過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

実体験から娘をパパっ子にする4つの方法を考えた 父親大好きな娘になってほしい

周りのママ友からは娘がパパっ子になって寂しいと聞きますが、私はパパっ子になってほしいと思っていました。

我が子2人(姉弟)ともパパっ子でしたが、父親(私の夫)が病死したため、生きていたとして今もパパっ子だったかは確認できませんが、夫の生前に私が工夫していたところを、パパっ子にしたかった理由も添えて書きました。

広告
 

パパっ子にしたい理由:実父へのお詫び

私がパパっ子じゃなかったんです。

今一番申し訳ないと思うのは、思春期に避けたことです。
お父さん、本当にごめんなさい。

大人になって、一緒に出掛けたりできるようになったので、ちゃんと謝らなかったけれど、今でもきちんと謝るべきだったと思っています。

あれは10歳の時でした。何なんでしょうね?
ある日いきなりなんですよ。

それまで普通に話したり、お風呂もまだ一緒に入っていたくらいなのに、ある日突然、
「父さんの隣にいるのもイヤ!!」
という、究極の結論に達してしまい、その日から距離を取るようになりました💧

今大人・・・というか子どもが2人できて、アラフォーになって思うのですが、きっと当時の父さんはわけもわからず娘に距離をあけられて辛かっただろうな・・・

最近では「遺伝子レベルで娘は父親から遠ざかるようになっている」とか、「ホルモンの関係で・・・」とかいった意見もありますから、正常だったのかもしれませんけど。

ちなみに私の母さんが、父さんの悪口を言って、私が父さんを嫌いになるようにコントロールしていたといった怖いエピソードはありません。
普段怒らない母でしたが、父に悪態をついたら怒ってくれました。

ただ、家族といえども清潔感は重要です。
ずっと忙しかった母さんには言えませんが、もうちょっと父さんの清潔感には気を配ってあげた方がよかったですね。

肉体労働系の仕事だったので、「お父さんは臭い、汚い」はあてはまっていました。

それだけ家族のために汗水たらして働いてくれていましたが、子どもだった私にそこまでの想像力はありませんでした。

だから、お父さん、本当にごめんなさい。
お父さんは、いいお父さんでした。
育ててもらってありがとうございました。

広告
 

自分の娘には父親(私の夫)を嫌いになってほしくない

こういった教訓をいかし、娘には父親を嫌いになってほしくない思いが強かったので、娘を出産したときからパパっ子になるにはどうしたらよいかずっと作戦を考えていました。

父親との関係は、娘の将来の結婚観にも関係するかもしれないと思いましたし。


これが私の、娘に「お父さんイヤ!」って言わせない作戦です。

1、言葉が通じる幼少時代から父親に悪態をついたら私が激怒

できれば逆に私に悪態をついたら、主人にも子ども達を叱ってほしかったー

2、お父さんといた方がラッキーと思わせるように、基本的に私はおやつをあげない

私にねだっても子ども向けのおやつは出てこないと学習した子ども達は自然と父親になつく。
おやつは捕食なので、私はおにぎりとかパンくらいしか渡しませんが、父親にはそんな制限はないので、素敵なおやつが出てくる。

3、家族間といえど、清潔感には気を付けてもらう

これたくさんありますよ。
年中汗臭いとか、脱いだ靴下その辺に置くとか、水虫とか、頭ボリボリかくとか、パンツ一丁で歩くとか・・・
(すみません、夫や実父がすべてあてはまっていたわけではないですよ)

4、思春期前から、大人扱いまではしなくていいけど、女性だと思って接してもらう

10歳ぐらいって、まだまだ子どもでかわいいけど、しっかり女性だと思った方がいいです。頭なでるとか、手をつなぐとか、本人から手をつないでくれば別ですけど、お父さんからはやめた方がいいです。
間違っても体の変化について直接本人に言ったりしたらダメです。
「お父さんイヤ!」どころじゃすまないかも。

1番と2番はパパッ子にする方法でもありますね。

いろいろ書き出して気づきましたが、
結局は母親を味方につけるが1番得策
ではないでしょうか。
あくまで私の実体験から導き出した作戦ですが、娘は父親によくなついていました。

思春期を迎える前に父親とは他界してしまったので、確認のしようがない事がくやしい(苦笑)

 

今、亡き夫に思う事

それにしても、私は早い段階から、娘をパパっ子にする作戦を考えていたのに、一番力を注いだはずの娘の思春期になる前に先立ってしまうなんて。

日本の男性の平均寿命は80.98歳(厚生労働省平成28年簡易生命表の概況のページより)だというのに、いったい我が家はどうなっているんだか😭

近年、私は子ども達に「母の日」を祝ってもらっています。

父の日をろくに祝ってもらった経験もないまま先立ってしまったので、主人には申し訳ない気持ちになります。

父の日は気づかないふりをしていましたが、今年はお供え物を増やしてみます。

人それぞれ、死に対する思いは違いますよね。

私は自分の父の死より、主人との死別の方がずっと辛いです。
子ども達からみた、父とのエピソードはもっと気持ちが晴れてから書き出してみます。

 

お化けになった父さん人のイラスト


本日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

広告