや、それにかわる本棚などです。

ラックでも本棚でも大きい買い物になりますから選ぶのは慎重ですよね。

毎日リビング学習をする立場からポイントを6つご紹介。

さらに現在利用している格安ランドセルラックも口コミしちゃいます。

ショッピングサイトをのぞいた方ならご存知かと思いますが、ワイドタイプのランドセルラックで8,800円は超安いです。

楽天で購入しましたが、AmazonやYahoo!ショッピングでも購入できます。

「こんなに安くて大丈夫?」と不安になりましたが、意外と快適に使えております

この記事でお伝えする内容↓

  • リビング学習で重要なレイアウト
  • ランドセルラックの重要性 朝のお仕度と帰宅後の導線を短くしよう
  • 小学生全学年対象、ランドセルラック選びのチェックポイント
  • 簡単に勉強道具を戻すための工夫
  • 楽天で購入した格安ランドセルラックの組み立てから使用感

↓ 今回購入した格安ランドセルラックがこちら

ランドセルの置き場をリビングに設置してリビング学習効率アップ

ランドセルの置き場をリビングに設置してしまえば、子供の導線はとても短くなります。

リビング学習に焦点をあてているので、あたり前のことですね。

小学生2人と暮らして思うことは「小学生は意外と忙しい」ということです。大人のように効率化を考えた動き方もできません。

低学年のころは一緒に暮らしている保護者が最短ルートの導線を作ってあげる必要があります。

とにかく子供部屋からリビングテーブルに着くまでの時間を短くするならば、いっそのことリビングにランドセルと学習に必要な最低限のものを置いてしまうのです。

一番この方法の良いところは保護者が子供の様子をよく確認できることです。子供部屋に入ってしまったらなかなか様子を見られませんよね。

ここで登場するのはリビングの中の子供用品置き場、ランドセルラックです。正確に言えば使い勝手の良い棚なら何でもいいのですが。

リビングにランドセルラックを置いて管理することのメリットとデメリット

メリット

  • 保護者が忘れ物のチェックや子供の様子をよく観察できる
  • 保護者も子供もお互いに声かけをしやすい
  • 帰宅後からリビングテーブルで学習を始めるまでの導線が短い

デメリット

  • お客様が来た時のリビングの生活感が丸見え


使いやすいラックを選ぶポイント6つ

ランドセルラックを選ぶときに「あーー、知っていたかったー」と思うことはこちらの6つ

  • A4のファイルが楽に入る本棚の高さ
  • 強度があり丈夫なもの
  • 教科書を入れるスペースは横よりも背表紙が見える縦の方が探しやすい
  • ランドセルはかけるより置く方が扱いやすい
  • ランドセルラックが必要なくなっても家具として使える
  • 最下段は扉付きか引き出しタイプ

それと年齢によっても使いやすいランドセルラックは違います。

リビング学習を低学年のうちしかやる予定がなければカラーボックスでも十分です。

カラーボックスを横に倒して設置すると、低学年のお子さんがランドセルを横に置くとちょうどよい高さになります。

検討が必要なのは3年生くらいで、このころから持ち物が一気に増えます。そうなるとカラーボックスでは入りきらなくなってくるのです。



A4のファイルが楽に入る本棚の高さ

もっとも検討していただきたいポイントがA4サイズの本や紙ではなく、ファイルが楽に入るところです。

意外とここをクリアしないランドセルラックは多数あります。

楽に入れるためには棚の高さが32cm以上ないとスムーズに出し入れできません。

ランドセルラックはA4ファイルが入るものがおすすめ

小学生でも低学年なら持ち物も少なく、それほどこだわる必要はありませんが、3年生くらいから教科が増えるとともに持ち物も増えます。

ファイルでプリントなどを整理することも多くなります。

A4ファイルだけ入らずに別に扱わないといけないとは悲しい!!

強度があり丈夫なもの

子供が使うものですから、大人のように加減して使うのは難しいのです。

例えばいろいろ組み合わせたり、ツッパリ棒を活用してランドセルラックの代わりにするのもありですが、子供が多少手荒く使っても取れたり壊れたりしない強度があるかどうかは重要です。

加減を知らない子供が使って崩れてしまうような収納スペースだと、かえって時間のロスです。

教科書を入れるスペースは横よりも背表紙が見える縦の方が使いやすい

とにかく教科書とノート類がどんどん増えますので、横に差し込んでいくタイプの棚よりも、縦に並べられる棚の方が使いやすいです。

縦に本などを並べられるスペースがどのくらいあるかも重要です。

ランドセルラックの棚は縦型に入るものがおすすめ

ランドセルはかけるより置く方が使いやすい

ランドセルを空にして引っ掛けるならよいですが、週末でもない限り空っぽにすることはないので、ランドセルを横にかけるタイプのラックより、置けるスペースがあるラックの方がおすすめ。

なおかつ3年生以上が使うランドセルラックなら、ある程度高さのある70cm~90cmくらいのラックを選ぶでしょうから、ランドセルを縦に置くより、横に倒して置く方が教科書の出し入れがしやすいのです。

必要なくなっても家具として使える

ランドセルラックとして使うのも長くて子供1人につき6年だけですからね、そのあとも家具としてリビングや別の部屋で使うことを考慮するのも1つのポイントです

  • シンプルでどこにでもあうようなカラーやデザイン
  • キャスター付きで移動が簡単
  • 組み立て式で簡単にばらせる

最下段は扉付きか引き出しタイプ

最下段はほこりが溜まりやすいので、扉付きか、引き出しタイプになっていた方が清潔に使えますよね。個人的すぎるかな(苦笑)



