過ぎし子育ての日々はほぼ笑い話

空を見るのが好きな、アラフォーシングルマザーの子育て雑記ブログです。

みまもりロボットGPS BoT 使用開始から5ヵ月経過 充電が切れたらどうなるの?

我が家がGPS BoTをつかい始めて5ヵ月以上が経ちました。
使い慣れて、とても役にたっています。
一番は下校の際のすれ違いが無くなった為、時間のロスが減りました。
日々時間に追われている私には、これがとても重要な事で、助かっています。

本日は5ヵ月以上使った上での感想と、充電切れになった時のGPS BoTの状態を書きます。

広告
 

GPS BoTの充電頻度

6月23日から使い始め、ずっと充電した日付を記録しており、充電頻度は変わらずの5日に1回程度です。
すべてGPS BoTから「BoTを充電してください」という通知が来てから充電しています。

BoTの充電を指示する通知の画像

本体は無音なので、子どもから「充電して」と出してくれることはありません(苦笑)

 

BoTには充電モードが3パターンあります。
・頻度優先(最短1~2分間隔で見守り)
・バッテリー優先(最短3分間隔で見守り)
機内モード(電波オフ)

通知は私が使っているiPhoneに設定して、ほとんど自宅で受けて取っています。

バッテリー優先モードを試した時期もありますが、我が家は窓を閉め切ると電波が受信しにくい家の為か、通知が遅れたり、飛んだりして、思った通りに動かないので、ずっと頻度優先モードを使い続けていますが、5日に1回ほどの充電ですんでいます。

※電波を受信しにくい事に関しては、我が家の住宅メーカーに問い合わせをしたら、外断熱で気密性が高い為、閉め切ってしまうと電波は入りずらい可能性がありますとの事でした。
Wi-Fi環境を入れていないのも通知を受信しにくい事と関係していと思います。

Botの充電がきれたらどうなるか?

日付を決めて充電すれば、充電切れを起こすことはありませんが、どのくらいの充電頻度かずっと実験しているので、BoTから通知がくるまで充電しませんでした。

家にいる時にこの通知がきてくれると助かるのですが、ほとんどはBoTが外出(子どもが学校に行っている間)ばかりです(苦笑)

通知が来た日の夜に充電できればいいのですが、普段はランドセルのファスナー付きポケットに入れっぱなしのため、忘れます・・・

翌日の朝に気づいて30分ほど充電した時は、なんとかその日はもちました。

充電指示の通知がきた日の夜に忘れて、そのまま次の日に登校させてしまった時は、登校時はもちましたが、下校の時は充電が切れて動かなくなりました。

アプリは小学校のままで、本人は自宅に到着・・・といった状態です。

3回くらいやりましたが、どれも同じでした。

GPS BoTの充電方法の写真

GPS BoTの充電方法(パッケージ裏の説明書きの一部)

充電切れからの充電でアプリの表示はどうなるか?

完全に充電切れを起こしてから充電し、BoT本体の赤ランプが緑ランプに変わった後も、アプリ上では小学校のままです。

次にBoTが移動されるまで、アプリの地図画面は変わりませんでした。

GPSを受信しやすいように、iPhoneを外に出したり、iPhone本体の電源を落としてみたりしましたが、次に使いだすまでは変化はありませんでした。

広告
 

GPS BoTが生活防水だと知らなかった!!

TwitterでBsizeさんをフォローしているので、たまたま気づいたこちらのツイート

 

たまに到着地点がずれる(自宅や、小学校の手前でとまってしまう)こと以外は特にデメリットを感じていないのですが、ここにきて生活防水だとしってビックリしました。

 

生活防水とは

せいかつ‐ぼうすい【生活防水】

腕時計や電気機器などが、小雨や水はねなど、日常生活で想定される程度の簡易な防水性能をもつ設計であること。おおむねJIS防水保護等級IPX4級相当を指す。日常生活防水。→完全防水
 
コトバンクより引用しました

 

普段はランドセルに入れているので水にぬれる事はありませんが、休日はポケットに入れて外出する事もあるので、何かの拍子に落としたり、万が一洗濯してしまう事を想像すると希望が持てますね。

洗濯してしまったらさすがに難しいかな(汗)

最後に

5ヵ月使ってきましたが、シンプルなのでいろんな使い方ができますね。
子どもの見守り以外にも、介護にも役立ちそうです。

母が認知症になって散歩するようになったら持たせたいと思いました。

今の在宅の仕事をする前は、介護の仕事が長かったのですが、勝手に上着のポケットに入れておくと「なんだこれ??」って捨てられてしまうかも(苦笑)

子育てもハプニングの連続ですが、介護の現場も予期せぬハプニングがたくさんありました。
でも子育てと違って子どもを自立の道へ導くという責任感のようなものはないので、介護の職場は楽しかったです。
利用者さんの生活に寄り添うのが仕事ですね。

介護以外に車の盗難にも使えそうです。
ペットの迷子対策には少しBoT本体が大きく感じます。

どうか悪い事に使われない事を心から祈ります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

みまもりロボットGPS BoTの関連記事 

過去に書いたみまもりロボットGPS BoTの記事です。
私が感じたメリット&デメリットなどをまとめています。

関連記事

 

広告