過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

ベビーゲートを付けられない場所の代用ならこれ!我が家が人工芝をおすすめする理由

先日倉庫を整理していたら、緑の物体がばらばらと出てきました。
そう、これは100円ショップで購入した人工芝!!
あー、懐かしい。

実はこれ、我が家はベビーゲートの代用品として使っていたのです。
意外と1歳半ぐらいまではこれで防げました。

それ以降は「ここは入ってはいけない場所なんだよ」と、言い聞かせて無事に大きくなっていきました。

そして、息子(弟)が3歳近くまで、テレビの前に敷いていました。
え、テレビの前って!?
敷いておくと、そこには座らないので、ある程度テレビとの距離が調節できます。
さすがに今は離れてみる事ができるようになってますよ(汗)

 

100円ショップの人工芝の写真

広告
 

人工芝をベビーゲートの代用にするメリット

・安い
・取り外しが何よりも簡単
ジョイント式なので、いろんな形に変えられる
大人はまたぐのが楽

100円ショップの人工芝は30cm×30cmで1枚100円です。
10枚で300cmの長さが1000円です。安いですよ!

ベビーゲートは高いです。
70cm〜のSサイズでも3000円くらいからしますし、自立型や、天井に突っ張るタイプは2万円以上するものもあります。

人工芝をベビーゲートの代用にするデメリット

・完全に防げるわけではない
ほこりが溜まりやすい
人工芝の上で転ぶと痛い
お客様が来た時に大笑いされる

我が家の娘(姉)が1度だけ人工芝を越えました。完全に防げるわけではありません。
人工芝の下にほこりが溜まりやすかったです。
そして、人工芝の上で転ぶとちょっと痛い!だから子どもは越えないんでしょうね。

 

我が家に遊びに来るお客様が、
「危ないところに入れないためにゲートを作るのに、余計にトラップ作って何やってんのよ」と、大笑いされました。
まあ、たしかに。

 

我が家の効果的な使い方

まず、使うのは裏面です。
(ハイハイが始まったくらいの時ならば、表面の柔らかい方でも大丈夫です)

立ち入り禁止ゾーンの入り口をピッタリ塞ぐように裏返して床に置きます。
子どもは日々成長するので、越えそうになったら、幅を増やすか、2枚重ねにします。
2枚重ねはさらに痛いので、幅を増やす方が優しいですね。

広告
 

娘がハイハイ時期に人工芝トラップを超えたエピソード

娘のアンズが、この人工芝エリアを超えたのは1度だけです。

まだハイハイ時期だったので、遊び部屋の入り口に、人工芝を1.5メートルほど、横1列に敷いておりました。

いつものようにご機嫌に遊んでいるアンズ。
私が遊び部屋を掃除しようとアンズの隣で掃除機をかけた瞬間!

ビャー−−−っと大きな泣き声が!

私が振り返った瞬間にはすでにアンズはそこにおらず、遊び部屋の人工芝トラップをハイハイで越えて隣の部屋へ。
そのまま大泣きしておりました。

そう、越えさせた犯人は私です。
アンズは掃除機の大きな音にびっくりしたようで、声高らかに泣いておりました。
あなたの泣き声の方が凶器だよ(汗)

最後に

とっても手軽でお勧めな方法ですが、実行される場合は自己責任でよろしくお願いいたします。
人工芝を購入される際は同じ100円ショップでまとめ買いした方がいいです。
100円ショップでも、ダイソーとセリアではジョイントがあいませんでした。

倉庫の掃除は、こうやって懐かしい物が出てきてしまうので、なかなか進まないですね。
今日も読んでくださり、ありがとうございました。

 

関連記事

 

広告