過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

放っておきたいのに、放っておけない。憎たらしいのに何よりも大切。他人の子のしぐさはほほ笑ましいのに、わが子はハラハラ。まだまだ子育て真っ最中。その場は怒って泣いてと激しいですが、振り返れば笑い話。心配性なアラフォーシングルマザーが子供たちと格闘する日々をつづった雑記ブログです。あと、趣味のイラストを少々。

子どもが読書好きだと子育てが楽に感じる。我が子2人が本好きになった理由

「子どもを読書好きにしたい」
たまに耳にするフレーズです。

よく読書好きな子どもは、語彙力があるとか、国語の成績が良いとか、そう言った理由をあげる方が多く、子どもを読書好きに誘導する本まで出ています。
そんな中で、子どもを本好きにするためのノウハウなんてお伝え出来ないんですけど、私独自の身勝手な理由で、子どもが読書好きだと、子育て楽だな・・・と感じた事が多いので記事にしました。

f:id:unohanna:20180729213552j:plain

広告
 

親(私)は読書好きなのか?

私自身の読書については、今は読書好きですが、子どもの頃はマンガ本しか読まない読書好きでした。

マンガを否定していませんよー💦💦💦
今でもマンガ本大好きですし、何より面白い、そしてもちろんマンガを描く方は間違いなく優秀な方々です。
最近は読んでいる時間が作れないのが残念でなりません😭

子どもが読書好きだと楽に思う点

話が飛びましたけど、子育てで、子どもが読書好きだと、楽だなと感じる点は以下

  • 空き時間は本を渡しておけば静か
  • 大人のランチ会に連れて行かざるおえない時、食後は本を渡しておけば静か
  • 本を読んでいればお互い干渉しないので喧嘩が起こりにくい(我が家は子どもが2人です)

ここまではゲームやスマホなどでも同じだと思いますが、ここからは読書である事が重要です。

  • 公共機関で静かに本を読んでいるとほめられる
    電車など移動中も本を読んで静かにしていると、優しそうなご年配の方が特にほめて下さるんですよー、本当にありがとうございます。
  • 学校でも読んだ本が多いとほめられる
    学校でも読書をすすめられますからね、読書量が多いだけで、これまた先生方がほめて下さるんですよ!!先生ありがとうございます。
  • わからないことも辞書、図鑑などを渡せば自分で読むので説明しなくて済む
    私、学生時代は本当に勉強嫌いで、今も嫌いなもので、子ども達に何か聞かれても答えられない事が多いんですよね。
    まあ子どもが聞いてくる事って生活全般いろいろですけど。
    そんな時、国語辞典、図鑑、地図あたりを渡すと、自分で調べたり、逆に調べて教えてくれたり助かるんです。
  • 自分の説明した事が本に書いてあると納得してくれやすい
    私のいい加減な性格を、子ども達はわかっているので、生活面で教えた事など、「母さんの言っていることは本当か???」的な顔します😅
    そんな時、私の説明が本に書いてあるものを探してきて見せると、すんなり納得してくれます。
    例えば、お片づけの仕方、ルールとマナー、防犯、性の話、お金の使い方・・・など
  • 図書館が大好きなので、休みの日のお出かけに図書館を選べだ大喜び(無料で私がラッキー)
    本が好きだと、もちろん図書館大好きです。
    週替わりで図書館を回ると子どもも大喜びしてくれるので助かります・・・お財布が。
    私も図書館好きなので、嬉しいですよ(汗)

いやー、改めて書き出したら、恥ずかしいぐらいに私のズボラな感じがバレバレですね。

広告
 

我が子2人が読書好きになった経緯

結果的に本が好きになったので、それほど私が心がけている事はないのですが、あげるとしたら下記

  • 読書をしているとほめてもらえる環境
  • テレビをあまりつけない
  • スマホ、ネット、ゲームがない環境
  • 図書館や本屋によく行く
  • 幼児期は読み聞かせをしていた
  • 子ども新聞をとっている

書き出したら環境が大きいですね。
私自身はたいした事をしていません💦

スマホ、ネット、ゲームに触る前に絵本は好きだったので、そのまま「読書好きになる波」にのったようです。

家にある本の量は、絵本と児童書、図鑑、辞書をすべてあわせても50冊程度です。
家も広くないので、本棚をきめて
「この本棚に入りきらなくなったら選んでサヨナラ(古本屋さんに出すか処分)しようね」
と伝えてあります。

たまに本好きのご家庭で「本だけは好きなだけ買い与える」という話を聞きますが、我が家はお財布事情も場所の都合も無理ですーー💦

それでも本が身近にあって、本を読むとほめてもらえる環境が一番なのではないかと思います。

もしこれから本好きにしたいなら

私は子どもが本好きだと、いろいろ便利だなーと思う反面、本が好きだから国語の成績が良いかと聞かれたら、娘は平均よりちょっといいかな・・・くらいです。

まだ小学生ですからね。
上にも下にもいくらでも変わると思います。

だから読書好きにした方がいいとは申しませんが、もしこれからお子さんに本が好きになってもらいたいと思うのであれば、次はいかがでしょう。

  • 読書している姿を見たら褒めちぎる
  • 図書館に行く
  • 家庭内にも身近なところに本を置いておく
  • 本を選んであげるなら、年齢よりも少し低い本を渡す
    (例:これから本好きにしたい小学校4年生の子どもにわたすなら、小学校2年生ぐらいが喜ぶ本を渡す)

たぶん子どもから嫌がられるポイント

  • 本を読んだ後に感想を聞きすぎない
    やはり勉強と一緒で読書が楽しいと思ってほしいので、本を読むたびに「この本について話し合いましょう」オーラが出てたら嫌ですよね。
  • 全部読ませようとしない
    よく図書館を利用しますが、まとめて10冊くらい借ります。
    子ども達はペラペラめくって終わりの時もあるし、集中して読みふけることもあるし、いろいろです。
  • 読み聞かせをした時にちゃんと聞かせようとしない
    幼児期に読み聞かせをして感じましたが、意外と聞いてないようで聞いているんですよね。
    知らないうちに暗記していたり。
    「ここに座ってちゃんと聞きなさい」とかしこまらない方が聞いてくれます。

最後に

最後にもう1つ、子どもが本好きでよかったなって思う事は、やっぱり読書は楽しいです。

いろんなお話の世界を想像できたり、知らなかった事がわかったり。

学校に通っている時期は、外の世界のすべてが学校になってしまうんですよね。
だから学校で嫌な事があると、本当に凹む。

子ども達には、お守りがわりに、
「もし学校でお友達とうまくいかなくて、一緒にいるのが辛くなったら、図書室の本でも読んでいたら?」
と伝えてあります。

でも娘はぶっ飛んだ性格をしているので、お友達関係は気にすることなく、1年生の時は休み時間ごとに原たかしさんのゾロリシリーズを読みあさっていたそうで、担任の先生が驚いていました・・・
逆に友達できないんじゃないかと心配になるよ・・・😭

一番はじめに強烈にくいついたのはゾロリです。
たまに「ゾロリばかり読んでいて心配です」といった内容を見ますが、今は魔女シリーズなど、いろいろ読んでいます。

親としては、どうせ読むなら言葉が綺麗な本を読んだら?と思いますが、マンガ本しか読まなかった私には何も言えません😅

以上、子どもが本好きだと、子育て楽だなーと感じた記事です。

本日も読んでいただきありがとうございました。

広告