独自ドメイン移管【ムームードメイン→ConoHa WING】画像付きでご紹介

ドメイン移管 ムームードメイン→ConoHa WING

ConoHa WINGのWINGパック(無料独自ドメイン+長期利用プラン)を利用中の卯野ハンナです。

この度、独自ドメインをムームードメインからConoHa WINGへ移管しました。

↓ドメイン移管をした理由

  • ConoHa WINGのWINGパックは独自ドメインが1つ無料でつくから!
  • すでにConoHa WINGでブログを運営中のため、ドメインもサーバーに一緒の方が管理が簡単

結局ConoHa WINGでWINGパックにプラン変更する前に、ドメインの移管をしてしまったため、独自ドメインの1年分を支払うことになってしまい、失敗しました(苦笑)

この場合は次年度からの更新料は無料になります。

順番を間違えずにWINGパックを申し込めば、ドメイン移管による費用は無料で変更できます。

↓この記事でお伝えする内容

  • 独自ドメイン移管の手順
  • ムームードメイン→ConoHa WINGにドメイン移管した流れ

今回は「.jp」以外の独自ドメインの移管方法です。



独自ドメイン移管の手順【ムームードメイン→ConoHa WING】

独自ドメインの移行作業自体は難しいことはありません。

ブログが表示されない期間があったらどうしよう・・・と初心者さんなら思うかもれませんが、ムームードメイン→ConoHa WINGは移管作業中もブログは表示されていました。

↓ ムームードメインのよくある質問ページを引用

(質問)

移管申請中はホームページが表示されなくなりますか?


(解答)

いいえ、通常移管申請から移管完了までホームページが表示されなくなる期間はありません。DNSの設定やWHOISの設定もそのまま移行されます。

【引用元:ムームードメイン公式サイト よくある質問のページより】

↓ ConoHa WINGのよくある質問ページを引用

(質問)

移管の申込みをすると現在利用中のホームページやメールは利用できなくなりますか?


(解答)

移管のお手続きにより稼働しているサーバーへ影響を与えることはございません。ドメイン移管時は、移管前のネームサーバー情報は引き継がれます。

移管前よりご利用いただいているサーバー(ネームサーバーやWeb/メールサーバー)が稼動している状況であれば、当該ドメインの運用に影響はございません。

【引用元:ConoHa WING公式サイト よくある質問のページより】

移管作業の手順はどこのレンタルサーバーもだいたい同じです。

移管元(ムームードメイン)、移管先(ConoHa WING)の両方の作業が必要になります。



ドメイン移管って何?

ドメインを管理する業者を変更することを言います。

ドメインとサーバーは別ですから、ドメインだけ移動することもできるのです。

以前、はてなブログでブログ運営をしていたため、この時にムームードメインで新規作成をした独自ドメインを、ConoHa WINGでWordPressのブログを運営する際に、ムームードメインのまま利用していました。

(例)
ムームードメインで新規に作った独自ドメイン「〇△●▲.net」の管理をConoHa WINGに変える

このドメインを管理する会社を変える作業が移管です。

移管作業をざっくり説明すると

  1. 移管元でWhois情報を自分の情報変更(Whois情報代行を利用していない場合は必要なし)
  2. 認証コード(オースコード)を確認しメモ
  3. 移管先で移管申請をする
  4. 移管元から移管確認の通知を受け取り承認する
  5. 移管元・移管先の両方からドメイン移管完了の通知を確認
  6. 必要であればネームサーバーを設定する
  7. 移管先でWhois情報の代行を設定

細部はレンタルサーバーによって違いますが、だいたいはこのような流れで進みます。



ムームードメイン→ConoHa WINGにドメイン移管した流れ

移管の手順を文章に書き出すと、とても大変な作業に感じますが、設定自体は難しくありませんのでご安心ください。

1、Whois情報を変更

個人でブログ運営をしている方は、ドメインのWhois情報を管理会社(私ならムームードメイン)に代理公開している方が多いと思います。

この代理公開の状態では移管作業はできませんので、一度自分の情報に変更します。

自分の情報をそのまま公開されている方は必要のない作業です。

ムームードメインのコントロールパネルにログイン
 ↓
左側のドメイン管理メニューから「Whois情報変更」をクリック
 ↓
変更したいドメインの右側、「Whois情報変更」ボタンをクリック

