過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

子どもが小学校に入学すると傘が壊れる(泣)あると便利な修理グッズ

子どもが小学校に入学すると、今まで保護者と一緒に管理していた物が、子どもの管理になる事が増えます。
そしてどうなるかというと、よく壊します・・・

もちろん個人差があって、壊さず長く使えるお子さんもいますが、壊す子はビックリするほど壊します。

我が家の娘・アンズも、傘だけはよく壊します(泣)

本日は、せっかく買った傘をあっという間に壊された私の怒りを書きます。
ウソです、我が家愛用の修理グッズを書きます。

広告
 

傘が壊れる原因

雨が降っていればまだいいのです。
本人たちも濡れたくないから、傘をさしています。

問題は曇りの日です。
ただ持っている時が一番危ない!!!

まずやんちゃなお子さんは振り回す!!
何度も見ています(苦笑)
子どもが毎日怪我せず帰ってこれる奇跡をもっと感謝せねばいけません。

ちょこっといたずらっ子の場合は、様々なところをつつきます。
あるいは、傘を引きずるのです。
アンズはこのタイプです(怒)

買って早々に傘の先の5センチくらいあった石突(いしづき)部分が半分になって帰ってきた時には、見た瞬間から恐竜に変身しました。
「傘が可哀そうでしょ!!!」

怒られて、やっと先が削れている事に気づくアンズです・・・

あちこちつつくので、持ち手までドロドロにして帰ってきたこともあります。
1年生ですけど、風呂場で自分で洗わせました(怒)

こういった感じに扱いが雑なので、傘も壊れます・・・


傘って意外と吟味して買いませんか?

・親骨16本は丈夫だけど重いかしら?
・透明な部分がある方が安心かしら?
・石突がとがっていたら危ないわね・・・
・長さは55cm・・・57cmは大きすぎかしら?
グラスファイバーって本当に丈夫なのかしら・・・

結局親骨8本のグラスファイバーにしましたが、こういった経緯をだどると、壊れたからといって簡単に「はい、次これ」とはいきません。壊すと凹みます。
ましてやいじくり倒して壊したとなったら激怒です。

傘が壊れやすい部位

こんな感じでよく傘を壊して帰ってきていましたが、アンズに傘を買ったのは今まで3本です。
多いとみるか、少ないとみるか・・・
1本は買って3日後に公共施設を利用して、傘立てに入れて置いたら持っていかれたので、これが無ければ2本。

一番よく壊すのは傘の親骨を折るです。
傘の骨折!!!

壊れた傘の写真

何度も修理していますが、傘の骨折がほとんどでした。

1回、つゆ先(傘の骨の先端)を直したことがあります。

修理しているから購入が3本ですんでいます。
親骨を折るたびに再購入していたら10本くらい買っているのではないかと思います。

我が家愛用の傘の修理セット

もう何度もお世話になっている、傘の修理セットがこちら

コジット 傘の修理セット🔻

 

傘の修理セット

つゆ先を直したりする場合は、糸や針も必要になりますが、傘の骨折を直すだけならペンチがあれば大丈夫です。

このセット1つで、つゆ先がとれた、石突(いしづき)が取れた、親骨が折れたなど、いろいろできますが実際にはほとんど親骨が折れた場合の修理ばかりなので、単品で購入するのもありかな・・・とも思います。

子どもの傘の骨折で使うならこちら(四ツ爪・三ツ爪)🔻

 

カラーは黒もあります。

四ツ爪と三ツ爪でどう使い分けるかというと、何度も修理していると、あとちょっとのところで四ツ爪の爪が引っ掛かって固定できない・・・という場面があるので、そのために三ツ爪があるのかな?と思っています。
使い分けの明確な基準は見つけられませんでした。

強度はやはり四ツ爪の方が安定する感じはあります。


この四ツ爪と三ツ爪を使った修理は簡単なので、このパーツにペンチがあれば5分ほどでできます。
あとは針や糸を使う作業も加わってくるので、ここまで来たら修理に出すか買い替えると決めていたら、四ツ爪か三ツ爪だけ単品購入しておく手もありだと思います。

広告
 

傘の骨折の治し方

実際に、最近やらかしてくれた親骨が折れた傘を四ツ爪で修理します。

傘の修理の写真

親骨が折れたところが真ん中に来るように四ツ爪を挟みます。
※つゆ先を外した方が、四ツ爪が差し込みやすい時もあり

傘の修理の写真

親骨を元のカーブに戻しつつ、四ツ爪の爪をペンチで内側に曲げて固定します。

あら簡単、親骨の骨折の修理完了です!!

コツをつかめば5分ほどで修理できます!!

傘の修理完了の写真

最後に

親骨の骨折程度なら、簡単に修理できます。
だからと言って傘を雑に扱っていい理由にはなりません。
毎回、傘の持ち方や扱い方を説明しています。
説明だけじゃなく小言も言いますが・・・

あわせて、長い傘は凶器になりえるという事も必ず伝えないといけません。
雨上がりの下校は、振り回して危ないと思うところを何度か見ています。
自分が振り回さなくても、振り回したのがあたる可能性もありますからね(汗)

1年生と、2年生の前半はよく親骨おりました・・・今回の修理は久しぶりです。

事故無く、お友達とトラブルなく、無事に帰ってきてくれる事にもう少し感謝しないといけませんね。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

 

広告