クーピーや色鉛筆の名前つけに最適なはがれにくい100均シールを発見!

クーピーや色鉛筆の名前つけに最適なはがれにくい100均シールを発見!

小学校の低学年までは持ち物に名前を付けるのは親の作業・・・という家は多いはず!

名前を付けるのも大きいものなら手書きやシールなど簡単ですが、忙しいさなかに鉛筆、消しゴム、絵の具・・・目を細めるような小さいものにせっせと名前をつけるのは大変です。

小学校の入学準備を経験された保護者の方はわかるはず(苦笑)

なかでもクーピーは丸くてつるつるしているので、油性ペンでも書きづらく、シールは剥がれるという手ごわいアイテムの1つ

セットで購入するなら名入れサービス付きのものがおすすめです。レーザー彫刻なら消えることはありません。

「もう買っちゃったよ!」という場合は、今回ご紹介する100円ショップ「ザ・ダイソー」の極薄お名前シールははがれにくくてコスパが良いのでおすすめです。

あくまで剥がれにくいシールです。絶対はがれないシールではありませんよ!



名前つけってそんなに必要?

名前を付ける作業って面倒なので、1本、2本なくなってもいいや・・・って思う方もきっといる。私か!!!(汗)

でも名前つけ必要です・・・

子供達は同じような学用品を使うので、あっという間に落としてどこかに転がしてしまうのです。

お名前がなければ本人のもとには戻りません。子供にとってはクーピー1本無くなっただけで勉強に集中できないんですよね。

学校は教育の場ですから子供達が勉強に集中できるよう、これもサポートの一つとして共に頑張りましょう(涙)

大人にとってはおはじきが1つ無くなろうが、鉛筆が1本無くなろうが、しかたがないなーで済む事も、子供にとっては一大事な場合があります。

喪失感だけではなく「とったとられた」になったら大変です。

なんだかんだ名前があれば、なんとか本人のもとに返すことができます。

クーピー・色鉛筆、丸いものには名前を付けづらい セット買いなら名入れサービスが便利

お名前シールには、紙のシールもプラスチックのシールもありますが、厚めで丈夫に作られているものが多く、円柱のクーピーや色鉛筆などは密着できずに剥がれやすいです。

とくにクーピーは合成樹脂、ワックスなどの原料から作られています。

なめらかで描きやすい分、油性マーカーは書きづらく、プラスチックにも押せるインクを使ったとしてもスタンプでは押しにくく、その上子供の潤った手の油で消えやすい。

と、なんとも苦戦するのがクーピーペンシル。

今まではスタンプで押したり、紙のシールで名前を付けた後に、セロテープで一周巻き付けていました。一周させるのがポイントです。

小学校入学の準備の際は、おもいきって名入れしてしまうのも手だと感じます。

我が子2人分の入学準備の時に知っていたかったサービスです(涙)

12色、15色、18色、24色と探してみると無料で名入れサービスをお願いできる商品がありますね。



コスパ最高、100円ショップダイソーの優秀商品発見!

〇色セットで購入して名前を付けるときは、こちらも気合が入っているので効率よく作業もすすみますが、意外と面倒なのは後から買ったクーピーです。

クーピーは削らなくても描きやすく、発色がとてもきれいなので、小学校入学時に購入される場合が多いですよね。

低学年のお子さんは力の加減が難しいようで、折るんですよ(涙)

クーピーは1本100円以下です。値段の事を言うのは何ですが、数十円の品物でも子供達にはやっぱり大ごとのようです(汗)

本人が折る場合もあったし、お友達に貸して折られたこともあります。

とくに低学年では貸し借りは注意するように言い聞かせています。

こういった流れで後から購入した場合、簡単に名前をつけられたら楽だな・・・と思っていた時、ダイソーで見つけたシールがこちら

↓100円均一のお名前シール

クーピーや色鉛筆の名前つけに最適なはがれにくい100均シールを発見!

おはじきに押せるくらい小さいサイズのお名前スタンプであっという間に子供の名前のシール完成!!

 お名前シール
枚数156枚
大きさ5mm×18mm
シールの材料PET樹脂

極小サイズのお名前スタンプの記事はこちら🔻



クーピーに貼ってみた

実際にクーピーに貼ってみました。

貼る面にほこりが付いていないかよく確認して貼ります。

クーピーにシールを貼ったところ🔻

クーピーや色鉛筆の名前つけに最適なはがれにくい100均シールを発見!

このシール、ビックリするほど薄いです。

【追記】クーピーに貼ってみて5カ月経過

はじめはシールをクーピーに巻くように貼りました。

5ヵ月目で悲しいかな端の方が少し剥がれてきました。

5カ月経っても、変わらずにしっかり貼りついているシールもありました。

コスパがいいので新しいシールに貼りかえて使いますが、今度はシールを縦に貼ってみました。

ちがいが出るでしょうか?また追記します。

はがれてきても、上からセロテープで一周巻いてしまえば貼りかえることなく使えます。

お名前シールを縦に貼ってみる🔻

クーピーや色鉛筆の名前つけに最適なはがれにくい100均シールを発見!

【追記2】クーピーにシールを貼ること1年経過

シールは横に巻くように貼り付けた方が長持ちすることがわかりました(汗)

縦にシールを貼りかえたクーピーは端から剥がれました。

クーピーの表面をティッシュでふいてからシールを張り付けると剥がれにくいです。

↓ こちらがシールを貼ってから1年経過したクーピー

シールを貼ってから1年経過したクーピー

同じ高さに貼ってあるシールは1年経過しても張り付いたままです。

シールの貼った位置に違いがあるのは途中で貼りかえたシールです。(いい加減さがバレる💦)

写真で見ると、ピンク・水色・だいだい色以外は今も張りかえなしです。

最後に

今回は剥がれにくいコスパ最高の100円シールをご紹介しました。

クーピーに貼ると少し剥がれてきますが、鉛筆や絵の具のチューブに貼り付けたものは剥がれてきませんので、とても便利に使っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



墨汁の軽い汚れをセスキ炭酸ソーダとウタマロ石けんで落とす方法