過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

子どもの顔に傷が!!傷跡のUV対策にエアウォールUVテープレビュー

昨日に引き続き、子どもの怪我の痛い体験談です。

子どもの顔に、跡が残るような傷をつけた時、女の子でも男の子でも親はいたたまれなくなります。

我が家の娘も額のど真ん中に、縫う程の傷を作った時は青ざめました。

本日は怪我をしてから、ほとんど目立たなくなるまでに使った、傷跡ケアのUVカットテープの感想を書きます。
体験談ですので、一例としてみていただけたら嬉しいです。

昨日の息子の怪我が絶えない事を書いた記事はこちら🔻

www.hobowarai.com

広告
 

娘が顔に怪我をした経緯

娘のアンズが小学校低学年のころ、下校後に用事があった為、学校の校門付近まで車で迎えに行きました。

集団下校でこちらに向かってくる子ども達・・・
一人の児童が転びました。

『あら、可哀そうに転んじゃって・・・』と思っていたら、『・・・え、うちの子???』

普段、送迎はしないのでなんたるタイミング!良かったんだか悪かったんだか(苦笑)

すぐに先生やお友達に囲まれ始め、私も本人のそばに寄ったら、これまたびっくり!

四つん這いでボタボタと顔から出血です。
地面には結構な量の血が落ちています(汗)

基本はビビりなので、それまで大きな怪我もなく生活してきましたが、ここにきて、あろうことか額のど真ん中を打ちました!!

血にビックリした娘からは、ひたすら「ひーーーーー」と、小さな声が聞こえます。

こんな中でも周りの子ども達が優しくて、持っていたポケットティッシュを出してくれました。
当の本人も私も手ぶら😱😱みんなありがとう!!!

私は、厚く重ねたティッシュの束で圧迫止血を始め、先生は顔のまわりや手についた血液を拭いてくれ、私はその場でお礼を伝えて、急いで病院に向かう事にしました。

汚した地面は、ありがたい事に先生が水を流してくれました。

自分のかかりつけの整形外科に電話をすると、受け入れてくれたので、そのまま病院へ。

頭を打っているのでレントゲンも撮りました。

整形外科の先生からは
「あー・・・パックリだね・・・レントゲンの方は大丈夫みたいだけど、この傷は縫った方がキレイに治るよ」

私も一緒に傷を見ると、納得のパックリ具合です。

いつも賑やかすぎる娘ですが、さすがに今回は無言です。
先生の「縫った方がいい」発言により、アンズの青ざめた顔がさらにひきつったのをよく覚えています(苦笑)

先生からは数日間は、嘔吐やひどい頭痛がないかよく観察する事と、1ヵ月くらいはふらついたり、しゃべり方がおかしくないか様子を見るように指示がありました。

治療内容

すぐさま隣の処置ベッドで横になり、局部麻酔から始まりました。

ここにきてさらに「ひぃーーーーーーん」というアンズのすすり泣く声が💦
アンズ「か・・・母さん、手をつないで・・・」

アンズの手を握ると、冷や汗でピチャッ・・・とても冷たい手です(苦笑)

3針縫う手術となりましたが、先生の隣でジッと観察していた私。
処置の内容は生々しいので書きませんが、外科の先生は本当にすごいな・・・と思いました。

真剣に傷を縫っているところを見ていたら、先生から

先生「お母さん大丈夫?気持ち悪くなったりしないでね。普通子どもが縫っているところをジッと見ている人いないよ。倒れないでね?」

私が心配されてどうする😅

私「すみません、なかなか見れるものじゃないので真剣に見てました」
と、正直に答えてしまいました。

そういえばアンズを出産した時も、出てきた胎盤を見たいと言って看護師さんに驚かれました(苦笑)

