過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

ベビーハイチェアで床に傷が!傷防止に成功したフェルト付アジャスターの感想

我が家は子ども2人で姉弟です。
2人ともカトージのハイチェアを使っています。

このハイチェアは高さ調節のため(がたつきの調節のため)のジョイントが椅子の裏に4本ついていますが、プラスチック素材で、優しく使う分には傷がほとんど付きません。

カトージ ベビーハイチェアの高さ調節のアジャスターの写真

カトージ ベビーハイチェアの高さ調節のアジャスター

実際に、弟のハルミチはそんなに傷を作りません。

問題は姉のアンズです。
何回言っても勢いよく椅子を動かすので、アンズが座っていた場所だけ床がキズだらけ・・・・

椅子の下にマットを敷く事も考えましたけど、あちこち移動するので断念・・・

床も傷付きますけど、私も同じくらい傷付いてますよ、まったく(怒)

今日は、ベビーハイチェアで床の傷を防止できた商品をご紹介します。

カトージのベビーチェアは、初めからアジャスターではなくシールをつけるタイプと、アジャスターよりも大きい、スタビライザーというものがついているタイプもあります

広告
 

この商品に出会ったきっかけ

この記事を書こうと思ったきっかけは、sakuさんのこちらの記事🔻

www.sacoo1a.com

椅子の脚の裏に、100均で購入した滑りやすくするタイプのシールを貼るという記事です。
椅子の脚でできる傷を防止する物で、シールタイプがあるのは初めて知りましたし、サイズが合わなければシールをカットするという柔軟な考えは驚かされます。

私は頭が固いので、こういう気の利いた事できないんですよね(苦笑)

sakuさんと言えば、ご本人は「お掃除そんなに好きじゃないんですよ」とブログに書かれていますが、私からすると「え、そこ掃除するところだったんですね!」といった場所まで意欲的にテキパキとキレイにされていたり、saku家は何が起きても大丈夫!と思えるほどの防災対策をしっかりされている防災隊長です。

豊富なアイデアでお子さんとイベントを楽しんでいるほっこりした記事も大好きで、リンクをはらせていただきました!

sakuさんのクリスマス準備の記事はこちら🔻
www.sacoo1a.com

カトージのハイチェアのメリット&デメリット

 

 

2人とも離乳食をはじめたころから使用しています。

上の子が3歳ごろにテーブル&ひじ掛けの付いていないものを購入して、テーブル付きは下の子が使い始めました。

 

メリット
・高さの調節が13段階あり、子どもの成長にあわせて、座面と足置きの高さを調節することができるので、正しい姿勢を保持しやすい
(実際、この椅子だけで正しい姿勢をずっと保持する事は、我が家は難しかったですが、注意を促したり、別のアイテムを追加して姿勢保持に努めています)
・フロントガードやテーブルが外せる
・個人的な感想になりますが、組み立てが私1人でも簡単だった

 

デメリット
・使い方が荒いと高さ調節のアジャスターで床に傷つく
・背面よりも後ろ脚の方が出っ張ったデザインになっているせいか、私が椅子の後ろ脚に自分のつま先をよくぶつけて悲しい😭

 

0歳で使うのであればテーブル付きの方が何かと使いやすいですが、2歳くらいで自分で椅子に上がるようになると、ひじ掛けは邪魔なのでこの時期に買うならテーブル&ひじ掛けなしの方がおすすめです。

広告
 

ホームセンターでピッタリサイズのシールを発見

我が家の椅子で使っている、床の傷対策は椅子の脚に直接打ち付けるタイプのものと、キャップ型になっているものだけです。

ハイチェアを購入した時から、傷防止の対策をしたかったのですが、なんせアジャスターは直径17mm、高さも7mmほどなので、そんな傷防止のキャップはありません(涙)
だから、sakuさんの記事でシールというものを知った時には嬉しかったです。

いざシールを買いにお出かけ。

100均へ行く前にホームセンターに用事があったので、ここでも一応探してみました。

驚きです!!
ジャストサイズの17mmのシールがありましたーー✨

キズ対策 フェルトパッドの写真

このホームセンターでは8枚で税込み278円で販売しておりました。

お、これ1つでハイチェア2脚分ならいいかな♪

シールの隣で衝撃のフェルト付きアジャスターというものを発見

ここでジャストサイズのシールが見つかったので購入しようと思ったら、その近くにもっと衝撃的なものを発見!!

なんと、フェルト付きのアジャスターが売っているではありませんか!!!

大きさの目安にするために、家のハイチェアから1本アジャスターを外して持ってきていたので、並べて確認!!

あうよ、これきっとジャストサイズなんじゃないの!!!

あまりの興奮に2袋、アジャスター4本分買ってしまいました!

かろうじて冷静さをたもち、8本買わずに4本まで購入(苦笑)
同じネジの太さで外径が25mmもありましたが、椅子の脚から横幅がはみ出すので、今回は20mmにしました。

八幡ねじ フェルト付アジャスターの写真 M6

 

早速家でハイチェアにつけてみます。
ばっちりはまりましたーー✨✨

実際に使ってみたら、すいすいと音もなくよく動き、フェルトなので傷もつくはずもありません!!

感動です!

カトージ ベビーチェアにフェルト付アジャスターを取り付けた写真

八幡ねじ フェルト付アジャスターのメリット&デメリット

耐久性に関しては使い始めたばかりなので何とも言えませんが、現在の状態でメリットとデメリットを上げるとしたらこちらです。

 

メリット
・取付簡単
・ぴったりで見た目も良い(ここ見る人いませんけどね)
・取り付け後は椅子の出し入れもスムーズで静か

 

デメリット
・金額が高い
アジャスター2つでこのホームセンターには税込み498円で販売されていました。椅子2脚で約2000円です・・・嬉しすぎて買ってしまいましたが、シールなら278円ですみました・・・
100均のシールだったらもっと安いと思うと、使い心地はストレスフリーですがちょっと高い買い物でした。
・フェルト素材のためか、ごみがフェルトのまわりにたまりやすい


楽天で探すと、送料がかかりますが、2本で税込み432円が一番安いようです。
今回使用した、八幡ねじフェルト付アジャスターはこちら🔻

 

17mmジャストサイズのシールならこちら🔻

最後に

100均のシールにしようと思っていたのが、全部で2000円のアジャスターに変わり、大きな買い物になってしまいましたが、満足しております(苦笑)

何年もアンズに優しく椅子を扱うように指導してきましたが、解放です。
でもこれって結局アンズの雑な性格に負けました・・・
床が守られるから良しとします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

 

広告