学習タイマーを比較 家庭学習に超おすすめアイテム 宿題を早く終わらせる方法

この記事は約6000文字です。1分で500文字を読むとしたら12分くらいかかります。

ドリテック学習タイマー タイムアップ

小学生も学年が上がるにつれて家庭学習の時間が増えます。

推奨されている目安は学年×10分です。

小学6年生ならば理想的な家庭学習は1日60分という事です。大人でも60分集中するのは大変です。

小学生ならなおの事、おうちで集中して宿題を早く終わらせ、トータルで数十分というのは辛い子の方が多いのではないでしょうか?

・・・我が家ももちろんあてはまります(涙)

そこで登場したのが学習タイマーで時間を区切ります。

これが効果てきめんで、現在我が家の子供たちは1人1つずつ使っています。

本日は家庭学習に学習用タイマーをおすすめする理由と、現在使っている学習用タイマーの比較を書きます

学習タイマーが家庭学習の必須アイテムである理由

我が家の長子である娘が低学年の頃に学習タイマーを取り入れるようになりました。

あまりにもマイペースすぎる娘に多少なりとも時間を意識した生活をしてもらいたいと思ったからです。

大嫌いな漢字練習も「あと10分だけ頑張ろう!」という具合に使っていました。

これがとても家庭学習に有効だと感じたのは、小学校教師の杉渕鐵良さんの「小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習」という本を読んでからです。

この本で「小学校の勉強を全部マスターして進級する方が少数派」という事をはじめて知りました。

そして「学校で学び、家で反復」する事の重要性も私の心に響きました。

著者の杉渕先生は子供を飽きさせないために、数分単位で授業内容を変えていく授業法(ユニット学習)をお勧めしています。

本で学習タイマーをおすすめしているわけではありませんが、私もユニット学習の真似をして10分ぐらいずつに区切って家庭学習を進めてみると、娘の取り組む姿勢が随分変わりました。

もともと飽き性・・・よく言えば好奇心旺盛でまわりのいろんな物に興味が移りやすいので、集中力が低い我が子です(涙)

それでも学校の授業は大好きで、授業参観で見る限りは積極的に授業に参加しているように見えます(苦笑)

担任の先生の事も大好きなので、いろいろ教えてもらえる事と、友達と一緒に勉強できることが嬉しいのだと思います。

あたり前の事ですが、家庭学習では先生がいるわけでもお友達がいるわけでもなく、1人で進めていきますよね。

単純な繰り返しが大嫌いなので、漢字練習が最悪です。すぐに飽きて泣き言が始まります。

学習タイマーを使ってわかりやすく時間を区切って進めていくと、あら不思議!

週末の1日分🔻

  • 足し算&引き算(ギザギ算) 10分
  • かけ算 10分
  • わり算 10分
  • 漢字プリント 10分
  • 英語(発音) 10分
  • 英語(単語書き取り練習)15分
  • 天声こども語(小学生新聞)の単語調べや感想を書く 15分

※土日は1日2時間くらいで予定を組んでいます。

間に休憩を入れますが、私がギャーギャー言わなくても、一緒にリストを考えて、好きな順番から学習タイマーを使って取り組めるようになってきました。

もちろん子供ですから、その日の気分でムラはありますが、休憩も学習タイマーで10分に設定して時間を守って次の学習に取りかかった時は涙が出ました。

アラームやランプで教えてくれるので、メリハリがつくようです。

飽きて泣き出す子供をなだめる事や励ます事がとても減り、私のイライラも軽減しました。娘もいろんな種類の勉強をすると達成感があるようで喜んでいます。

やったー!私も楽ちん!!!

私にとっては「親の手間を極力減らして、効果的な家庭学習をする事」はとても重要な課題です。

このように学習タイマーを使っての自主学習はとても有効だと強く感じています。

↓ あわせて読みたい関連記事

学習タイマーはキッチンタイマーで代用できないの?

学習タイマーに求めるもの

  • 子供が簡単に時間設定をすることができる
  • 文字が見やすい
  • タイムトライアルだけじゃなく、カウントアップ(ストップウォッチのように時間をはかる)もできる
  • アラームだけじゃなく、ランプでも時間を教えてくれる
  • アラームをストップする時、上からボタンが押せる

以上を満たしていればキッチンタイマーでも問題なく活用できます。

5つ目の上からボタンが押せるというのは、低学年のお子さんは特に上から押せる方が楽にアラームを止めやすいです。

学習タイマーおすすめ3選

セイコークロック

自宅だけで使うのであれば一番のおすすめはセイコーの学習タイマー セイコースタディタイムです。

おもな機能

  • 目ざまし機能
  • ストップウオッチ機能(最大計測99分59秒)
  • カウントダウンタイマー機能(最大設定99分50秒)
  • アラームかランプでお知らせ

人気時計ブランドSEIKO(セイコー)の学習タイマーで、徹底反復百ます計算の著者、隂山先生監修のもとに設計されています。

失敗したくないならまずこの時計です。

10分、1分、10秒のボタンも時間を設定するのにとても便利!!