手術が終わり、アンズは抜け殻状態です。
魂がぬけた感じが、一瞬「だれ???」と思う程でした

げっそりした娘のイラスト

先生から次の受診の時期や、自宅での消毒の方法などを聞いて、1週間、消毒やガーゼを交換しながら過ごし、抜糸となりました。

ここからは小まめに、ヒルドイドソフト軟膏を傷跡に塗るように指示を受けました。

ヒルドイドソフト軟膏は、医薬品で、医師の処方がないと買えない薬です。
傷に血液を集める作用があるので、傷の治りを早める効果もあるとの事でした。

広告
 

傷跡の紫外線対策にエアウォールUVテープを知る

※この後に傷跡の写真を載せますので苦手な方はご注意ください

傷は、紫外線にあたると傷跡が残りやすく(色素沈着)なるという事を、はじめて知りました。

しっかりとした日焼け対策が必要になりますが、毎日おでこの真ん中に絆創膏を貼って登校するのも気にするかな・・・と思っていたところに、「エアウォールUVテープ」なる商品を発見!

紫外線カット率がなんと97%
そして透明で、薄い!!
金額も1000円程(サイズ25mm×3m)と、予想よりは高額ではなかったことも良い!

 

娘に使った方法
1、傷後(1.5cm)に爪の先ほどのヒルドイドソフト軟膏を塗る
(たくさん塗ると、テープが付きません)
2、25mm幅のエアウォールUVテープを2cm切り、傷の上から貼る
3、夕方、学校から帰宅したら剥がして、入浴後は軟膏を塗るのみで朝まで過ごす

この繰り返しで、怪我をしてから6カ月でだいぶ薄くなりました。

【追記 2018.11.2】
このUVテープは傷を治す効果ではなく、傷跡が紫外線をあびる事による色素沈着を和らげる物です。医薬品ではありません。傷を治すには、医薬品(我が家はヒルドイドソフト軟膏を処方されました)も併用した方が良いと思います。

娘の場合ですと、ヒルドイドソフト軟膏を塗っても、動いているうちにと軟膏がとれてしまうので、UV対策&軟膏がとれない為の蓋の役割で使用していた結果が次の写真です。
記述が紛らわしく、大変失礼いたしました。

 

写真はこちら🔻(苦手な方は見ないでくださいね)

転んだ傷の写真

縫った直後の写真はとても生々しくて載せられないので、抜糸の翌日の写真と、6カ月後です。

どうですか?
自分から言わないと怪我したとはわかりません!

エアウォールUVの使った感想 メリット&デメリット

メリット
・薄くて透明なので、近くで見ない限り、貼ってもわかりません。
・両面に剥離紙の切込みがあって、貼りやすくした工夫があります。
・夏の終わりにテープを張った場所だけ日焼けしていませんでした。UV効果があると実感しています。テープ以外の肌は、クリームタイプの日焼け止めを塗っていました。
・貼っている事による突っ張り感はないそうです(娘の発言)
・毎日、朝6時半から夕方5時ごろまで貼っていましたが、かぶれた様子はありませんでした。


デメリット
・貼るのに慣れるまでコツがいる
・一度失敗すると張り直しが大変
・夏場に大汗をかいた時は剥がれていました。

古い傷跡はどうなのか?

軟膏とエアウォールUVテープで思っていたより早く、傷跡が分からなくなりました。

古い傷も、常に軟膏を塗って、テープで蓋をしておくことで、きれいになるのかな?と思い、ただ今実行中です。

実は2歳の時に虫刺されをかきむしった事による傷がまだ残っているのです😭

写真はこちら🔻

かきむしってできた傷の写真

写真だとわかりずらいですね(汗)

この傷にも気長に軟膏とテープを貼って様子を見ています。
少し薄くなったような気がしますが・・・??

写真で認識できるくらいになったらまた追記しますね(汗)

最後に

これだけひどく打ち付けたので、てっきり誰かとぶつかったのかと思いきや、完全な自爆だそうです。
このころ、体重は20キロ、ランドセルは5キロ以上の重さでした。
ちょっとよろけただけでも勢いがついてしまったようです。

なんと額の傷以外に怪我がありません。
娘よ・・・次は手が出るといいね・・・

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

 

広告