子供を読書好きにするポイント5つ 親が読書家じゃなくても大丈夫!

この記事は約3500文字です。1分で500文字を読むとしたら7分くらいかかります。

子供を読書好きにするポイント5つ

我が子2人を「本好きな子供にさせる」ことに成功した卯野ハンナです。

「子供を読書好きにしたい」たまに耳にするフレーズです。

読書好きな子供は、語彙力があるとか、国語の成績がいいとか、そう言った理由をあげる方が多く、子供を読書好きに誘導する本まで出ています。

私も子供たちを見て、勉強以外の日常生活においても読書が好きな子供はメリットが大きいと強く感じます。

ちなみに私も読書はしますが、子供たちほどではありませんし、基本的には情報収集のためだけに読みます。

本は身近な場所に置いていますが、私が読む姿を子供たちに見せることはありません。楽しみとして読むのは漫画本。あとイラストが好きなので絵本は好きです。

ですから親が熱心な読書家ではなくても、子供を読書好きに誘導することは可能です。

この記事でお伝えする内容↓

  • 本好きにさせるためには環境作りが大切!そしてその環境とは?
  • 子供をゆるく読書好きにするポイント5つ
  • 子供が読書を嫌いになるポイント3つ

について書きます。

目指すは押しつけることなく子供が読書を楽しいと思えるような誘導です。

より小さいうちから環境作りをしてあげた方が読書習慣が定着しやすいのは言うまでもありませんね。

学力向上だけではなく日常生活において、子供が本好きだとメリットがたくさんあることについては日常生活での子供の読書好きによる効果 小学生の読書習慣はメリット大でまとめています。

子供を本好きにさせるには環境作りが大切!そしてその環境とは?

子供を読書好きにさせたいなら、本以外に面白いものが見つかる前に『本は面白い』ということを教えてしまうのが一番早いのではないでしょうか?

世の中には面白いもので溢れています。

動画もゲームも日々新作が出て、面白いのは間違いありません。私も20代のころは夢中になってゲームで遊びました。

本当に面白いのは確かなので、ゲームを否定するつもりはありませんが、子供を本好きにしたいなら、ゲームの前に本を渡した方がいいです。

ですから環境が大切だということです。

もしすでにお子さんが熱中しているものがあるのなら、ここはとばして次の『これから子供をゆるく読書好きにするポイント5つ』を見ていただいた方が参考になります。

ゆるくが最大のポイントです。無理強いしても親子ともにいいことはありません。

日頃から本や新聞などが身近にある環境で、それ以上に興味をひくものが無く、さらに本を読むと自分にとってメリットがある環境をつくってあげると自然と本や文章に目がいくようになります。

子供本人にとっての本を読むメリットとは↓

  • 本を読む=楽しい・面白い
  • 本を読む=褒められる
  • 本を読む=自分にとって得

というように『何かしら本を読むことでラッキーなことがある』と思わせられるかどうかです。

とくに小さいうちから本が好きな場合は『勉強のために本を読もう』なんて気はありませんから、ただただ本が楽しいか面白いか・・・遊びの一環として見ているはずです。

我が家の子供たちが未就学児のころから読書好きになった生活環境↓

  • 読書をしていると褒められる
  • 図書館をよく利用する
  • 幼児期は読み聞かせをしていた
  • テレビをあまりつけない
  • スマホ、ネット、ゲームがない環境

勉強云々はおいといて、私自身も子供たちには本が好きな子に育ってほしいと思っていました。

理由は本を読むことで得られるメリットは本当に大きいので。

ですから長女(上の子)が本を見ていたら褒めました。絵本をめくるようになったのは1歳半くらいだったと思います。

読み聞かせはやはり有効です。短い時間でもできるだけ毎日読むようにしていました。

子供に本を選ばせると同じ本ばかり持ってきて苦痛だったので、子供本人が選んだ本を1冊、私が選んだ本を1冊。時間があれば他に数冊読んでいました。

同じ本を何回でも読める方は、子供の要望に応えてあげた方がいいです。

図書館はよく利用しています。図書館によって特徴があるので、数か所を使い分けています。

家には常に図書館で借りてくる本が20冊ほどある状態です。

環境についていろいろ書きましたが、読書好きになった一番効果的なポイントは『本を読むとほめてもらえる環境』です。

私だけが読書に対してほめるのではありません。

  • 保育園で本を読んでいると褒めてもらえる
  • 小学校で本を読んだ数が多いと褒めてもらえる
  • 電車の中で本を読んでいると年配の方に褒めてもらえる

家の中でも外でも本を読んでいると嬉しいことがあると小さいうちから刷り込まれています(笑)

