女の子がドライヤーを使って自分で髪を乾かすのは何歳から?いつまで親が乾かす?お手軽アイデア紹介

この記事は約1600文字です。1分で500文字を読むとしたら3分くらいかかります。

女の子の髪を乾かす写真

まず初めに、私は時間に余裕があるなら女の子がのぞむだけドライヤーで乾かしてあげればいいと思います。

どんなに長くても、中学生や高校生になってまで乾かしてほしいという女の子はいません。

純粋に、お父さんに毎日丁寧に髪を乾かしてもらったら嬉しいですよ。好感度アップです。

娘はちょっとした工夫により、小学校2年生からドライヤーを使って自分で髪を乾かすようになりました。

本日は、娘がドライヤーを使うようになった経緯と、我が家で実践している超簡単&低コストのアイデアをご紹介します。

娘に早く自分で髪を乾かしてほしい

家事の担い手(たぶんお母さん)の方は、娘さんがお風呂あがりに1人で髪の毛を乾かしてくれたらどんなに楽だろうって思いませんか?

我が家の長女は「ドライヤーに紐をつける」という簡単な方法で、小学校2年生から自分で髪の毛を乾かせるようになりました。

その時の長女の髪の毛の長さは肩甲骨あたりまでのロングヘアです。

女の子でもショートカットなら2〜3分で乾きますが、肩より長ければそうはいきません。

夏場は親子そろって髪を乾かすだけで汗だくでした。

私としては日々「早くひとりで乾かせるようになって〜」と思っておりました。

我が家が長女にドライヤーを1人で使わせなかった理由の第1位は、ドライヤーがうちの水準でいう高価格の代物だったので、落とされたら笑えないからでした。

ドライヤー1つで髪の渇きが全く違うんですよ。髪の短い方にはわかりにくいかもしれません。

ちなみに我が家のドライヤーはパナソニックのもので、一番最新モデルはヘアードライヤー ナノケア EH-NA0Bですね。

パナソニックのヘアードライヤーは2台使いましたが、買い換えるたびに髪の毛がつるつるになって衝撃を受けます。

当時は奮発して最新モデルを購入していました。15000円くらいだったかな。

これを娘に落とされたらたまりません(汗)

来る日も来る日も乾かしておりました(涙)

ドライヤーを落とさない超簡単&低コストな工夫

とにかくドライヤーを落としたりぶつけたりしてほしくないのですよ。

そこで考えた簡単な工夫がこちら🔻

  1. ドライヤーの持ち手の先端に紐を通す小さい輪があります。
  2. ここに、丈夫な紐を通して、長女の手首をくぐらせてちょうどよい大きさで結びます。

ドライヤーの写真

これはドライヤーの命綱です。

ドライヤーを持つときは必ず紐をくぐらせてから柄を持たせます。

こんな簡単な事ですが、ここから数年後の今、落としたことはありません。

大概こんな話をすると「女の子だから扱いが丁寧なんでしょ!?」と言われますが、うちの長女は性別間違えちゃったのか、本当に破壊王です。

折れるまで曲げてみる・・・とか、切れるまで伸ばしてみるとか日常茶飯事です。

娘の特徴を書いた記事はこちら🔻

弟の方がまだましだと思うくらいいろいろ壊します。

好奇心旺盛なんですよね。いじってみないと気が済まないといったような・・・

今では最後に濡れているところがないかちょっと確認する程度です。お姉さんになってきたなー、うんうん。

ドライヤーのイラスト

最後に

お金はかかりますが、ドライヤーを固定できるスタンドも売っているので、そちらを使うのも手ですね。

ドライヤーに輪っかをつけるという、簡単な工夫ですが、ロングヘアの長女は小学校2年生から1人で乾かせるようになりました。

親が乾かしてあげるのは、親御さんが辛くなければ本人の希望があるまでやってあげてもいいと私は思います。

本日も読んでいただきありがとうございました。

朝小新聞公式サイトでは只今「秋から読もうキャンペーン」を実施中!
2019年11月25日までに申し込むと得点があります。
ぜひチェックしてくださいね!

ふりがなつきで、勉強とニュースに強くなる
毎朝発行 朝日小学生新聞

\公式サイトで購読のお申し込み/

朝日小学生新聞