リビング学習に重要なレイアウト

リビング学習をするなら、子供の目に気を引くようなものを置かないことが大切です

リビング学習にはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

保護者からすると、リビングに置いてあるテレビやゲーム機は勉強が終わってからやってほしいですよね。

でも子供は目に入れば見たくなるのがあたり前です。そうなると必然的にリビング内のレイアウトも変わってきます。

ポイントとしてはこちら↓

  • 壁側を向いてテーブルに着く
  • 気が散るスペースに向けてパーティションを置く
  • テレビを背にする

我が家の場合は、リビングの端にダイニングテーブルがあり、子供たちは壁側を向いてテーブルに着くようにしています。



リビング学習をするために簡単に勉強道具を片づける工夫

リビングの一部によく使う勉強道具を集めてしまいます。

ここでのポイントは勉強道具がすぐとれる位置に置く事。

キャスター付きのランドセルラックはこういうときに便利です。

休日で勉強時間を多めにとっているときは、ランドセルラックを勉強する本人の後ろに持ってくることもあります。

平日の宿題や家庭学習をする1時間くらいのときは持ち運びに便利なブックスタンドも使っています。

この重ねるタイプのシンプルな本棚はとても使いやすいです。



楽天で格安ランドセルラックを購入 組み立てから使用感

今回希望したランドセルラックの条件

  • A4サイズのファイルが楽に入る本棚の高さ
  • 教科書やノートなどの本が十分収まる本棚の幅
  • 子供が使っても簡単に壊れない丈夫さ
  • キャスター付きで楽に移動できる
  • 価格:1万円以内
  • 最下段は扉付きか引き出しタイプ
  • 鍵盤ハーモニカが入る横長のスペースがある
  • ランドセルを縦に置けるスペースがある
  • ランドセルラック以外の使い道がある

1万円以内の商品に注文が多すぎますが、条件は以上です。

実際にお店を回ったり、ネットで検索したりして商品を探しましたが、思ったのは「ワイドタイプのランドセルラックって高い」ということです。

この条件だと、完成品で納品してくれるところは見つかりませんでした。購入者が自分で組み立てます。

ランドセルラックを取り扱っているお店の候補↓

  • 無印良品
  • ニトリ
  • イオン
  • ベルメゾン(ネットショップ)
  • Amazon(ネットショップ)
  • 楽天市場(ネットショップ)

そんな中に見つけた格安ランドセルラックがこちら↓

ランドセルラックワイドキャスター付きのおすすめポイント

まず、上記に書いたランドセルラックの条件をすべてクリアしています。そのうえでさらにおすすめしたいところがこちら

  • カラーバリエーションが4色もある
  • 本を置くスペースの仕切りが可動式
  • 最下段もキャスター付きのワゴンとして使える(取っ手もついて持ち運びしやすい)
  • 両サイドに取り外しのできる再度ハンガーが付いている
  • シンプルなデザイン
  • 1年間の保証あり

なかなかの優れものではありませんか!

 商品の基本情報
サイズ(約)幅84.5cm×奥行40cm×高さ85.5cm
カラーナチュラル、ブラウン、ウォールナット、ダークブラウン
材質メラミン樹脂化粧中密度繊維板
重さ(約)27.5kg
原産国中国産

実際に購入して感じた要注意ポイント

  • ところどころに小さい傷がある
  • リビングに置く家具としては安っぽい・・・かも
  • 本棚の奥行きが深いので、可動式の仕切りを全部差し込むと取り出しにくい

材料の隅の方が少し傷ついていますが、この価格なので気にしません、私!

材料が欠けているところと、ネジの目隠しシールが目立つのがマイナス↓

格安ランドセルラックの感想

それと、A4サイズのファイルが楽々入る大きさはとても便利ですが、奥行きが深いので全部の仕切りをはめ込んでしまうと、子供には本が少し取り出しにくいようです。

私は仕切りに手をぶつけます。

可動式の仕切りは左右に1枚ずつ差し込んで使っています。

ランドセルラックの組み立て所要時間と必要なもの

私1人(40代女性)で1台を完成させるまでに1時間かかりました。写真を撮りながら進めたので、もう少し早くできたかもしれません。

完成品がこちら↓
※本棚のしきりを入れる前

楽天で購入した格安ランドセルラック

組み立てで気を付けたいポイント↓

  • 重量が27キロもあるため、できれば2人での作業がおすすめ
  • 床の傷防止に、マットを敷いて作業する方がおすすめ
  • 電動ドライバーが必須

組み立て自体は説明書があるので難しくはないです↓

楽天で購入した格安ランドセルラック

3種の神器としてこちらを用意することをおすすめします↓

格安ランドセルラック組み立てに必要な道具

材料にはすべて番号がついています↓

楽天で購入した格安ランドセルラック

ネジなどは予備のためか少し多めに入っていました↓

楽天で購入した格安ランドセルラック

ワゴンのキャスターの向きは注意して取り付けてください。電動ドライバーで取り付けると、間違えたときに外すのが大変です。

楽天で購入した格安ランドセルラック

楽天で購入した格安ランドセルラック

楽天で購入した格安ランドセルラック

楽天で購入した格安ランドセルラック

最後に

こうして機能面では十分な格安ランドセルラックが我が家にやってきました。

ランドセルラックや棚を使ってリビング学習に必要は勉強道具を一括管理すると、学校から帰宅後にテーブルに着くまでの時間を短く済ませる事が出来ます。

親子ともにストレスが減ります。

リビング学習が終わっても他の部屋で棚として使えるので、一押しです。

リビングに格安ランドセルラックを置いたところ

最後まで読んでいただきありがとうございました。