こうして「本を読むと楽しい・面白い」と思う波に乗れれば、あとは勝手に本を読み漁るようになります。

2人とも小学生になった今でも本が大好きです。活字の本も、漫画の児童書もよく読みます。

子供新聞も定期購読して2年以上になり、さまざまなジャンルの知識が増えました。家庭学習にも活用しています。

小学生の家庭学習に子供新聞を活用するおすすめポイントは『小学生の家庭学習に子供新聞を活用 続けやすく面白いからおすすめ! 』で書いています。

これから子供をゆるく読書好きにするポイント5つ

子供を読書好きにするポイント5つ

  • 家庭内にも身近なところに本を置いておく
  • 本から問題を出して、子供とコミュニケーションをとる
  • 読書している姿を見たら褒めちぎる
  • 読み聞かせをする、または子供の近くで音読する
  • 本を選んであげるなら、年齢よりも少し低い本を渡す

ここはゆるく読書好きを目指すポイントです。

親としては学力向上のために本が好きになってほしいと思うかもしれませんが、今何か面白いことがある場合は、いきなり環境を変えても子供にうまく伝わりません。

とにかく本の面白さを伝える必要がありますよね。

家庭内にも身近なところに本を置いておく

まずは家庭内の子供が目につきやすい場所に本を置き、少しでも本をめくる姿を見たら褒めちぎります。

※4年生くらいになると褒められることで逆に本を触ってすらしてくれなくなるかもしれないので、そこはお子さんの性格により本を置いておくだけの方がよい場合もあります。

本から問題を出して、子供とコミュニケーションをとる

手の届くところに本が置いてあっても全く興味をしめしてくれない時は、ゲーム感覚で本からクイズを出してみてください。

これは子供新聞を読み始めたころに我が家で取り入れた方法で、長女は私とクイズで遊びたいからあっという間に新聞を熱心に読むようになりました。

絵本や児童書を用意して、本を読めばすぐにわかるような問題をいくつか出します。正解したら褒めます。

読み聞かせをする、または子供の近くで音読する

現在、2人とも小学生になって思うことは、小学生になってもやはり読み聞かせは有効です。逃げられない状態の時に勝手に読みますが、静かに聞いてくれます。

逃げられない状態の時とは、食事中や、おやつの時などです。私の方が子供たちより食べるのが早いので、食べたら聞かせたい部分だけ読み聞かせ・・・というか音読をします。

あとからその本に興味をもって子供が手に取って読みだせば大成功!(失敗するときもあり)

『食事中の読み聞かせ』、マナー違反と言われると言い返せませんが(汗)

本を選んであげるなら、年齢よりも少し低い本を渡す

例えるならば、これから本好きにしたい小学校4年生のお子さんに本をに渡すなら、小学校2年生ぐらいが喜ぶ本を渡す。

文字がたくさん並んでいるだけで見るのが嫌になってしまうお子さんもいるので、実年齢より少し低い本を選んであげるのがポイントです。

もし本選びに迷う場合は、年齢を指定して、定期的に本が送られてくるサービスを利用するのもおすすめです。

WORLDLIBRARY Personalは毎月世界各国の絵本が届きます。1歳3ヵ月から7歳までが対象です

WORLDLIBRARY Personal(ワールドライブラリーパーソナル)
月額1,000円(税別)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。

子供新聞も、毎日または週1で届き、ジャンルも豊富でおすすめです。
我が家は朝日小学生新聞を定期購読しています。

朝小新聞公式サイトでは只今「秋から読もうキャンペーン」を実施中!2019年11月25日までに申し込むと特典があり
朝日小学生新聞|公式サイト
朝日小学生新聞(毎朝発行・カラー8ページ・月ぎめ1,769円)

子供が読書を嫌いになるポイント3つ

子供を読書好きにするポイント5つ

  • 本を読んだ後に感想を聞きすぎない
  • 全部読ませようとしない
  • 読み聞かせをした時にちゃんと聞かせようとしない

やはり勉強と一緒で読書が楽しいと思ってほしいので、本を読むたびに「この本について話し合いましょう」というオーラが出ていたら嫌ですよね。

よく図書館を利用しますが、まとめて10冊くらい借ります。子供たちはペラペラめくって終わりの時もあるし、集中して読みふけることもあるし、いろいろです。

幼児期に読み聞かせをして感じましたが、意外と聞いてないようで子供は聞いています。知らないうちに暗記していることもありました。

「ここに座ってちゃんと聞きなさい」とかしこまらない方が聞いてくれます。

最後に

最後にもう1つ、子供が本好きでよかったなって思う事は、やっぱり読書は楽しいです。

いろんなお話の世界を想像できたり、知らなかった事がわかったり。

学校に通っている時期は、外の世界のすべてが学校になってしまうんですよね。だから学校で嫌な事があると、本当に凹む。

子供たちにはお守りがわりに、「もし学校でお友達とうまくいかなくて、一緒にいるのが辛くなったら、図書室の本でも読んでいたら?」と伝えてあります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい関連記事

日常生活での子供の読書好きによる効果 小学生の読書習慣はメリット大

朝小新聞公式サイトでは只今「秋から読もうキャンペーン」を実施中!
2019年11月25日までに申し込むと特典があります。

ふりがなつきで、勉強とニュースに強くなる
毎朝発行 朝日小学生新聞

\公式サイトで購読のお申し込み/

朝日小学生新聞