みまもりロボットGPS BoT使用レビュー 3年以上利用した感想

みまもりロボットGPS BoT使用レビュー 3年以上利用した感想

GPS BoTを利用して4年目の卯野ハンナです。

以前GPS BoT第一世代を2台を使い、現在はGPS BoT第二世代を1台使っています。

3年以上毎日しっかり使って、デメリットに感じる部分もありますが、あらためて「購入してよかった」と感じています。

本日はこの3年間の使用レビューのまとめ記事です。

この記事でお伝えする内容↓

  • GPS BoTの主な特徴
  • 実際に使って感じたメリットとデメリット、おすすめできるポイント
  • GPS BoTはどこで買うのがお得か?
  • 今後も使い続ける理由

について書きます。



GPS BoTでできる子供のみまもり

GPS BoTでできる主な特徴はこちら↓

  • アプリで簡単に現在位置を確認できる
  • 予めスポットを設定しておくとスポットに出入りする際にアプリに通知
  • 設定によりバッテリー残量が20%を下回るとアプリに通知
  • 学習機能があり、よく行く場所や行動範囲の情報収集し、登録することができる
  • 1つのGPS BoT本体を複数の保護者で追加料金なしで位置情報を確認できる
  • 動きがない時はスリープモードに入り、バッテリーを節約


GPS BoTでできないこと

  • メールや通話、呼び出しボタン、バイブレーター機能など子供との対話
  • 電波の悪いところではうまく位置情報を予測できないことがある
  • リセットや更新のボタンがないので、充電切れやスポットの手前で停止した場合は、次に動かすまで位置情報が更新されない
  • 位置情報をリアルタイムにカーナビのように表示することはできない

子供と連絡を取ることができない分シンプルで子供の気にならないデザインであったり、リアルタイムで表示されるわけではないけど維持費が安く抑えられていたりと、『できなこと』と言っても全部がデメリットではありません。

緊急ボタン付き子供用GPSなら「いまここ」

通知ボタンのついた子供用のGPSをお探しでしたら、現在利用している「goo of things いまここ」をおすすめします。

↓実際に使った感想はこちら

GPS BoTのデメリット

GPS BoTのメリット・デメリット

本体は2年くらいで買い替えが必要

現在GPS BoTの第二世代を使っていますが、いままでに第一世代を2台使っていました。

どちらも1年くらい使うと徐々に充電頻度が増えて、2年過ぎると2日か3日に1回の充電頻度となっていました。

Bsizeのサイトでも寿命は2年程度と書かれています。

2日に1回の充電でも通知はしっかり来るのでよいですが、万が一連れ去られた時にバッテリー切れで通知がこないと思うと怖いですよね。

GPS BoTの第二世代はバッテリーが大幅に改善されて、2週間以上充電しなくてもバッテリーがもつので、改めて買い替えてよかったと思っています。

充電に時間がかかる(1回の充電が2~3時間)

第一世代・第二世代ともに1回の充電が2時間~3時間かかります。

充電については【GPS BoT】充電切れたらどうなるの?バッテリー残量は重要ですに充電頻度などもあわせて書いています。

現在地がずれる

使い始めたころよりは精度は上がっていると思いますが、まだ時折現在地がずれます。

特に車で移動したときなど、早いスピードで動いた後に建物に入ってGPS BoTが停止した時はずれやすいです。
徒歩での移動が一番正確ですね。

GPS BoTの精度や、実際にあった通信障害・アプリの不具合は【GPS BoT】精度はどのくらい?障害や不具合はないの?で詳しく書いています。

私の感覚的な意見ですが、GPS BoTをケースなどに入れると反応も違うように思います。

以前は小さいポーチに入れて、ランドセルのジッパーがついているポケットに入れていました。

冬場は厚手のコートのポケットに入れる事もありました。

ポーチやコートがクッションになってしまい、かえって揺れを感知しにくいのかもしれません。

現在は本体が真っ白で汚れやすそうなので、チャック付きのクリアパックにいれて、ランドセルのポケットに入れています。

公式で販売されている、GPS BoTのレザーケースやシリコンケースはキーホルダーのように使う事ができます。

ランドセルの外側に下げる方が、よく揺れを感知してくれますよね。

外側にキーホルダーのようにつけれるGPS BoTのケースを【GPS BoT】ケースは必要?専用ケースや代替えケースをご紹介にまとめています。



GPS BoTのメリットとおすすめできるポイント

いろいろデメリットをあげましたが、それでもメリットとデメリットを天秤にかけるとメリットの方が大きいです。

維持費が安い!低額な月額利用料

維持費が安いのは最大のメリットです。

月額で税込み528円は本当に嬉しい。

私はNTTのクレジットカードを作り、このカードから利用料を引き落とすことで毎月ワンオーナーにつき100円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを利用しているので、月額428円です。

