過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

ついに到着、超シンプルAIロボットみまもりロボットGPS BoT 体験前比較検討レポート

「みまもりロボットGPS BoT」の事は、ご存知ですか?
キッズケータイGPS機能で、位置把握できる事は広まっておりますが、GPS BoTGPS機能だけの商品です。
最近はとても人気のようで、我が家に到着するまで1か月以上かかりました。

今回は購入に至った経緯をまとめました。
定期的に体験レポートを出したいと思います。

みまもりロボットGPS BoTの写真

 

広告
 

 

みまもりロボットGPS BoTとは

GPS(システムグローバルポジショニングシステム)を利用した、大変シンプルなAIロボットです。

ここはBoTの画像がたくさん見れる、公式ページを見ていただいた方が、はるかにわかりやすいと思いますので、リンクをはらせていただきました。
私は体験談に徹します(汗)

「みまもりロボットGPS BoT」を作ったBsizeはこちら🔻

www.bsize.com

我が家がGPSに求めるもの

なにかと物騒な世の中です。
小学校までは20分以上と距離もあるので、我が家の子ども達にも防犯を考えて、前々からGPSを持たせたいと考えていました。

私の希望

  • 音やバイブレーション機能がない
  • 電話機能、メール機能がない
  • シンプルで小型
  • 低価格

 登下校で使いたいので、入れる場所はランドセルになります。間違っても音やバイブレーションが鳴ってしまっては困ります。
習い事などで連絡が取りたいときは、私のサブケータイを渡しているので、GPSに電話機能も、メール機能もいりません。
そして、子どもの気をひくデザインは、長女が絶対いじって学校で取り出すのでダメです。
端末本体が安かったとしても、月額利用料が高いと、やはり二の足を踏みます。

 

他に比較検討したGPS

他に比較したGPSサービスの簡単な説明です。

ドコモ、auSoftbankキッズケータイ

料金自体は低価格(月額料金500円前後)に設定されていますが、私にとっての余計な機能(電話・メール)が多く、さらに子どもらしいデザインのため諦めました。

ココセコム(セコム)

  • 月額利用料900円(税別)
  • 重さ53g
  • 位置情報を検索できる
  • 緊急ボタンを押すと、セコムが現場に来てくれるという「かけつけサービス」がある
  • 通話、メール機能はないが、保護者から端末へ信号を送ることができる。

まもるっく(アルソック)

  • 月額利用料1100円(税別)
  • 位置情報を検索できる
  • 緊急ボタンを押すと、アルソックが現場に来てくれるという「かけつけサービス」がある
  • 内臓センサーで一定の条件をみたすとアルソックに自動通報できる
  • 機能を限定した電話機能がある

どこ・イルカmini(株式会社ユビキたス)

  • 月額利用料1490円(税込)
  • 重さ67g
  • 登録エリア外に出ると保護者のケータイにお知らせがくる
  • 位置情報を検索できる
  • 警報ブザーを入れると、緊急通報メールが保護者の携帯に届きます
  • 端末への呼び出しボタンがついている

※月額利用料は最低減必要な金額です。各サービスでレンタル対応の機器もあります。


ケータイ以外で子どもに持たせるGPS端末としては老舗のココセコム、まもるっく、どこ・イルカminiも検討しました。

どれもデザインはシンプルで、防犯を優先した機能になっております。
別料金の緊急時かけつけサービスなども大変魅力的です。
どこも初期にかかる費用が高めという事と、月額利用料も年単位で考えるともう少しお安く上げたいので諦めました。

番外編として、『格安SIMを家で余っているスマホ端末にさして持たせる』という事も考えましたが、やはり3キャリアのキッズケータイ同様、子ども本人が気になってランドセルから出す可能性があるので断念。

ここまでを踏まえていろいろ検討した結果、「みまもりロボットGPS BoT」を選びました。
でも、3キャリアのキッズケータイ、ココセコム、まもるっく、どこ・イルカ、どれも名前の通った安心感のあるサービスであることは間違いありません。

広告
 

みまもりロボットGPS BoTを選んだ理由

私の希望には大変あっています。
見た目は小さくて四角いブロックのようで、とても子どもの気を引くデザインではありません。
重さは46g、充電するためのポートと充電ランプしかありません。
とにかくただランドセルに無音で存在し、定期的に位置情報を受診し、指定の場所をすぎると登録しているスマホのアプリにプッシュ情報が流れるというシンプルなものです。
追加料金なしで複数台のスマホを登録できます。
(父親のスマホも母親のスマホも追加料金なしで位置情報をプッシュ通知してくれるという事です)
そして、最も魅力的なのは料金です。
本体価格は4800円(公式ホームページからの購入の場合)、月額利用料480円、ともに税別です。
初期費用は4800円+480円+350円(送料)に消費税をあわせ、約6000円で始められます。

みまもりロボットGPS BoTの写真

みまもりロボットGPS BoTを選んだ際に心配に思う事

我が家にとってはぴったりだと思う商品ですが、一番の心配はまだサービスが開始されて間もない事です。
使用を始めてからのトラブルなどは未知数でサポートはどうなのかな?
でも、期待をこめて選びました。

 

2017年4月11日の『ガイヤの夜明け』で新商品として紹介されました。
放送は観ていないのですが、ガイヤの夜明けのサイトのバックナンバーで1記事としてアップされています。
それからは様々なテレビや情報誌に紹介されています。
くわしくはBoT公式ページのTOPICSに時系列で載っています。

サービスが始まってから日の浅い商品なので、口コミが少ないなーっと思っていましたが、App Storeや、Google Playのアプリ(Bsize BoT)の商品レビューも大変参考になりますね。
購入前に気づいておきたかった(苦笑)

テレビの紹介などで人気がアップしたようで、現在は購入から発送まで、時間がかかるようです。
私も5月中旬に注文し、届いたのは最近でした。

Bsizeからの注文確認メールにも、到着まで4〜5週間かかる旨が書いてありました。
6月の上旬にも「発送に関する大切なお知らせ」という題で、商品到着が今時期になる事のメールがありました。
丁寧な印象ですね。

今回は長々と「みまもりロボットGPS BoT」を選んだ経緯をつづってしまいましたが、今後は定期的に純粋な使用感をレポートしたいと思います。

本日も読んでくださり、ありがとうございました。 

今までに書いたGPS BoTの体験談の記事

関連記事

 

広告