【画像 ↓】ムームードメインのコントロールパネル「Whois情報変更」

ドメイン移管 ムームードメインのコントロールパネル「Whois情報変更」

公開情報で「お客様の情報」を選択し、「変更する」ボタンをクリック

【画像 ↓】「Whois情報変更」画面

ドメイン移管 「Whois情報変更」画面

2、認証コード(オースコード)を確認しメモをとる

Whois情報を変更したら、移管先に入力する認証コードを確認します。

①ドメイン移管メニューの「ドメイン一覧」をクリック
 ↓
②移管するドメインをクリックし、表示される認証コード(Auth Code)を確認
 ↓
③認証コードをメモ(コピー)

【画像 ↓】「ドメイン一覧」の画面 移管するドメインをクリック

ドメイン移管 ムームードメイン「Whois情報変更」画面

3、ConoHa WINGでドメイン移管申請をする

次は移管先のConoHa WINGでの作業です。

ConoHa WINGのコントロールパネルにログイン
 ↓
①上部のタブで「WING」を選択
 ↓
②左側のメニューから「ドメイン」を選択
 ↓
③横並びのタブから「移管」を選択
 ↓
④ドメイン名の空欄に移管するドメインを入力
 ↓
⑤右側の「続ける」をクリック

【画像 ↓】ドメイン移管申請画面

ドメイン移管 ConoHa WINGドメイン移管申請画面

認証コード(Auth Code)を入力する空欄が表示されるので、ムームードメインでメモしてきたコードを入力し、「次へ」をクリックします。

【画像 ↓】認証コード(Auth Code)を入力

ドメイン移管 認証コード(Auth Code)

ドメイン移管料金の支払いをします。私はクレジットカードで支払いました。

【画像 ↓】ドメイン移管料金の支払い画面

ドメイン移管 ドメイン移管料金の支払い画面

支払いまで終わると、ドメイン管理リストに移管したいドメインが表示され、ステータスが「スタッフ審査中」になります。

【画像 ↓】ドメイン移管リストに移管するドメインが表示される

ドメイン移管 ムームードメイン→ConoHa WING 移管するドメインが表示される

【画像 ↓】ステータスの隣、「詳細」のリンクをクリック

ドメイン移管 ムームードメイン→ConoHa WING

ここには「スタッフ審査には数時間~最大1週間お時間をいただく場合がございます」とありますが、私は他の作業もしながら3時間(平日)ほどで終わりました。

ConoHa WINGのWINGパックでドメイン移管をする場合は注意が必要!

今回ご紹介している流れは、単純なドメインの移管方法です。

ConoHa WINGの無料独自ドメインがついた、WINGパックを利用してドメインを移管したい場合は、移管する前にWINGパックを申し込んだ方がいいです。

私はここを失敗し、ConoHa WINGで独自ドメイン料を支払うことになってしまいました。

ConoHa WINGのWINGパックに申し込むと、ドメインを設定する画面に「ドメイン移管」を選択できる項目があります。

【画像 ↓】WINGパックでドメイン移管を選択できる

ドメイン移管 ムームードメイン→ConoHa WING WINGパックでドメイン移管を選択できる

ここを選択するためにはWINGパックに先に申し込んでおけば、ドメイン移管の料金を支払わずに済むはずです(苦笑)

ドメイン移管・プラン変更・料金タイプの変更を1度に実行したため、混乱して失敗しました。

私のように先にドメイン移管をして、あとからWINGパックで独自ドメインに設定する場合は、その後の更新料が無料になります。

↓ 他に無料独自ドメインの注意点としてこちら

  • WINGパックの無料独自ドメインは一度設定すると変更ができない
  • WINGパックの無料独自ドメインは他社への移管はできない

4、ムームードメインからの確認メールで承認手続き

ConoHa WINGでドメイン移管申請をすると、時間を置いてから移管元のムームードメインより「【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡」という件名の確認メールが送られてきます。

