ベビーゲートを付けられない場所の代用ならこれ!100均の人工芝が簡単で低コスト

ベビーゲートを付けられない場所の代用ならこれ!100均の人工芝が簡単で低コスト

ベビーゲートの代わりに人工芝を使い、無事に幼児期を過ごすことができた子供たち2人の母、卯野ハンナです。

ベビーゲートも1メートル程度の大きさなら、手ごろな価格のものもありますが、幅が広くなるほど高額です。

何か代わりになるものはないかと思って探したのが人工芝!

一番のデメリットは人工芝の上で転ぶと痛いことですね(苦笑)

一度人工芝の上で息子が転んだときは青ざめました。

それ以降は「ここは入ってはいけない場所なんだよ」と、言い聞かせて無事に大きくなり、大きなけがに繋がらなくてホッとしています。

そして、息子(弟)が3歳近くまで、テレビの前に敷いていました。

え、テレビの前って!?

敷いておくと、そこには座らないので、ある程度テレビとの距離が調節できます。さすがに今は離れてみる事ができるようになってますよ(汗)

本日はベビーゲートの代わりに人工芝を使うメリットとデメリットをお伝えします。



人工芝をベビーゲートの代用にするメリット

ベビーゲートを付けられない場所の代用ならこれ!100均の人工芝が簡単で低コスト

  • コストが安い
  • 取り外しが何よりも簡単
  • ジョイント式なので、いろんな形に変えられる
  • 大人はまたぐのが楽

100円ショップの人工芝は30cm×30cmで1枚100円です。

10枚で300cmの長さが1000円です。安いですよ!

ベビーゲートは高いです。

70cm〜のSサイズでも3000円くらいからしますし、自立型や、天井に突っ張るタイプは2万円以上するものもあります。



人工芝をベビーゲートの代用にするデメリット

  • 完全に防げるわけではない
  • ほこりが溜まりやすい
  • 人工芝の上で転ぶと痛い
  • お客様が来た時に大笑いされる

我が家の娘(姉)が1度だけ人工芝を越えました。完全に防げるわけではありません。

階段へ行くのを防止する目的では絶対に使わないでくださいね。

人工芝の下にほこりが溜まりやすかったです。

そして、人工芝の上で転ぶとちょっと痛い!だから子どもは越えないんでしょうね。

我が家に遊びに来るお客様が、「危ないところに入れないためにゲートを作るのに、余計にトラップ作って何やってんのよ」と、大笑いされました。まあ、たしかに。



我が家の効果的な使い方

使うのは裏面です。

ハイハイが始まったくらいの時ならば、表面の柔らかい方でも大丈夫です。

立ち入り禁止ゾーンの入り口をピッタリ塞ぐように裏返して床に置きます。

子どもは日々成長するので、越えそうになったら、幅を増やすか、2枚重ねにします。2枚重ねはさらに痛いので、幅を増やす方が優しいですね。

人工芝を購入される際は、同じ100円ショップでまとめ買いした方がいいです。

100円ショップでも、ダイソーとセリアではジョイントがあいませんでした。

娘がハイハイ時期に人工芝トラップを超えたエピソード

娘のアンズが、この人工芝エリアを超えたのは1度だけです。

まだハイハイ時期だったので、遊び部屋の入り口に、人工芝を1.5メートルほど、横1列に敷いておりました。

いつものようにご機嫌に遊んでいる娘。

私が遊び部屋を掃除しようと娘の隣で掃除機をかけた瞬間!

ビャー−−−っと大きな泣き声が!

私が振り返った瞬間にはすでに娘はそこにおらず、遊び部屋の人工芝トラップをハイハイで越えて隣の部屋へ。

そのまま大泣きしておりました。

そう、越えさせた犯人は私です。娘は掃除機の大きな音にびっくりしたようで、声高らかに泣いておりました。

あなたの泣き声の方が凶器だよ(汗)

モヤモヤしている子犬の写真

最後に

とっても手軽でおすすめな方法ですが、実行される場合は自己責任でお願いいたします。

人工芝が売っているのを見ると、子供たちが小さかった頃を思い出します(笑)

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

洗濯ばさみの遊び方は無限大!子育てでも大活躍 アート?おもちゃ?いろんな使い方