FP3級試験の難易度や合格率は?簿記3級より取得しやすい?

この記事は約3000文字です。1分で500文字を読むとしたら6分くらいかかります。

FP3級試験の難易度は?簿記3級と比較すると取得しやすい?

ファイナンシャルプランナー(以下、FP)3級を無事に合格した卯野ハンナです。

FP3級の資格に興味を持ったとき、

「難易度ってどのくらいかな・・・易しいといっても不合格者もいるよね・・・自分にとって易しいのか不安」

と思う方もいますよね。

ということで、この記事でお伝えする内容

  • 金融財政事情研究会(きんざい)・日本FP協会の合格者データからみる難易度
  • FP3級と日商簿記3級ではどちらが取得しやすいか?
  • FP3級は生活に役立ち、親しみやすい資格である理由

について書きます。

後半は私の体験談の要素が強いので、FP3級の試験内容がどのように日常生活に関係があるか具体例が知りたい方に読んでいただけたら嬉しいです。

FP3級試験対応の格安オンライン講座はこちらでご紹介しています。

きんざい・日本FP協会の過去の試験結果データからみる難易度

きんざいと日本FP協会の合格率のデータからもFP3級試験の難易度は高くありません。

FP3級には『学科試験』と『実技試験』がありますが、結局は両方ともペーパーテストです。

きんざいと、日本FP協会の最近の3年分(2017年1月~2019年9月分まで)の学科試験の合格率データを棒グラフにしてみました。

FP3級試験の難易度は?簿記3級と比較すると取得しやすい?

※きんざい・日本FP協会公式サイトの試験結果データを加工

実技試験についてはFP3級の実技試験は何をするの?に詳しく書いています。

学科試験に関してはきんざいと日本FP協会は同じ問題を使っています。

同じ問題にもかかわらずこれだけ違いがでるのは、それぞれの受験者のタイプの違いによるものが関係しているのではないかと言われています。

間をとったとして、学科試験の合格率は65%~79%くらいです。

この結果から国家資格の難易度として易しい試験であることがわかります。

あわせて読みたい関連記事

FP3級を独学で一発合格!おすすめテキストはどれ?

FP3級を独学で一発合格!勉強時間はどのくらいが必要?【体験談】

FP3級と日商簿記3級ではどちらが取得しやすいか?

日商簿記の3級も取得しています。両方取得した身からすると、簿記3級の方が難しかったです。

私が簿記3級を取得したときは結婚後で、子供が生まれる前です。今よりも時間があった時期でしたが、苦戦した記憶があります。

日商簿記3級の合格率データ↓

日商簿記3級受験者データ|商工会議所の検定試験

合格者データからもわかります。FP3級の合格率が65%以上なのに対し、簿記3級は高くて56%、低い年は20%台があるくらいです。

元から数字が並んでいるのを見るのを苦痛に感じない方は、損益計算書や貸借対照表などで数字がそろうとこの上ない達成感があり、楽しい資格でもあります。

しかし実際に勉強して思うことは、実生活で使う機会がある人はすくないのかもしれない・・・と思うところです。

仕事で使う方は別として、損益計算書や貸借対照表は自営業者なら知っていて損はありませんが、それ以外の方でしたら作成する機会がないので、取得するならそのために勉強することになります。

次に体験談を含めて書きますが、FP3級は実生活に役立つ知識が多いため、勉強をする際はなんとなく理解できる内容も多いはずです。

この理由から、FP3級と日商簿記3級ならFP3級の方が取得しやすい資格と言えます。

FP3級は生活に役立つ、親しみやすい資格である理由

FP3級試験の難易度は?簿記3級と比較すると取得しやすい?