本当は我が家もこの時計が欲しかった(苦笑)

理由としては、やはりセイコーは時計メーカーの老舗だけあって壊れにくいです。スタディタイムは使っていませんが、我が家にあるセイコーの時計は長持ちしています。

学習タイマーを使い始めたらわかりますが、かなりヘビーに使う事になります。

簡単に壊れたらショックです。

アナログ時計もついているので、小学校の入学祝にもおすすめです。いただいた方は親も含めて「勉強してねってこと?」と受け取りますが(笑)

アナログ時計なしも、キッチンタイマーとして販売されています。

ドリテック学習タイマー タイムアップ

我が家が低学年の娘のために購入した1つ目の学習タイマーです。

セイコーの学習タイマーはとても魅力的でしたが、ちょっと予算がオーバーで、別の物を探している時に見つけました。

薄くて、小さいので、自宅以外へ持ち出して使うのにもとても便利です。

おもな機能

  • 時計機能
  • ストップウオッチ機能(最大計測99分59秒)
  • カウントダウンタイマー機能(最大設定99分50秒)
  • アラームかランプでお知らせ

ドリテック学習タイマー タイムアップ2

はじめに購入したドリテックの学習タイマーですが、だんだん姉弟で奪い合いになりました(汗)

子供ってボタン好きですよね。ファミレスのスタッフさんを呼ぶためのボタンも取り合いになるような我が家なので、アラームが鳴るとどちらが止めるかでもめます(怒)

学習タイマーはとても便利なので、家庭学習以外でも使うようになるんですよ。

そのため小学校低学年の弟のために、もう1つ購入しました。同じものにしようか迷いましたが、デザインが違う方が愛着もわくかな・・・と思いまして、あとから販売された方を選びました。

一回り大きくなりましたが、ボタンが四角く平らになって押しやすいです。デイカウントの機能が追加されています。

ドリテックの学習タイマーはどちらもリーズナブルです。

1つ目に娘へ購入したものはすでに3年以上ヘビーに使っています。まだまだ使えるのですが、一部液晶が見えづらくなったところがあります(苦笑)

どちらも金額が1000円前後ですので、お値段以上に便利だと感じます!

追記:タイムアップ2 カラーバリエーションが増えました!

【追記:2019.11.21】

楽天市場とヤフーショッピングでカラーのタイムアップ2を見つけました!

か・・・かわいい✨

カラーの種類↓

  • パープル
  • ピンク
  • グリーン
  • ブラック
  • ピンク×ブルー

ドリテックの学習タイマー2つを比較 デメリット

今度は我が家が購入した2つの学習タイマーを比較します。

2つとも共通している機能🔻

  • 大きなスタート&ストップボタン
  • ストップウォチ(カウントアップ)機能
  • もとの時間に戻るリピート機能
  • ひも通し穴付き
  • 音かランプでお知らせ
  • アラーム鳴動時間「15秒、1秒、無 」を選べる
  • 誤動作防止のキーロック機能付き
  • 時計機能付き

四角いボタンのタイムアップ2にある機能🔻

  • デイカウント機能

ドリテック学習タイマー タイムアップ

2つの比較を表にすると🔻

比較内容ボタンが丸
タイムアップ
ボタンが四角
タイムアップ2
価格
文字の見やすさ(吊るし)
文字の見やすさ(置き型)
操作性
ランプの鮮明さ
ボタンの押しやすさ
携帯の便利性

価格が安いのは?

2つとも1,000円前後で販売されているのでリーズナブルな価格だと言えます。
四角ボタンのタイムアップ2の方が少し高いです。

文字の見やすさは?

丸ボタンのタイムアップの方が全体的に小さいので、液晶のサイズも小さいです。ですが、液晶部分は傾斜がついています。

ドリテック学習タイマー タイムアップ

テーブルに置いて使う場合、丸ボタンのタイムアップの方が遠くに置いても文字が見やすいのに対し、四角ボタンのタイムアップ2は近い場所に置かないと文字が見にくいです。

ドリテック学習タイマー タイムアップ

しかし吊るした状態で使うのであれば、逆に四角ボタンのタイムアップ2の方が見やすいです。

2つとも紐を通せるようになっていますが、吊るして使うのには自分の目の高さか、目の高さより上に吊るさないと文字が見にくいので、吊るして使うというよりは、保管するために吊るして置くという使い方の方がよいと感じます。

ドリテック学習タイマー タイムアップ

ボタンの操作性は?

