iPhone機種変更の体験談② 起動からプロファイルインストールまで

約2500文字:この記事は5分で読めます

SIMカードはそのままでiPhone本体だけ機種変更

iPhone歴6年、現在は3台目のiPhoneを利用している卯野ハンナです。

本日は格安SIMカードはそのままで、iPhone本体を自分で機種変更した方法の後編です。

アップルストアでiPhone7を新規購入し、SIMカードを差し替えたところまでを書いた記事はこちら↓

この記事でお伝えする内容↓

  • 自分でiPhoneを新規購入して機種変更するのに必要な環境
  • 旧iPhoneで使っていたSIMカードを差し替えた後の設定

について書きます。

今回は新iPhoneを、以前と同じように使えるまでにした設定の内容を書きます。

あくまで体験談ですので、一例として見ていただけると嬉しいです。

機種変更はWi-Fi環境で行った方がスムーズ

機種変更の一連の動作をしてあらためてWi-Fi環境で作業することをおすすめします。

今はいろんなところでWi-Fiが使えますし、個人のお宅でもWi-Fiを入れている方が多いので、当たり前に思うかもしれませんが、我が家はWi-Fiを入れていません。

バックアップのデータがあるのは有線環境の自宅のパソコン、しかし2ファクタ認証に決めたメールはSIMカードを抜いてしまった旧iPhone。

私の場合はクイックスタートを使わず、はじめからiTunesのバックアップを復元するつもりだったこともあり、自宅からWi-Fi環境まで移動するはめになりました。

はじめからバックアップをWi-Fi環境に持ち込んで作業すればよかったと後悔しています。

新iPhoneの起動と旧データをiTunesで復元

iPhoneのバックアップはパソコンを利用してiTunesという無料ソフトで保存する方法と、iCloudでオンライン上に保存する方法と2種類あります。

我が家はWi-Fiを家に入れていないので、通常のiPhoneのバックアップはパソコンでiTunesを利用して保存するようにしています。

iOS11から「クイックスタート」という機能ができました。

アプリなどの全部のデータを新iPhoneにコピーしてくれるわけではないので、私は初めからiTunesで保存したバックアップからデータを復元する事にしました。

新iPhoneを起動して「こんにちは」が表示されたら、国名を日本に設定するとネットワークを選ぶ画面に進み、Wi-Fiが無いので「別のネットワーク選択」をタップすると、「iTunesに接続」が出ました。

パソコンでiTunesを起動した状態でケーブルを指すと、iTunesから「復元しますか?」と表示されるから復元を進めます。

バックアップをとるときに「バックアップの暗号化」をしているので、パスワードをここで入力しました。

旧iPhoneのデータを必要最小限にしていたせか、スムーズに復元できました。

SIMカードはそのままでiPhone本体だけ機種変更

さあ、これで使えるのかしら?と思ったら、Apple IDを求められるので、入力。さらに2ファクタ認証を求められました。

旧iPhoneで2ファクタ認証のコードを確認し、無事に新iPhoneに入力して使えるようになりました!

アプリはそのまま、メールのデータ、連絡先も入っています!

2ファクタ認証は本体の電話番号以外を登録するか、機種変更は解除した方がスムーズ

2ファクタ認証はセキュリティ上とても大切ですが、次回自分でiPhoneを機種変更するときは

  • 2ファクタ認証を受け取る端末を本体以外に設定する
  • 機種変更の際は一時的に2ファクタ認証を解除する

といったような対策をとるとスムーズに機種変更できそうです。

現在は2ファクタ認証を受け取る端末を本体以外にしています。

2ファクタ認証を解除するにはiPhone本体の「設定」アプリではできず、ブラウザからApple IDにログインして行わないと解除できないので、手間がかかりますね(汗)

プロファイルが復元されず、インストール

2ファクタ認証をクリアして、新iPhoneにサインインでき、晴れて機種変更が完了したかと思いきや、写真のデータや連絡帳はしっかり復元できているのにメールが旧iPhoneしかできません。

iTunesのデータ復元ではプロファイルは復元しないのか?

プロファイルが入っているなら「設定」→「一般」→「VPN」の下に「プロファイル ○○○○」と表示されるのです。

私の場合はmineoのauプランのプロファイルが入っていました。

新iPhoneにはプロファイルが入っていないので、この項目がありません。

SIMカードはそのままでiPhone本体だけ機種変更

mineoに加入時にもらった、「mineoご利用ガイド」を見ながらmineoのプロファイルをインストール!

マイネオご利用ガイドの写真

プロファイルをインストールしたら、メールも使えるようになりましたし、Wi-Fi以外でもネットがつながるようになりました。

この他にアプリによってログインが必要なものがありましたが、やっとiPhoneの機種変更が完了です!

プロファイルのインストール方法は、各キャリアやMVNO(格安SIMを販売する会社)によって違うのでホームページなどで確認した方が良いです。

mineoは多くの方に選ばれて顧客総合満足度第1位

最後に

書き出すと山あり谷ありのようですが、時間にしたら3時間ほどです。

感想としては「意外とやってみれば何とかなるな!」といったところです。

Wi-Fi環境のご自宅で、SIMカードの差し替えや設定をすれば、1時間ほどで終わる作業だと思います。

iCloudでバックアップをとればiPhoneだけで作業もおわりますね。なんせうちの場合はWi-Fiがある場所まで移動していたので多少時間がかかりました(笑)

今回機種変更するにあたり、ネットでやり方などを検索しましたが、一部のデータのみ復元が失敗するケースも多々あるようです。自己責任とはいえ、失敗した時は痛いですね(苦笑)

以上が格安SIMカードはそのままで、iPhone本体を自分で機種変更した体験談です。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。