出題される項目は6つ、ただ聞きなれない専用用語を使っているだけです。

自分の生活に置き換えれば、親しみやすい勉強内容だから、きっと楽しく感じるはず

出題される項目は以下の6つです

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスクマネジメント
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業継承

専門的な言葉で書かれていますが、実は自分の身近に関係することばかりです。

私は6項目のうち5項目は身近に感じる部分で、試験勉強も楽しかったです。私の体験を交えて書きます。

ライフプランニングと資金計画

特に家庭を気づいている方なら避けては通れない今後のお金についてです。

まず「家を買うお金」「子供を育てるのに必要なお金」「老後の生活をするためのお金」の事を3大必要資産と呼び、事前に資金を準備するための計画を考える・・・・

具体的な方法を試しているかは別として、みんな考えていることですよね。

『ライフプランニング』とか『キャッシュフロー表』とか言われると、「え、なにそれおいしいの?」となります。私です(苦笑)

ですが、自分の現状から今後の人生の中で、いつごろ、どのくらいの金額が必要で、その準備を始めるのはこの辺・・・、子供の受験がここで重なって・・・ローンの完全返済がいつで、といった事を視覚的にわかりやすくしていく作業です。

これがFPの立場だと、計画を立てるためにいくつかの係数を使って計算することになります。

ですから、ここを勉強すると非常に今後の人生設計で役立ちます!

何事も計画通りにはいかないのが人生ですが、計画変更も修正も見通しがつきやすいはずです。

私がこのFP3級を取得したのは夫が他界した後で、これからどうしよう・・・と悩む日々に勉強をはじめたので、大いに役立っています。

リスクマネジメント

大きくは『保険』についてです。

万が一のためにどんな公的支援があって、どんな保険に入っていると安心できるかです。

ここも生きていく中で、何かしらの保険に入っている方は多いはずです。

保険なんて商品がいっぱいありすぎてわからないよー(涙)と思っていましたが、ここを勉強することでわかることは多いです。

私の場合は

  • 自分の現状を知ることで、家庭に必要な保険はどれかがわかる
  • 保険に入りすぎて保険貧乏になっている
  • 実は必要な保険に入っていなかったと気づく

ということがわかりました。

この他、保険の知識が多少ついたおかげで『保険屋さんが新商品の説明に来る回数が減った・・・』と感じています。気のせいかな・・・?

金融資産運用

学ぶことは景気の指標や、インフレとデフレについてや、株式・債券・投資信託など、金融商品についてです。

私の資産運用の種類↓

iDeCoで投資信託

NISAで投資信託

ウェルスナビ

株主優待目的で株を所有

外貨建て保険

投資信託は積み立てで運用しています。毎月500円から利用できるものもあるので、合計で考えると少額です。

半分はFP3級取得前から運用しています。

アラサー、アラフォーくらいになると、資産運用を始める人も多いはず。

こういった方はこの項目はよりわかりやすく感じるはずです。金融商品のセーフティーネットや関連法規も学べるので、ますます投資に関する知識が増えます。

タックスプランニング

おもに所得税など、税金についてです。

私、現在自営業です。毎年青色申告に確定申告を申請しています。

会社員の方でも、医療費控除の申請や、不動産をお持ちの方は不動産所得を申告しているはずです。

全く確定申告をする機会がない方には難しく感じる項目かもしれませんが、毎年何かしら申告している人はより理解が深まる内容です。

不動産

不動産の登記、土地の価格、鑑定評価の方法などについてです。

ここは私が一番不得意なところです。理由は接点を見つけられなかったから。固定資産税ぐらいはわかりましたが、それ以外は一番勉強しました。

相続・事業継承

  • 法定相続人とは
  • 相続の承認と法規
  • 指定相続分&法定相続分
  • 遺言書について
  • 遺留分

人は絶対に死を迎えます。これこそ知っていて損のない項目です。

私、夫も父も他界しておりますので、この内容もすんなりつながりました(苦笑)

最後に

長々と自分の体験談を書き連ねてしまいましたが、FP3級試験の内容は実生活に関係している部分が多いと言えます。

特にアラサーやアラフォーの方は実生活でかかわる機会がある分、試験内容は理解しやすいと思います。

資格取得も目標の一つですが、今後の人生のためにFP3級の知識は必要です。ぜひチャレンジしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。