子どもがクレジットカードを魔法のカード、ATMをお金をくれる箱だと思っていて、恐怖にかられた話

私はクレジットカード歴15年以上のクレジットカードヘビーユーザーです。

日常の生活でクレジットカードで支払えるものは、すべてクレジットカードを使います。

クレジットカードヘビーユーザーって、もしかして聞こえが悪いですか?意外と大丈夫ですよー。

現在は楽天ゴールドカードにここ1年で変えたので年会費を払っておりますが、それまでの約14年間は年会費が一定金額を使う事によって無料のカードでした。

一括払いしか利用しない、キャッシングは利用しないといった一定のルールの上で使っているので、今のところトラブルなく利用しています。

ちなみに昨年楽天ゴールドカードに変えてからの1年間のポイントは約55000ポイントでした。(普段使い以外に、楽天での買い物、楽天銀行の利用などを総合の上です)

昨日書いたクレジットカードの使いすぎを防止の記事はこちら🔻

子どものびっくり発言

こんな感じで日常のありとあらゆるところで、クレジットカードを使う生活をしていると、自然と子ども達の前でもカードを出すことが増えます。

ショッキングなことが起きたのはそんな時、ある高額な買い物を検討中の事でした。

うちの家計のどの予算から引っ張ってくるか、何か月で貯めて、いつごろ購入するかを悩んでいると、子ども達からこんな言葉が・・・

娘(姉)「母さん、カードで買えばいいんじゃないの」

私「???」

息子(弟)「箱からお金をもらってきたらいいんだよ」

私「!!!」

何の話かと思っていたら、どうやら我が家の子ども達はクレジットカードをなんでももらえる魔法のカード、ATMをお金をくれる箱だと思っていたようで、青ざめました。

子ども達のクレカとATMのイメージがやばかったイラスト

そうえいばクレジットカードも銀行も説明したことがなかった・・・

このままでは金銭感覚のおかしい子になってしまうかも。

という事で、さっそくクレジットカードについて説明。

クレジットカードを持つことで、お金をたくさん持ち歩かなくて済むことや、カード会社が立て替えてくれて、1か月分をまとめてカード会社に払っている事や、お店がカード会社に手数料を払う事で、カード会社のもうけになったりと・・・

そして、1番重要な「結局は自分のお金で払っている」という事をよくよく説明しました。

子どもが喜ぶおすすめのお金についての本

のシリーズわかりやすくて好きです。他にも整理整頓や、時間の使い方が特に私のお気に入り。

絵柄がかわいくて、漫画ですけど、子ども達も繰り返し読んでいます。クレジットカードの説明は少ないですけどね。

お金の事は全然親から教えてもらった事ありませんでした。

いろいろ無駄遣いして痛い目にあって今があります。子ども達もほどほどに痛い目にあって覚えていけばいいのでしょうけど、せっかくFP3級を取得したり、節約について考えたりしているので、少しは近道を教えてあげたいです。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

朝小新聞公式サイトでは只今「秋から読もうキャンペーン」を実施中!
2019年11月25日までに申し込むと得点があります。
ぜひチェックしてくださいね!

ふりがなつきで、勉強とニュースに強くなる
毎朝発行 朝日小学生新聞

\公式サイトで購読のお申し込み/

朝日小学生新聞