不定期にキャンペーンがあるので、必要性を感じてきたら公式サイトをチェックするとよいですね。

Bsize

導入や解約が簡単で、契約に縛りがない手軽さ

本体を購入して充電し、GPS BoTアプリに本体のIDとクレジットカードを登録するだけの簡単な作業で使えるようになります。

契約の解約もBsizeのお問い合わせから連絡を入れれば解約できます。

さらに『最低〇年契約』といった縛りや、解約や変更の期間があらかじめ決まっているようなこともなく、必要がなくなったらいつでも解約できる手軽さがいいです。

第一世代も第二世代も同じアプリを利用できるので、変更も簡単でした。

無音でシンプル、子供の気にならないデザイン

まちがって音が出てしまっては大変です。はじめから音が出ない商品だからよいのです。

キッズケータイのような外見だと、子供が学校で出してしまうかもしれません。

ボタン1つでもついていると必ず押してしまいます。シンプルイズベスト!

重さは46g、充電するためのポートと充電ランプしかありません。

GPS BoTの写真

とにかくただランドセルに無音で存在し、定期的に位置情報を受診し、指定の場所を出入りすると登録しているスマホのアプリにプッシュ通知が流れるというシンプルなものです。

月額利用料の中で何度でも場所を確認する事ができる

GPSの中には検索に毎回お金がかかる端末もありますからここは大変お得です!

追加料金なしで複数のスマホで確認する事ができる

追加料金なしで複数台のスマホを登録できます。(父親のスマホも母親のスマホも追加料金なしで位置情報をプッシュ通知してくれるという事です)



最後に 「今後も使いたいか」と聞かれたら?

すでに子どもがGPS BoTを家に忘れていくと不安になります。ですから「今後も使いたいか?」と聞かれたら、「使います」と即答します。

現在「GPS BoT第二世代」と、「goo of things いまここ」の2台を利用しています。

下校時に一人になってしまう息子に緊急ボタンの必要性を感じたためGPS BoTではなく、「goo of things いまここ」を購入しました。

緊急ボタンの必要性を感じなければ、息子にもGPS BoTを再び選んでいました。

GPS BoTの記事を投稿するようになって何度も書きましたが、GPS BoTだけで子供たちの登下校の安全を保障する事はできません。

自然災害では居場所を探すことができるかもしれませんが、通信障害がおこる可能性もあります。

交通事故はGPS BoTでは防げません。

GPS BoTは大変便利ですが補助的なものであり、自然災害時の連絡方法や集合場所を話し合ったり、交通ルールを見直したり、不審者に遭遇してしまった時の対応などを、子供たちに伝えていく必要があると強く感じます。

以上がGPS BoTを3年以上利用した感想のまとめです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

GPS BoT記事番外編

GPS BoTについての記事を書いているうちに、企業様でGPSが子供の居場所を把握する事が時間の節約に大活躍している事をライターとして書かせていただきました!

みんなの資金計画・生活設計の情報発信サイト『を知る通信』様での寄稿記事はこちら🔻
子ども用GPSですれ違いを防止!予想以上の効果で無駄な時間を節約 – を知る通信

GPS BoTの商品紹介の記事ではありませんので、商品名は書いていません。

※を知る通信様からはGPS BoTについて書くといった依頼ではありません。私がGPSで時間が有効活用でき、節約につながっている事をお話したため、この記事を書くことができました。


子供にGPSを持たせる事の意味を説明していますか?

子供の居場所がわかり保護者としては安心です。でも高学年になってくると、それをわずらわしく感じるお子さんもいるかもしれません。

GPSの役割を子供に話すか話さないかの判断はご家庭で自由です。

GPS BoTは使い始めるととても便利です。しかし防犯のためにGPS BoTを使うという事を忘れていけませんよね。

子供は大人が考えている以上に日々成長し、自分の考えがあります。子供でいてほしいのは大人側なのかもしれません。

私は子供たちにGPSの意味を伝えています。

伝えた理由を書いた記事はこちら🔻
子どもにGPSを持たせる?持ってもらう?GPSをどう伝える??