過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

放っておきたいのに、放っておけない。憎たらしいのに何よりも大切。他人の子のしぐさはほほ笑ましいのに、わが子はハラハラ。まだまだ子育て真っ最中。その場は怒って泣いてと激しいですが、振り返れば笑い話。心配性なアラフォーシングルマザーが子供たちと格闘する日々をつづった雑記ブログです。あと、趣味のイラストを少々。

「2018年上半期」卯野ハンナのベストショット  注意)爬虫類苦手な人は注意してご覧ください

今週のお題「2018年上半期」

広告
 

今週のお題は「2018年 上半期」という事ですが、上半期がどうというよりは、この上半期で自分なりにレア度が高いベストショット2点を紹介します。
この2点っていうのが素人っぽいでしょ(笑)

ブログを始めたいなーっと思ったころから、おもしろい写真が撮れれば、ブログに載せたいと思っていました。

まず初めはこちら

手乗り蛙の写真

この季節なので、かわいい子蛙だらけです。

基本はすぐに逃げてしまうけど、おとなしい子蛙発見!
左手に載せて、右手で見事にシャッターを押せました。
指つりそうでしたけど。

・・・若干ピンボケなところがまた素人。

うちは長男が蛙大好きなので、よく探しています。
長男はかわいいと思っているんですけど、蛙は命がけですよね・・・

子どもは力の下限がわからないので要注意です。
特に、中指・人差し指・親指の3本で蛙を持ってはいけません。
心優しいうちの息子も危うくつぶしかけました。
無事に池を泳いでいってくれてよかった。

てのひらに乗せて、反対の手をかぶせてあげる・・・で正解でしょうか・・・

ここで「手乗り蛙」で検索かけたら、意外とヒットした記事が多く、動画まであって、レアじゃない!!という事に気づいたので、次の1枚

指乗り蛙の写真

指乗り蛙はきっと少ない。
しかもこの写真はぼやけてない!!

この子はまだしっぽが少し残っているので、蛙になったばかりのようですね。
日本アマガエルの子蛙です。
え、なぜわかるかって・・・写真2枚とも子蛙の顔に、目から鼻にかけて黒い線が入ってます。
日本アマガエルの特徴です。

こうやって親子で手にのっけてますが、さすがに2センチ越すと「もういいかな」という気分になります。

虫が苦手なので、子蛙くらいは息子に付き合っています。

蛙好きな長男と蛙のイラストはこちら🔻

www.hobowarai.com


以上、卯野ハンナの2018年上半期ベストショットでした。
本日も読んでくださり、ありがとうございました。

広告