過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

夏休みの自由研究、低学年におすすめはこちら。親子の夏の思い出づくりにも最適!

恐怖の夏休みに入りましたね。

自由研究って最後に残ってしまいがちではありませんか?
低学年なら手を出さないとか。
自分の子どもの頃がそうです。

私は勉強が全体的に嫌いだったので、8月30日、31日は泣きながら1人で宿題をやっていたクチです。

親子で自由研究に取り組むイラスト

広告
 

低学年から自由研究にチャレンジする
メリット・デメリット

我が子の場合は、小学校低学年から自由研究に取り組んできましたが、毎年親子で良い思い出になっています。

1日でできる自由研究もたくさんありますが、せっかくの夏休み、数週間にまたいで観察日記や記録をつけると、そのテーマについて調べたり、本を読んだりと、親子でとても勉強になります。
自由研究に観察日誌や記録日誌をつけるとなると、始めるなら今なんですよ。

県の自由研究の作品展示会でも夏休み前からの長期間にわたって記録されているものを多く見かけました。

多少手間はかかりますが、一緒に楽しめそうなものを選んでみると、小学校中学年くらいからは、自分でやりたいものを言ってくるようになりました。

苦手意識が出やすい年齢に入る前の低学年でチャレンジしてみるメリットとして、私はこの点をあげます。

こちらのベネッセのサイト、自由研究探しにぴったりですのでリンクをはらせていただきました。
ベネッセの自由研究のサイトはこちら🔻
自由研究のテーマがもりだくさん!小学生・中学生をお持ちの保護者様向けの宿題解決策特集

ベネッセのサイトを発見したのは最近で、今年はすでに始めているので、テーマ選びは来年度から参考にしますが、まとめ方や励まし方など、とても分かりやすいです。

低学年から自由研究をする最大のデメリットは親の手間ですね。
準備からまとめまで横について手伝うぐらいの気持ちでやっていました。

写真1枚張るのも説明文と違うところに貼っちゃうし。
これ自分で文章書いたんだよね?
なぜ写真の違いに気づかない??
しかもこんなに頑丈に貼りおって💢

低学年なんてこんなもんです。
うちの子だけって言わないで😭

でも夏休みに親に自由研究を時間をかけてみ見てもらえるなんて嬉しいと思いませんか?
私は特に放任で育ったので、我が子ながら子ども達がうらやましいですよ。

広告
 

おすすめ自由研究

私のオススメは、植物か生き物ですね
植物はタネを植えて、2週間くらいで収穫までできる、野菜がいいです。
花もいいですが、野菜の方が収穫後に食べれるので喜びも格別!!
今は便利でそういったキットがたくさん売っているので1つ購入してみると簡単です。

たとえば楽天市場で見つけたこちら🔻

毎日育つものは子どもも目を輝かせて観察します。


生き物は、ダンゴムシは大変捕まえやすいですね。
1匹ではつまらないので、数匹が10匹くらいで違いを観察できて楽しいそうです。
来年あたり予定しています。

蝶の卵か幼虫を見つけて飼育するのも、意外と成長が早いので毎日変化して面白かったです。

毛虫をつかまえてどんな蛾になるか観察した友人もいました。

蝶の卵を見つけてきた時は、なかなかサナギから蝶にかえらずに夏休みが終わりそうで焦りました。
なんとか残り1週間というところで羽化してくれたので、間に合いましたが。

1日でできる自由研究も数多くありますが、せっかく40日あるで、2週間~3週間で観察して、1週間でまとめるとステキな作品になります。

低学年のお子さんが自由研究を1人でまとめるのは難しいので、まとめるだけで、最低でも3日くらいは時間をとった方がいいです。

このころはチャレンジした気持ちが大きく評価してもらえるので、無理せず、とにかく写真を多めにとって、時系列に並べて、コメントを書いていけば十分素敵な観察日誌ができます。
※すみません、あくまで楽しむがモットーです。賞を取りたいとなると、毎回小さい賞はいただいておりますが、この方法は確実ではありません。

はじめての自由研究なら、保護者が半分は手伝うと思っていいです。

親子で取り組む夏休みの宿題なんて、私の子供の頃とはだいぶ違いますよね。
親が半分も手伝うなんてそんなのずるいーとか、そのままやらない子にならないの?と思うかもしれませんが、私は夏休みの親子の良い思い出になる方が重要だと感じます。

勉強って、特に小学生のうちは楽しくやった方が得ですよ。
楽しくないものなんて続かないですから。

だからうちの子は、自由研究は楽しんで取り組みますし、次は〇〇がしたいと希望を言ってくるようになりましたが、漢字練習の宿題は大嫌いなので、泣きながらやっています。
漢字練習は本人がやるしかありませんからね。

旗から見ていて、これでは漢字を覚えるはずないよね・・・と思います。
漢字に対しては別の機会にプリントを使って覚えるようにしています😅

最後に

今日は低学年から自由研究をはじめて、親子の楽しい思い出作りをおすすめした記事となりました。

出来上がった作品って宝物ですよ✨
久しぶりに過去の観察日誌を引っ張り出すと、親子で頑張ったなーって。
蝶の幼虫の写真にげんなりもしますが。
本当は虫嫌いなのに詳しくなっちゃって💦

以前の作品でも、夏休み近くになると、学校から「資料として見せてほしい」と言ってもらったら、子どももさらに喜びます。

夏の親子の思い出作りに、自由研究、イチオシです。

本日も読んでいただきありがとうございました。

広告