丸ボタンか、四角ボタンだとすると、四角ボタンの方が押しやすいです。

素材も関係しています。丸ボタンのタイムアップ1の方が上部のボタンがつるっとして、さらに膨らんでいるので、四角ボタンと比較すると押しづらいです。

上部のスタート&ストップボタン以外も、丸ボタンのタイムアップ1は細長く小さいボタンなのに対し、四角ボタンのタイムアップ2はくぼみの中に丸ボタンがあり、押しやすい工夫がされています。

子供が使うので、平仮名か漢字で表記してほしかったですが、これも慣れで息子はあっという間に簡単な使い方はマスターしました。

ランプがはっきり見えるか?

赤いLDEランプが点灯します。
わかりやすいのは上部のスタート&ストップボタンが点灯する、丸ボタンのタイムアップです。

四角いタイムアップ2は液晶画面右上のランプが点灯します。

ドリテック学習タイマー タイムアップ

持ち運びに便利なのは?

丸ボタンのタイムアップ1の方が小さいく外出時は便利です。

しかし重さは51gと四角ボタンのタイムアップ2も63gで両方とも小型です。

誤動作防止のキーロック機能もあるので、バッグに入れて持ち運んでも誤ってアラームが鳴る事はありません。

家庭学習をするなら学習タイマーは1人1つ渡した方が絶対いいです!それを考えるとドリテックの学習タイマーはリーズナブルで購入しやすいですね。

ドリテックの学習タイマー2つに共通してデメリットに思うところ

10分ボタンがほしい!!

これだけですね、私が感じるのは(苦笑)

数分の設定はとても簡単ですが、例えば30分後にアラームが鳴るようにセットするには、分のボタンを30回押すか、長押しして30分のところで止めないといけません。

行きすぎを戻すボタンがないので、31分になってしまったらリセットからやり直しになります。

子育てにタイマーを使う事のすすめ

本日は学習タイマーについて書いてきましたが、子育てにも使えます。これは子供たちのためというよりは、保護者向けです。

特にせっかちな方におすすめします。

あたり前の事ですが、子供の時間の流れと、大人の時間の流れは違いますよね。しかし忘れがちではありませんか?

私はついついこのくらいの時間があったら、パジャマに着替えて布団を敷くところまでできるな・・・と思っても子供たちはずーーーっとのんびりしています・・・

私はその後の予定もつまっているので、子供たちを急がせてしまう・・・

どこの家でもある風景ですが、ここにタイマーを入れて時間を設定してあげると、自分がいかに気の短い人間である事がわかりました(苦笑)

パジャマに着替えて布団を敷き終わるまでを子供たちと相談して8分に設定したとしましょう。

私もいろいろと家事をこなしているので、子供たちののんびり具合がまた目につきます(汗)

こんな時タイマーを確認すると、まだ5分しか経過していません。私は本来の時間よりも常に時間の経過を早く感じているとわかります。

注意したいのをこらえて、他の家事をしながらタイマーが鳴るのを待ちます。

意外と時間設定を子供たちに決めさせた分、子供も時間内で終わらせようとするので、8分以内にパジャマに着替えて布団も敷けました!!

私「目標の8分で終わったね、がんばったね!!」

と、子供たちを褒めてあげることができます。

私は実際の時間よりも早い段階で8分の経過を感じていたので、タイマーの経過時間を確認していなかったら実際は5分だった時に「早く布団敷いてーー!」と注意していたでしょう(苦笑)

残り時間を音声で教えてくれる、音声タイマーアプリもおすすめです。

学習の時間は学習タイマーを使いますが、生活の中では音声タイマーを使う事が多いです。

最後に

学年が上がるにつれて、家庭での学習がとても重要になります。
親子でストレスなく取り組みたいですね。

私は勉強が得意ではなかったので、子供たちに勉強は教えてあげられませんが、大人になった今、勉強は楽しいという事はわかります。
知らなかったことを学び、生活の中で応用できたら、とても嬉しい事です。

子供たちに「勉強できることは幸せで、学ぶは楽しい」という事は伝えていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

朝小新聞公式サイトでは只今「秋から読もうキャンペーン」を実施中!
2019年11月25日までに申し込むと特典があります。

ふりがなつきで、勉強とニュースに強くなる
毎朝発行 朝日小学生新聞

\公式サイトで購読のお申し込み/

朝日小学生新聞