エアウォールUVテープのレビュー 顔の傷の紫外線対策に使った感想

約2500文字:この記事は5分で読めます

エアウォールUVテープのレビュー 顔の傷の紫外線対策に使った感想

転んで顔をぶつけ、3針縫う怪我をした娘を持つ、卯野ハンナです。

まさに「ぱっくり」という表現があてはまるような傷をおでこの真ん中に作った時には、外見も脳の中も本当に心配しました。

毎日軟膏とエアウォールUVのケアを欠かさず続け、転んでから半年でほとんどわからないくらいまでに傷は目立たなくなりました。

この記事でお伝えする内容↓

  • 紫外線対策の極薄テープでできることは?
  • 実際にエアウォールUVを使ったケアの方法
  • 使って感じたメリットとデメリット

について書きます。

私は医療関係者ではありません。普通の一般人から見た感想ですので、体験談の一つとしてみていただけたら幸いです。

子供が顔に傷を作った経緯と、病院での縫合処置の内容、注意点は子供が顔に縫うほどの傷【体験談】傷跡が目立たなくなるまでの半年間に書いています。

紫外線を防止する極薄UVテープで、傷を直接治すものではない

紫外線を防ぐ効果が高い極薄UVテープであり、傷を直接治すものではありません。

紫外線は傷あとが黒ずむ原因と言われています。黒ずむということは傷が目立ちます。

エアウォールUVはあくまで紫外線が傷あとにあたり、色素沈着するのを防ぐ効果があるものです。

ですから我が家は傷を治すために軟膏を併用しました。

娘はおでこに3針縫う怪我をし、半年間でほとんど目立たなくなりましたが、軟膏とエアウォールUVテープを併用したからここまできれいになったのだと私は思っています。

実際の娘のおでこの傷の写真がこちらです。

傷など生々しいものが苦手な方は気を付けてください。

縫った直後は痛々しくてとてもカラーで乗せるのは申し訳なく思いましたのでグレースケールに加工しています。

3針縫った次の日の写真↓

子供の顔の傷

抜糸直後の写真↓

子供の顔の傷

軟膏とエアウォールUVテープでケアして6か月後の写真↓

子供の顔の傷

エアウォールUVを使ってやってみたケアの方法

傷を縫合してくれた外科のドクターからは、ヒルドイドソフト軟膏が処方されました。

一日に数回軟膏を塗るように指示をうけました。

ヒルドイドソフト軟膏は医師の処方が必要は医薬品です。主成分がヘパリン類似物質で、塗った部分の血行をよくする作用があります。

ピンク色のチューブで今回以外でも子供たちが肌のかさつきがひどい時に小児科や皮膚科で処方してもらったことがある薬でした。

はじめはただ言われたとおりに自宅にいる間に何度か塗っているだけだったのですが、おでこだと帽子をかぶったり、汗をかいたりするとすぐに軟膏がおちてしまいます。

紫外線にあたって色素沈着しないかとも心配になったときエアウォールUVを知りました。

実際に我が家が半年間行ったケア↓

  1. 傷後(1.5cm)に爪の先ほどのヒルドイドソフト軟膏を塗る(たくさん塗ると、テープが付きません)
  2. 25mm幅のエアウォールUVテープを2cm切り、傷の上から貼る
  3. 夕方、学校から帰宅したら剥がして、入浴後は軟膏を塗るのみで朝まで過ごす

この繰り返しで、怪我をしてから6カ月でだいぶ薄くなりました。

重要なことですのでもう一度書きますが、このテープに直接傷を治す効果はありません。

傷あとが紫外線をあびる事による色素沈着を和らげる物です。医薬品ではありません。

我が家の場合ですとエアウォールUVテープは、UV対策&軟膏がとれない為の蓋の役割で使用していた結果です。

エアウォールUVを使った感想

↓ 裏側には1cm間隔で線が入っているので、カットする目安がわかりやすいです

エアウォールUVテープ

肌に貼るのは白いはくり紙の方です。2回にわけて貼れるようになっているので1枚ずつ剥がして保護したい場所に貼ります。

テープの角を丸くカットするとめくり上がりにくくなると商品の説明書には書いてありますが、私はそのまま使っていました。

↓ 白いはくり紙から剥がす

エアウォールUVテープ

↓ 試しに自分の手の甲に貼ってみました

エアウォールUVテープ

↓ 透明なはくり紙の方にも真ん中から切り込みがあるので、半分ずつはがします

エアウォールUVテープ

離れて見ればそんなに目立ちません。ですが近くから見るとわかります(苦笑)

娘はおでこの傷だったのでお友達にテープの事をめずらしがられましたが、全く気にするタイプの子ではないので、毎日貼って登校していました。

↓ 手の甲に貼ってみた

エアウォールUVテープ

↓ しわを寄せるとなにか貼ってあることはすぐわかりますね

エアウォールUVテープ

自分の手のしわが恥ずかしい・・・子供の手をモデルにすればよかった(汗)

↓ エアウォールUVテープだけだとこんなに薄い!

エアウォールUVテープ

撮影用にテープだけ剥がしてみました。

とても薄いですね!

少し伸びるので、貼った時のツッパリ感はありませんが、範囲が広いとまた違う感想になるかもしれません。

テープだけ剥がしてしまうと肌にきれいに貼ることはできませんので、まねしないでください。

私も娘も剥がすときに痛みは感じませんが、貼る場所によっては皮膚が引っ張られて痛いかもしれません。

メリット

  • 薄くて透明なので、近くで見ない限り目立ちにくい。
  • 両面にはくり紙の切込みがあり、貼りやすくした工夫がある。
  • 夏の終わりにテープを張った場所だけ日焼けしていいなかったので、UV効果は実感。(テープ以外の肌は、クリームタイプの日焼け止めを塗っていました)
  • 貼っている事による突っ張り感は少ない
  • 毎日、朝6時半から夕方5時ごろまで貼っていましたが、かぶれることはなかった
  • 金額がリーズナブル

デメリット

  • 貼るのにコツがいる
  • 一度失敗すると張り直しが大変
  • 夏場に大汗をかいた時は剥がれてしまった
  • 貼る部位によっては剥がすときに痛いかもしれない

最後に

傷の大きさにもよりますが、半年間のケアで我が家の場合はエアウォールUV(25mm×3m)を1巻きでたりました。

お子さんだと自分で貼るのは難しいかもしれませんから、保護者の手間はかかりますが、本体は1000円以内で購入できるので、効果を考えたらとてもよい商品です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ふりがなつきで、勉強とニュースに強くなる
毎朝発行 朝日小学生新聞

\公式サイトで購読のお申し込み/

朝日小学生新聞