メールにあるURLをクリックし、承認の手続きをします。

【画像 ↓】ムームードメインからの確認メール本文

ドメイン移管 ムームードメインからの確認メール本文

ムームードメインの「他社へのドメイン移管 承認フォーム」で移管するドメインを確認して、「承認する」ボタンをクリックします。

4日間のうちに承認手続きをしましょう。

メール本文にも手続き方法が記載されています。

【画像 ↓】ムームードメインの「他社へのドメイン移管 承認フォーム」

ドメイン移管「他社へのドメイン移管 承認フォーム」

承認手続きが完了すると、「トランスファー申請承認のご連絡」という件名のメールが届き、ムームードメインでの作業は終了です。

【画像 ↓】ムームードメインから申請承認の連絡メール

ドメイン移管 ムームードメインから申請承認の連絡メール

5、ConoHa WINGでネームサーバーの設定をする

ConoHa WINGのドメイン移管設定が完了されているのが確認できます。

【画像 ↓】ドメイン移管完了

ドメイン移管 ドメイン移管完了

ConoHa WINGからもドメイン移管が完了した連絡メールがあります。

メール本文でネームサーバーの設定をするように指示がありますので、コントロールパネルからネームサーバーを確認します。

【画像 ↓】ConoHa WINGからドメイン移管完了の連絡メール

ドメイン移管 ConoHa WINGからドメイン移管完了の連絡メール

ネームサーバーの確認はドメインリストを表示し、移管したドメイン名をクリックします。

コントロールパネルにログイン
 ↓
①上部タブから「WING」を選択
 ↓
②左のメニューから「ドメイン」を選択
 ↓
③横並びタブの「ドメイン」を表示し、移管されたドメインをクリック
 ↓
④ドメインリストから移管したドメイン名をクリック

【画像 ↓】ドメインリストからドメインの詳細を表示

ドメイン移管 ConoHa WINGからドメイン移管完了の連絡メール

ネームサーバーの設定を確認すると、すでにConoHa WINGでWordPressを利用しているので、指定されたネームサーバーがカスタムに表示されています。

このままでも利用できますが、ドメインもレンタルサーバーもConoHa WINGにしたため、私はConoHa(標準)に切り替えておきました。

【画像 ↓】ネームサーバーの設定

ドメイン移管 ConoHa WING ネームサーバーの設定

ドメイン移管 ConoHa WING ネームサーバーの設定

6、ConoHa WINGでWhois情報の代行公開を設定する

ConoHa WINGでもWhois情報を代行するには設定が必要です。

コントロールパネルにログイン
 ↓
上部タブから「WING」を選択
 ↓
左のメニューから「ドメイン」を選択
 ↓
横並びタブから「ドメイン」を選択
 ↓
ドメインリストの移管したドメインをクリック
 ↓
「ドメイン情報/契約情報」を選択

「WHOIS代行設定」の右にONとOFFのボタンが表示されていれば「ON」をクリックするだけで設定は完了します。

【画像 ↓】WHOIS代行設定

ドメイン移管 ConoHa WINGでWhois情報の代行公開

ここでWHOIS代行設定の右側が「未契約」になっている場合は文字をクリックして契約の画面を表示します。

【画像 ↓】WHOIS代行設定の右側が「未契約」

ドメイン移管 ConoHa WINGでWhois情報の代行公開

WHOIS代行は無料で利用できますので、0円の表示です。右下の「確認」ボタンをクリックしましょう。

「ドメイン情報/契約情報」の画面に切り替わり、WHOIS代行設定の右側にONとOFFのボタンが表示されれば「ON」にしましょう。

これでWHOIS代行設定も完了です。

お疲れ様でした!



最後に

ドメイン移管は頻繁に変更するものではありませんから、今後の自分の為にも記事にしました(笑)

ムームードメインとConoHa WINGでは.comのドメインはムームードメインの方が安いです。

今回はConoHa WINGのWINGパックで、無料独自ドメインに設定したいことと、1つにまとめた方が扱いやすいと感じたため、移管することにしました。

設定の順番をまちがえて、結局ConoHa WINGでもドメイン料を支払うことになってしまいましたが・・・

授業料だと思うようにします(苦笑)

それにしてもConoHa WINGのWINGパックは独自ドメインもついて、ベーシックプラン(初心者さんにおすすめプラン)が月額900円の計算(12ヶ月まとめ払い)になるので、お安いです。

ドメインの移管作業も難しいところはなく、WordPress初心者さんにやさしいレンタルサーバーですね!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。